【メガ発】太陽光発電総合メンテナンス om’s(オムズ)セミナー【2017年3月25日開催】-土地付き分譲太陽光発電 – メガ発

TOPイメージ

■こんな方におススメ!

  • 遠隔監視を安くつけたい
  • 2017年4月からはじまる改正FIT法に備えたい
  • 将来、所有している発電所の売却を考えている
  • 資産価値を下げたくない
  • トラブル時の窓口を一本化したい

■参加対象者

低圧の野立て発電所をお持ちですでに売電を始めている方または売電開始日が確定している方

10:00~11:30、13:30~15:00(先着16名様限定)

■セミナー開催経緯

2017年4月1日に改正FIT法が施行されます。施行後は『事業計画の策定』『発電所のメンテナンス』『標識の設置』が義務づけられる事が想定されます。対象者は【既に発電所を持っている方、またはこれから発電所を持つ方】です。2017年9月末までに手続きを行わない事業者については認定取り消しで売電できなくなる恐れも。。。改正FIT法で大失敗する前に、メガ発ではまだ準備ができていない方に、実際に起きた発電所のトラブル事例や、業界最安値のメンテナンスパック商品をご紹介します。

セミナーのお申込みはお電話でも受け付けております。

受付(土日祝対応)9:00~20:00 03-5422-7565 03-5422-7565

オムズとは?

「オムズ」は10kW以上50kW未満の低圧太陽光発電所の総合メンテナンスサービスで、その特徴は太陽光発電システムに必要なメンテナンスをまとめて一本化しています。

オムズプロモーションビデオ

    

オムズに含まれるメンテナンス内容

– 保険加入
– 駆けつけ対応
– 売電補償
– 遠隔監視の設置
– モニタリング
– 定期点検

オムズに加入するだけで、この5つのサービスを受けることができます。普通はこれらのサービスを受けようとすると、太陽光発電に対応している保険会社を探して契約したり、遠隔監視をしてくれる業者を探したりと、個別に業者を探さなければならず、非常に手間と時間がかかることになります。オムズではこれら5つのサービスを一括して契約できるので、個別に業者を探す煩わしさがありません。

太陽光発電に起こる様々なトラブル

img_risk

土地付き太陽光発電所は一度建ててしまえばメンテナンスフリーだと思われることが多いですが、屋外に建てられ長期間風雨にさらされるため、様々なトラブルに見舞われる可能性があります。

落雷による過電流や気温上昇によるブレーカーダウン・飛来物によるパネルの割れ・ケーブルの断線・モジュール・ケーブルの盗難など…

また多くの場合、太陽光発電オーナーは遠方に物件を保有していることが多く、異常確認を自ら行うことは困難です。

しかし、遠隔監視などのサービスを導入しない場合、発電異常に気づかずその分の売電収入がなくなるなんてこともあり得ます。

enecho_fit_review

(引用:資源エネルギー庁「FIT制度見直しの検討状況の報告」より)

上記は「平成27年度新エネルギー等導入促進基礎調査(再生可能エネルギーの長期安定自立化に向けた調査)におけるアンケート結果」を元に経済産業省・資源エネルギー庁が作成した資料です。 この中の「安全性・維持管理に関する実態調査」の項目を見てみると、停止要因から「落雷、他事故の波及、過電圧」を除いたもので「パワーコンディショナー等の停止」は約15%もあり、その内、高圧・低圧で2週間以上の停止が一定数存在していると報告されています。

メンテナンス・遠隔監視・保険などのサービスを受けない場合、売電収入が減少する上に、復旧や修繕に費用が掛かるということも考えられます。

2017年度からのメンテナンス

2017年度からメンテナンスが必須になる可能性大です!

accreditation_criteria

※参照:改正FIT法に関する直前説明会 新認定制度「事業計画認定」の概要
図の赤枠の部分に記載されているように、2017年2月に行われた『改正FIT法に関する直前説明会』では、メンテナンス体制を整える事を『認定基準』として明記してあります。

また、青枠の部分には『認定基準への違反が判明した場合は、FIT法に基づいて指導・改善命令・認定取消しを行いうる』と書かれています。事業計画認定の概要に則って適切な手続きを行わないと、売電自体できなくなる可能性もゼロではありません。早めの対策が必要と言えるでしょう。

