不動産LPTEST-土地付き分譲太陽光発電の投資物件検索サイト – メガ発

spトップ

サブリース(家賃保証)で安心の運用を

『マンション経営』はマンションの一室のオーナーになり、銀行からの融資を賃借人からの家賃で支払うシステムとなっています。

マンションの賃貸募集などの管理業務はすべて賃貸管理会社が代行するので手間はかかりません。

オーナーになってすることは、家賃収入とローンの支払いを、ご自身の通帳で毎月管理していただくだけです。

会社員の方も本業に差し支えなくマンション経営をおこなえます。

バブル全盛の頃は、医師、会社経営者、弁護士などの富裕層が、売買の差益で得られるキャピタルゲインを目的としたマンション投資をおこなっていましたが、現在では、サラリーマンや公務員などの、一般的な職業の方々も、多数マンション経営に取り組まれています。

家賃保証の流れと仕組み

家賃保証の流れと仕組み

マンション経営のメリット

マンション経営のメリット
資産形成

資産形成(貯蓄・財産)

お金を残す事はとても大変です。給料の大幅な上昇は見込みづらく、多少収入が増えたとしても生活に余裕はないのが現状かと思います。 日本人は貯金をされる方が多いですが、現在の超低金利時代では利息を見込むことも厳しい状況です。 歴史的に古くから言われている分散投資の基本的な考え方として、預貯金(債券)、株式、不動産に投資する財産三分法があります。 特にワンルームマンションへの投資は、ローンで購入した場合、少ない自己資金もしくは初期投資ゼロでオーナーになれるので、無理なく資産形成が可能です。 生活に余裕がないからこそ、工夫することで財産を築く一歩となります。 負担なく不動産を所有することができる今がチャンスです。

私設年金

私設年金として(将来の安定収入)

老後の資金として期待される公的年金ですが、未納や消えた年金問題、少子高齢化などによって信頼性が低下しています。 老後に 必要な資金は最低でも3000万円と言われており先行きは不安となる一方ではないでしょうか。 長引く不況により企業年金の破綻も増えてきています。生活資金の不足分は自分で準備しておかなければなりません。 年金制度の崩壊に備えて、マンション投資による家賃収入を私設年金として計画的に老後資金を準備することをご提案しています。 貯金も一つの方法ですが、金利が低い今、利息で増やすのは非常に難しいです 働いている間に家賃収入と税金の還付金で返済に負担がないようにマンションを所有して、 定年後は家賃収入がローンの返済額を上回るような形で、老後の収入源としておすすめしています。

生命保険

生命保険として(団体信用生命保険)

マンションのローンには月々の返済額の中に団体信用生命保険というものが含まれています。 こちらは、ローンの返済中に万が一オーナー様が死亡や高度障害となった場合に、本人に代わって保険会社が、その時点のローン残高に 相当する保険金を債権者に支払い、ローンが完済となります。保険料は割安ですし、加入時の年齢による保険料の差もありません。 また、残ったマンションは無担保の不動産としてご家族に相続されるため、大きな財産となります。 売却して保険金の代わりとしても良いですし、賃貸を続けて遺族年金の代わりにもなります。 通常の生命保険と比較しても大きなメリットを備えているといえます。

節税効果

節税効果(住宅所得控除とは異なります)

マンションを経営することで、大きな節税効果が期待できます。家賃収入に加えて大きなメリットの一つになります。 『税金のことは難しくてよく分からない・・・』と敬遠する方が多いですが、 きちんと税金の仕組みを理解をすることで効果的に節税することが可能です。 サラリーマンと違って、減価償却費、管理費、公租公課、ローン金利、その他経費を必要経費として計上することができます。 計算上、赤字所得となった場合、所得税法69条の損益通算を摘要することができ、給与所得や事業所得などの、 その他の黒字所得から赤字所得を差し引くことができます。日本の税法は総合課税となっているため、所得の合計が下がり、 所得税・住民税が軽減されるため、税金を大切な資産に変えることが出来ます。

相続・贈与対策

相続・贈与対策

不動産は評価額が課税対象となるため、税金面で大きなメリットがあります。 さらに、不動産を賃貸として他人に貸している場合、税制上の評価額を一段と押し上げるため納税を抑える効果があります。 マンション投資をすることで、安心して財産を贈与することができます。

