固定価格買取制度がもうすぐ終了? - 土地付き分譲太陽光発電 - メガ発

固定価格買取制度がもうすぐ終了?

そもそも太陽光発電システムの急速な普及の背景には、FIT(固定価格買取制度)の存在の大きさが上げられます。10K未満であれば10年間、10kW以上であれば20年間、一定の額で電力会社が買い取ってくれます。

現時点では、いつまでに太陽光発電システムを導入すれば制度が適用されるかの期限は設定されていません。一部では、2017年度を最後にFITの対象外になるのではないかと言われています。ある程度の太陽光発電システムの普及が一定規模に達すれば、制度を対象外にする可能性も十分に考えられます。

年々売電価格も下がって来ています。平成25年度の買取価格は36円だったものが26年度には32円と4円の買取価格の変更があり、太陽光バブルの終わりも近いという声も聞こえます。人気の高い分譲太陽光発電システムも運用ルールの変更により禁止の動きが活発化しています。

分譲太陽光発電禁止の動き

平成26年度再生可能エネルギー買取価格一覧

kaitorihyoou

引用元:中部電力

電力自由化でエネルギー業界に変化が

改正電力事業法が成立したことにより、2016年度には小口需要家への小売が自由化されます。今までとは違った新しい流れになることが予想されます。太陽光発電事業を含め、再生可能エネルギー分野の今後の動向から目が離せません。

電力が自由化になるにしても、買取価格が高い間・FITが適用化されている間に発電事業を開始することで必要になってくると考えられます。

たとえ2年、3年後再生可能エネルギー業界に変化が起こったとしても、国が20年間の買取を認めていますので安心して売電することができます。
また、売電事業者のとって有益な方向に進む可能性もありますので、その時に選択が出来るように検討されている方は、早めに行動したほうがいいかもしれません。

よく見られている物件・記事

物件各種ランキング

土地付き分譲太陽光発電お役立ちコンテンツ

ご利用者様の声

ここではメガ発を通じて、土地付き分譲太陽光発電をご購入された方々のお声をご紹介します。

全国の土地付き分譲物件

都道府県毎に分譲物件をお探しいただけます。

北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
甲信越・北陸 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井
東海 愛知 岐阜 静岡 三重
関西 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