メンテナンスを一本化するメリット

太陽光システムは大きく分けるとパネル・PCS・架台の部材から成り立っています。

しかし、一般的にパネル・PCS・架台は、それぞれが異なるメーカーではないでしょうか。

では、トラブル時はどこに問い合わせれば良いのでしょうか?トラブル時=PCSの故障だけではありません。

販売店?パネルメーカー?PCSメーカー?架台メーカー?・・・。

それぞれのメーカーに保証があっても、故障箇所を特定するのは非常に困難な作業です。

購入した販売店がつぶれてしまった・・・。
トラブル時の対応が遅い・・・。

そんなこともよく耳にします。

オムズは、駆けつけから復旧まで可能。監視機器を無料設置しているので、トラブル時の対応も万全です。

太陽光発電はシステムだけのトラブルとは限りません。
落雷によるものなのか? ゲリラ豪雨によるものなのか? 自然災害が起因となるトラブルは各メーカーでは対応できません。

その点、オムズは自然災害保険にも加入できる為、スピーディな対応が可能です。

お客様ご自身で保険会社とのやりとりは非常に時間も労力も必要な作業です。
トラブル時の故障箇所が特定できず、問い合わせ窓口をたらい回しにされる事例も珍しくありません。
全ての窓口を一本化にする醍醐味を存分に感じてください。

自然災害時でもEM故障時でもシステム停止時には1日最大10,000円の売電補償までも完備!!

お客様の収支計画に左右されない定額制を採用。修理費用をはじめとする予想外の出費の不安も解消できます。

監視機器について

eyeeco_signage

オムズは監視機器を無料で設置致します。(オムズ・ゴールドの場合)お持ちのスマホ・タブレット・PCで売電状況を確認できます。

日報・月報・年報の確認ができ、システムにトラブルがあった場合は、ご登録のアドレスにメールが届きます。

既に監視機器が設置されているシステムの場合は、既存の監視機器にて対応致します(オムズ・ベーシック)。システムが遠方にある場合、監視機器を設置していなければシステムが発電しているか停止しているかの判断すら出来なくなってしまいます。

オムズのサービスを提供するにあたり、監視機器は必須のアイテムだと考えています。同時にモニタリングも弊社で行うことにより、いざというときの駆けつけサービス等々を提供しております。監視機器がついていないシステムをお持ちのお客様はこの機会に現状のシステムを見直してみてはいかがでしょうか。

オムズのプランによって使用する監視機器が異なりますので、事前にご確認ください。

定期目視点検について

オムズ 定期点検目視レポート

オムズは年1回の定期目視点検を行っております。(オムズ・ゴールド、ベーシックともに)目視点検を行うことで、モニタリングだけでは分からない、現地に行ったからこそ分かる太陽光発電システムの不具合や草の伸び具合などをしっかりとチェックします。

定期点検でチェックするのは以下の10項目です。

・電気系統の点検
・ケーブル引込部
・PCS動作点検
・モジュール汚れ、損傷確認
・計器動作確認
・架台接続部点検
・モジュール固定状況点検
・機器劣化状況
・現場状況確認

点検後はWEBにて報告書が届きます。
また、除草、パネル洗浄、ドローンによるパネルの赤外線検査、電気系統計測検査はオプションでの提供となっています。

保険について

om’sの保険がさらに強化されました!

これまでは、売電補償の対象は起因が自然災害時のみで、電気的、機械的事故時の売電補償は対象外でした。しかし、今回より電気的、機械的事故分も売電補償の対象になりました。保険内容強化に伴う価格UPは一切ありません。当然ながらすでにom’sにご加入頂いているユーザー様にも適用されます。保険商品付帯で展開しているメンテナンスでは他にはない内容だと思います。

【自然災害補償・E/M補償】
次の算式による保険金をお支払いします。ただし、保険金額または保険価額(再調達価額)のいずれか低い額を限度とします。また、1事故1億円限度とします。

損害保険金=損害の額(再調達価額)-他の保険契約等から支払われた保険金または共済金の合計額

【売電利益補償】
次の算式による保険金をお支払いします。ただし、補償金額については、発電設備の休止、阻害によって生じた損害を限度とします。(1日1万円限度、最大1ケ月まで)

損害保険金=損害の額(喪失利益)-他の保険契約等から支払われた保険金または共済金の合計額

(注1)売電利益補償は、下記に掲げる事故によって太陽光発電設備自体が損傷し、復旧するまでの間に失われた売電金額を補償するものです。太陽光発電設備に直接損害がない場合は補償されません。
(注2)電気的、機械的事故の場合であっても、売電利益補償はお支払いの対象となります。