マンション投資に関するよくある質問

Q1.マンションの購入資金(頭金、登記諸費用、手付金など)は?
A1.不動産の購入というと多額の資金が必要では?と考える方が多くいらっしゃいますが、今回ご紹介するマンション経営のスキームは、 本来であれば必要な頭金、登記諸費用、手付金などの諸費用を0円でオーナー様に負担のない形でマンション経営を始めていただけます。
Q2.オーナーに万が一の事があった時、家族にローンが残ってしまうのでは?
A2.マンションのローンには団体信用生命保険が組み込まれているため、死亡や高度障害など、オーナー様に万が一の事があった場合、 保険金で借入金が相殺されます。残されたご家族がローンを返済する必要はなく、無借金のマンションが残り大きな財産となります。 そのまま賃貸を続けると月々の家賃収入が遺族年金代わりになり、売却すれば保険金代わりにもなります。
Q3.空室が続いた場合はどうなりますか?
A3.空室が続くと家賃収入が入ってこないため、ローンが返済できなくなるリスクがありますが、 今回の案件ではサブリース(家賃保証)を行っています。オーナー様のお部屋を直接借り上げますので、 入居者の有無に関わらず安定して家賃収入を受け取っていただけます。 サブリースは募集賃料の90~95%の保証金額で3年毎の更新となります。
Q4.購入した後にローンの金利が上がったら負担が増えるのでは?
A4.先日、日銀がマイナス金利を導入したように、現在の日本は超低金利時代です。預金をしていても殆ど利息が付かないという状態です。 ローン利用者にとってはかなりの追い風ですが、この状態がいつまでも続くとは限りません。 ただ、基本的に金利の上昇と景気の動向は連動するものです。 公定金利上昇→金利の上昇→物価の上昇(家賃)となります。 従って景気回復する事は家賃も上昇する可能性が高いという事です。不動産がインフレに強いと言われる所以です。 さらに、物価が上昇した場合には、キャピタルゲイン(ローン残債よりも売却価格が上回る事)での売却益も期待することができます。 ※金利が上がった場合は確定申告でその分経費として計上することもできます。
Q5.火災や地震などの災害対策はどうなっていますか?
A5.ワンルームマンションはオフィスビルとは異なり、一棟の中に多くの仕切り材や柱、鉄筋を使用しているため耐久性は比較的高くなっています。 平成7年の阪神大震災時には昭和56年以降「建築基準法」に建てられたマンションは大破、中破合わせて1.3%というデータが出ています。 「阪神大震災マンション被害度調査報告」にもワンルームマンションの被害は皆無と出ているため、 地震による被害は小さいと考えてよいでしょう。※諸費用の中には35年間の火災保険料が含まれています。
Q6.何十年も経つとマンションが劣化してしまうのでは?
A6.マンションに限らず、長期間をかけて建築物は古くなり、壊れていきます。 建物が強度を失う原因はコンクリートの中性化によって鉄筋や鉄骨部分が錆びる事が大きな原因ですが、 通常コンクリートの中性化が1㎝進むのに30年かかると言われています。現在、法律によってコンクリートの厚さは3㎝以上とされているので、 理論的に90年はもつ事になります。 仮に60年以上してから建て替えたとしても、土地の部分は不要なので建て替えの費用分がオーナー負担だとしても, 所有部分の土地と等価交換により一銭もかからずに建て替えするケースもあります。
Q7.マンションを販売した会社が倒産したらどうなりますか?
A7.仮に販売した会社が倒産したとしても、マンションの所有権はオーナー様個人のものですので財産は100%保証されます。 また賃貸管理に関しては、賃料の妥当性が確かであれば別の管理会社を見つけることが可能です。 今回ご紹介させていただく販売会社の場合、倒産になっても担当した営業マンが管理会社のご紹介等のアフターケアを致しますので、 ご安心ください。

投資物件事例

エルヴィエントアース武蔵関公園

西武新宿線 / 東伏見駅
徒歩8分

ハイネス要町

東京メトロ有楽町線 / 要町駅
徒歩4分

レアシス秋葉原

都営大江戸線 / 新御徒町駅
徒歩6分

ホーユウコンフォルト蒲田

東急池上線 / 蓮沼駅
徒歩2分

日神パレス北池袋

東武東上線 / 北池袋駅
徒歩4分

ウィンベルソロ赤羽

都営三田線 / 本蓮沼駅
徒歩12分

スカイコート大森第4

京急本線 / 大森町駅
徒歩3分

お問い合わせ

お名前 [必須] (例:メガ発 太郎)
フリガナ [必須]  (例:メガハツ タロウ)
メールアドレス [必須]
※携帯・PHSのメールアドレスを入力する場合は、応募前にドメイン指定受信等の設定を確認して下さい。ドメイン指定受信をしている場合、@mega-hatsu.comの追加をお願いします。
電話番号 [必須]  (例:090-000-000)
携帯電話など、連絡の取りやすい番号をご入力ください。

住所 [必須]
〒郵便番号 (例:000-0000 郵便番号の入力が完了すると、市町村区まで自動的に入力されます。)
都道府県
市町村区
番地・建物名
その他・ご質問等


(例) サブリースについて詳しく教えてください。ローンは組めますか?など、どのような内容でもけっこうです。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

利用規約個人情報
取り扱いに関して

第1条(太陽光発電所 メガ発)

(1)「太陽光発電所 メガ発」とは、株式会社エナジーリンクス(以下「エナジーリンクス」といいます)が提供するウェブサイトです。太陽光発電システム導入支援サービスおよびこれに付随するメール配信その他のエコ製品導入支援サービスを総称していいます。

(2)太陽光発電所 メガ発をご利用になる方(以下「サイト利用者」といいます)は、太陽光発電所 メガ発のご利用開始により、この利用規約(以下「本規約」といいます)の内容を、全て承諾されたものとみなされます。

