夏の異常高温で太陽光発電はどれぐらい損したか - 投資用土地付き分譲太陽光発電の物件探しは【メガ発】

夏の異常高温で太陽光発電はどれぐらい損したか


今年の夏は異常高温でしたね。太陽電池は温度が上がると効率が下がると言われていますので、異常高温で損したのではないかと心配になります。異常高温の影響を少し調べてみましょう。

まず一般的に、太陽光パネルは温度上昇によって効率が0.3-0.5%/℃ぐらいの割合で下がると言われています。この割合は太陽電池の種類によって異なりますが、同じ種類であってもメーカーやロットによってかなりばらつきが生じます。

CIS太陽電池は温度依存が小さいと言われていますが、それでも0.3%/℃ぐらいの割合で効率が下がります。つまりCISはシリコン太陽電池の温度係数が少ないものと同じぐらいで、それほど変わるわけではありません。ここでは、代表的な値として0.4%/℃ぐらいの割合で効率が下がるものとします。正確に言うと温度上昇に対し効率が下がるので温度係数はマイナスになります。

つづきは以下、記事詳細はこちらより御覧ください。
https://mega-hatsu.com/column/1595/

メガ発スペシャルインタビュー

施工販売業者・メンテナンス業者・金融機関・投資家など太陽光発電に関わる方々にインタビューをおこなっております。

物件各種ランキング

お客様の声

ここではメガ発を通じて、土地付き分譲太陽光発電をご購入された方々のお声をご紹介します。

物件各種ランキング

土地付き分譲太陽光発電お役立ちコンテンツ

全国の投資用土地付き分譲太陽光物件

都道府県毎に投資用太陽光物件をお探しいただけます。

北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
甲信越・北陸 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井
東海 愛知 岐阜 静岡 三重
関西 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