オムズの保険内容
火災・落雷・破裂・爆発・台風・施風・暴風・暴風雨等の風災・雹災・豪雨・雪崩等の雪災・台風・暴風雨・豪雨等による洪水・高潮・土砂崩れ等の水害・建物外部からの物体の落下・飛来・衝突・漏水・放水または溢水による水漏れ・騒擾およびこれに類似の集団行動または労働争議に伴う暴力行為もしくは破壊行為・盗難によって保険の対象について生じた盗取、損傷または汚損・電気的・機会的事故

オムズを他社と比較

ゴールドベーシック他社の相場価格
月額費用9,800円8,800円各社規定による
現状確認費用100,000円100,000円各社規定による
定期点検30,000円/回
駆けつけ対応
(一次対応)
40,000円/回
モニタリングサービス72,000円/年
故障時の工賃無料サービス80,000円~/回
自然災害保険50,000円/年
売電補償1日最大
10,000円
1日最大
10,000円
各社規定による
ソーラーモニター既設機器にて対応200,000円
通信費用込み既設のプランにて対応各社規定による
加入期間最長20年最長20年各社規定による

これだけのオプションがついて『8,800円/月~』

圧倒的なコストパフォーマンスを実現しています!

セミナーのお申込みはお電話でも受け付けております。

受付(土日祝対応)9:00~20:00 03-5422-7565 03-5422-7565

メディア掲載

■2017/3/1~3/3
PV EXPO
■朝日新聞DIGITAL
■環境情報サイト
『環境ビジネスオンライン』
■IoT情報専門サイト
ト『WirelessWire News』
■東北地方の新聞社
『河北新報』

よくある質問

Qオムズとはなんですか?
A.オムズは保険加入、売電補償、定期目視点検(年1回)、駆けつけ、モニタリング、ソーラーモニター(オムズ・ゴールドの場合)がひとつになった総合メンテナンス商品になります。
Q屋根上に設置している低圧発電システムのメンテナンスは対応してもらえますか?
A.オムズは野立ての低圧太陽光システムのみを対応としております。
Q高圧発電システム(50kW以上)のメンテナンスは対応してもらえますか?
A.現在低圧システムのみを対応しております。※過積載対応。PCSの容量で対応しております。
Q点検時の日付・時間指定はできますか?
A.日付・時間指定は承っておりません。
Q点検で異常が発見された場合はどうなりますか?
A.報告書をメール等にてお送りしております。状況によりメーカー対応、保険対応等の判断をしております。
Q駆けつけはどのくらいで来てくれますか?
A.弊社管理センターで明らかな異常と判断した場合に駆けつけを実施しており、目安は当日~3日後となります。
Qどのような支払い方法がありますか?
A.年額払い・月額払いのお振込みもしくは口座振替が可能です。
Q月額の口座振替は可能でしょうか。
A.可能です。金融機関の登録手続きに1~2ヵ月かかる場合がございます。
Q雑草対策は可能ですか?
A.オプションサービス(有料)にて可能です。平米数や草の伸び具合によって異なるため別途お見積りとなります。
Qパネル洗浄は可能ですか?
A.オプションサービス(有料)にて可能です。パネル枚数や設置容量により異なるため別途お見積りとなります。
Q契約期間は何年ですか?
A.1年毎の自動更新制になります。
Q他社の監視機器がついているのですが、オムズに入れますか?
A.問題ありません。他社の監視機器がついている場合は、オムズベーシックの料金にて対応しております。
Q監視機器の導入実績はありますか?
A.弊社はこれまでに全国約3,000ヵ所の発電所にソーラーモニターの導入実績がございます。
Q保険のみを販売してもらうことは可能ですか?
A.対応しておりません。弊社はオムズというメンテナンス商品に自動付帯で保険をつけております。
Q監視機器はパワコン毎の発電状況の確認ができますか?
A.ほぼ問題ありません。一部パワコンメーカーによって、対応不可の場合があります。予め事前にパワコンメーカー・型番をお知らせください。万が一、パワコン単位の発電監視が出来ない場合は、スマートメーターを使用した監視も対応しております。ご安心くださませ。スマートメーターを使用した監視の場合、追加部材費用が別途100,000円(税抜き)がかかります。
Qその他追加費用がかかることはありますか?
A.一部パワコンメーカーによって、パワコン側のデータを取得する為の専用ケーブル等が必要な場合にかかる場合がございます。
Qパワコン監視が対応していないメーカーを教えてください。
A.サニックス製、シャープ製、東芝製、SMA製(ウェブコネクター・クラスタコントローラーが設置されていない場合のみ)のパワコンを使用されているシステムはパワコン監視を対応しておりません。
Q全国対応していますか?
A.現在、北海道、沖縄、離島以外のエリアは対応しております。
Q保険対応金額はいくらですか?
A.お客様のシステム代金が対象になります。例えば、システム1800万円+土地代金200万円、合計2,000万円で購入した物件を所有している場合、保険金額は1,800万円となります。
Q売電補償の適用条件はありますか?
A.売電補償は自然災害が起因となった場合のみ適用されます。金額は1日最大10,000円となり、最長1ヵ月間になります。(免責3日間)