(3)太陽光発電所 メガ発は、サイト利用者に対して無償で提供されるサービスであり、エナジーリンクスは、太陽光発電所 メガ発の運営に関して、サイト利用者に対し何らの法的義務または損害賠償その他の法的責任を負いません。サイト利用者は、自らの意思および責任のもと、太陽光発電所 メガ発をご利用いただくものとします。

第2条(本規約およびサービス内容の変更)

エナジーリンクスは、サイト利用者の事前の承諾を得ることなく、また、サイト利用者に事前の通知をすることなく、本規約および太陽光発電所 メガ発のサービス内容の全部または一部の変更、追加または廃止等をすることができるものとします。かかる変更等は、エナジーリンクスが当該変更等の内容を太陽光発電所 メガ発上に公示した時点から効力を生じるものとし、その後に利用者が太陽光発電所 メガ発を利用した場合には、当該変更等を承認したものとみなします。

第3条(禁止事項)

サイト利用者は、以下の各号に該当する行為または該当するおそれのある行為を行ってはならないものとします。

(1)虚偽の情報を登録する行為

(2)公序良俗・法令・条例等に反する行為

(3)社会常識・通念を逸脱した行為

(4)エナジーリンクス、他のユーザー及び第三者の財産権(特許権、商標権、著作権等のあらゆる知的財産権を含む)またはプライバシーに関する権利等、あらゆる法的権利を侵害する行

(5)エナジーリンクス、他のユーザー、求人企業及び第三者を誹謗中傷する行為

(6)継続勤務の意思がないにも関わらず採用祝い金を申請する行為

(7)本サービスの運営、エナジーリンクスの経営を妨げる恐れのある一切の行為

(8)その他、エナジーリンクスが不適切と判断する一切の行為

第4条(義務・保証等の不存在)

(1)エナジーリンクスは、サイト利用者に対し、太陽光発電所 メガ発を継続的・不変的に提供する義務を負うものではありません。また、エナジーリンクスは、サイト利用者に対し、太陽光発電所 メガ発に瑕疵のないことを保証しません。

(2)エナジーリンクスは、太陽光発電所 メガ発において提供される一切の情報につき、その正確性、最新性、完全性、有用性、信頼性、適法性、特定目的への適合性または第三者の権利侵害の不存在その他一切の事項について、何ら保証するものではありません。

(3)エナジーリンクスは、太陽光発電所 メガ発に掲載される販売・施工会社について、エナジーリンクスが別途定める掲載基準にしたがった審査を行う他は、何らの審査・調査等を行っておりません。エナジーリンクスは、太陽光発電所 メガ発に掲載される販売・施工会社の実在性、資力、業務遂行能力、管理体制その他の事項につき、何ら保証するものではありません。

第5条(免責)

エナジーリンクスは、ユーザーが本サービスを利用することにより発生する一切の損害に対し、何らの責任も負担しないものとします。

エナジーリンクスは本サービスの中断や停止、内容の変更や追加によってユーザーが受けた損害に関して、何ら責任も負わないものとします。

第6条(太陽光発電所 メガ発の中断または終了)

(1)エナジーリンクスは、サイト利用者の事前の承諾を得ることなく、また、サイト利用者に事前の通知をすることなく、太陽光発電所 メガ発を一時的もしくは長期的に中断し、または、これを終了することがあります。

(2)エナジーリンクスは前項に基づく太陽光発電所 メガ発の中断または終了によって生じたサイト利用者および第三者の損害につき一切責任を負いません。

第7条(損害賠償等)

ユーザーが本規約に違反し、エナジーリンクスまたは第三者に対し損害を与えた場合、ユーザーは、エナジーリンクスまたは第三者に対し、損害賠償義務を負担します。

第8条(管轄裁判所)

本規約の準拠法は日本法とし、本規約および太陽光発電所 メガ発に関して生じる一切の紛争については、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

付則

この規約は2013年4月4日から実施します。 太陽光発電所 メガ発事務局

「個人情報の取り扱いについて」

・エナジーリンクスは、利用者より取得した個人情報を以下の目的のために利用いたします。

・見積書発行のためにエナジーリンクスが業務提携する販売業者に提供するため

・見積書発行のためにご本人確認を行うため

・エナジーリンクスが提供する商品およびサービスに関するご案内のため

・エナジーリンクスは、当フォームで取得した個人情報をエナジーリンクスが業務提携している販売業者に提供します。

・利用者が太陽光発電所 メガ発のメールを受け取ることを選択された場合には、利用者のメールアドレスを株式会社エナジーリンクスに提供します。

・個人情報の利用目的の通知、開示、訂正、追加、削除等をお求めの場合は下記までご連絡下さい。

連絡先

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-8-11スカイエビスビル6F
株式会社エナジーリンクス 「太陽光発電所 メガ発」
個人情報保護管理者 E-mail:info@energy-linx.jp

お客様よりいただいた電子メールの内容(個人情報)はSSLにより暗号化され送信されます。

TOPへ