土地付き分譲太陽光発電の賃貸物件と売買物件のメリット・デメリット - 土地付き分譲太陽光発電 - メガ発

土地付き分譲太陽光発電の賃貸物件と売買物件のメリット・デメリット

『土地付き』『分譲型』と呼ばれる太陽光発電システムは2つのタイプがあります。土地が「賃貸タイプ」のものと「売買タイプ」のものがあります。売買のものも徐々に増えてきてはいますが、全国的には賃貸タイプのものが多なっています。

賃貸と売買どっちがお得?

どちらのタイプもメリット・デメリットがあります。
双方とも太陽光発電システムに対する固定資産税はかかります。また、メンテナンス料金に変わりはありません。

賃貸の場合は、土地に対する固定資産税は所有者ではないのでかかりませんが、土地の賃料を毎年支払うことになります。しかし、基本的には売買よりは、イニシャルコストが安いとされています。

また、賃料が年単位で見直される場合は、景気や経済状況によって価格が変動する可能性があります。一括で支払える余裕があるのであれば、リスク回避のために一括で支払っておくとよいでしょう。

売買の場合は、土地の所有者となるので毎年固定資産税の支払い義務が発生します。初期費用も賃貸に比べ、高くなるケースが多いです。
メリットとしては、太陽発電事業が終わった後でも土地は資産として残ることです。ただし使い道がなければ、固定資産税だけが毎年かかってしまうデメリットがあります。

「売買物件」「賃貸物件」ともにメリット、デメリットはあります。一概にどちらがお得なのかと言う判断をするのは難しそうです。土地の立地条件なども判断材料になると思いますので、基本的には初期費用と利回りで検討するとよいでしょう。

土地付き分譲太陽光発電を選ぶポイント

土地付き太陽光発電を選ぶ大きなポイントはCPIです。『cost』費用、『place』場所、『interest』利回りの3つが判断の大きな基準としてあげられます。その次に土地の契約内容であったり、使用メーカーといった部分になります。

もちろんどこを重要視するかは人それぞれですので、ご自分にあった土地付き分譲太陽光発電システムを購入するのがいいでしょう。

メガ発では、賃貸や売買物件はもちろんのこと全国の土地付き分譲太陽光発電システムをご紹介しています。保証・メンテナンス内容の充実した物件や、ローン可能な物件もご用意しております。業界最大級の掲載数であなたにピッタリの分譲物件をご紹介いたします。

よく見られている物件・記事

物件各種ランキング

土地付き分譲太陽光発電お役立ちコンテンツ

ご利用者様の声

ここではメガ発を通じて、土地付き分譲太陽光発電をご購入された方々のお声をご紹介します。

全国の土地付き分譲物件

都道府県毎に分譲物件をお探しいただけます。

北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
甲信越・北陸 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井
東海 愛知 岐阜 静岡 三重
関西 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