セミナーのお申込みはお電話でも受け付けております。

受付(土日祝対応)9:00~20:00 03-5422-7565 03-5422-7565

販売会概要

■講演企業

エナジー・ソリューションズ株式会社

エナジー・ソリューションズ株式会社
担当者からのメッセージ

オムズで採用頂いている遠隔監視サービス「ソーラーモニター」についてご説明をさせて頂きます。

ソーラーモニターは低圧から特別高圧まで現在全国約3,000箇所の発電所に採用されており、幅広い事業者様から信頼を頂いています。グラフィカルで分かりやすいブラウザーベースのリアルタイム画面により、いつでもどこでもご自分の発電所の状況が手に取るように分かります。

又、クラウドへのデータの蓄積やパワーコンディショナー毎の異常検出はもちろんのこと、独自の発電監視アルゴリズムによる的確な発電量の監視や月報の送付等本来の監視システムとしても他に類を見ない機能を備えています。 当日は実際の画面でのご説明をさせて頂く予定でございます。

再エネ保険コンサルタント株式会社

再エネ保険コンサルタント株式会社
オムズ保険説明者のプロフィール
  1. 氏名:浜中 英二
  2. 生年:昭和24年(1949年)
  3. 略歴
    • 昭和48年 住友海上火災保険株式会社 入社
      大分支店長 営業第三部部長 業務監査部部長
    • 平成19年 加賀エージェンシー株式会社 入社
    • 平成22年 同 代表取締役 就任
    • 平成28年 同 円満退社
    • 平成28年 再エネ保険コンサルタント株式会社 入社
      同 取締役社長 就任
担当者実績
  • 平成23年11月
    住宅用自然災害包括契約取引開始
  • 平成24年4月
    産業用自然災害包括契約取引開始 業界初
  • 平成24年10月
    産業用売電利益補償包括契約取引開始 業界初
  • 平成27年9月
    産業用出力規制対応補償取引開始 業界初
  • 平成27年9月
    住宅用シミュレーション差異補償取扱開始 業界初
担当者からのメッセージ

当社はオーダーメイド型保険代理店 PV保険に精通した代理店です。

皆様の経営戦略・ビジョンに則した保険制度構築をお手伝いします。
太陽光の他、風力・バイオマス・小水力発電のご相談も歓迎です。
この機会に保険を活用して売上アップを果たしませんか?

■開催概要

開催日 平成29年3月25日(
開催場所
  • メガ発運営事務局 ルームA
    〒150-0013
    東京都渋谷区恵比寿1-8-11スカイエビスビル6F
TEL 03-5422-7565
アクセス
  • ■JR 各線「恵比寿駅」 西口 出口から徒歩 30 秒
タイムスケジュール(仮) 平成29年3月25日(

【午前の部】

  • 10:00~11:30
    ■メンテンナンスのトータルソリューション「オムズ」
  • 1. 改正FIT法に備えて
  • 2. メンテナンスパック【om’s】ってなに?
  • 3. 保険について(再エネ保険コンサルタント 濱中様よりご説明)
  • 4. 質疑応答

【午後の部】

  • 13:30~15:00
    ■メンテンナンスのトータルソリューション「オムズ」
  • 1. 改正FIT法に備えて
  • 2. メンテナンスパック【om’s】ってなに?
  • 3. 保険について(再エネ保険コンサルタント 濱中様よりご説明)
  • 4. 質疑応答
参加費 無料
参加対象者
  • 低圧の野立て太陽光発電所をお持ちですでに売電を始めている方または売電開始日が確定している方
定員 先着16組
10:00~11:30(8名)
13:30~15:00(8名)
備考 席数が限られているため、同行者がおられる場合は必ず事前にお知らせください。
セミナーにお申込みをする際は、必ず参加ご希望の日時をお知らせください。
完全事前予約制となっておりますのであらかじめご了承下さい。

セミナーのお申込みはお電話でも受け付けております。

受付(土日祝対応)9:00~20:00 03-5422-7565 03-5422-7565