その発電所リパワリングしないと損します
作業員
その発電所リパワリングしないと損します
こんな考えお持ちじゃないですか?
悲しむ男性
  • パワコンは壊れてから交換

    世界的な半導体不足によってパワコンの納期が大幅に遅れるケースが続出しています。 交換しようと思ってもすぐに交換できない状態です。故障から注文しても届くのが6ヶ月かかるとしたらどうなりますか? その間に失われた売電は誰も補償してくれません。

  • パワコンはいつかは交換する

    近頃、パワコンメーカーが事業撤退をしたり、縮小したりで納期の問題以外にも、 メーカーの人材不足などにより、十分なアフターサービスを受けられないケースも出てきています。先延ばしはリスクしかありません。

  • パワコンって壊れるの?

    パワーコンディショナの寿命は10年から15年ですが、初期の頃の製品は品質が高くないものも多く存在すると言われています。 また、保証期間内であってもパワコンは電気製品のため経年劣化が進んでいます。交換の時期を遅らせるほど、収益減のリスクは高くなります。

今すぐお問い合せください!
発電所のリパワリングとは

リパワリングとは

経年劣化などにより古くなった機器・設備を新しく交換、増強することで出力=発電量をアップさせることを指します。

メガ発のご提案するリパワリング

新しいパワコンに交換し、さらに電気系統を適切に組み替えることでお客様の発電所の収益をアップさせていただきます。

パワコン交換前 パワコン交換後
パワコンの納期ってそんなにかかるの?

パワコンの機器によっては納期が2ヶ月〜6ヶ月かかります。

パワコン納期リスト

特に三相のパワコンは納期が遅いケースが見受けられ、納期が10ヶ月といったこともございます。PCS交換をしないと売電損失のリスクは高まる一方です。保証内で交換ができたとしても失われた売電収入は戻りません。

発電量がアップする5つのメリット
メリット1
メリット2
メリット3
メリット4
メリット5
リパワリングしないと損をする
発電所の条件
通常パワコン交換 売上1
リパワリングパワコン交換 売上2
なんと!164万円も差が出ます! さらに!
期間限定で52万円お値引き リパワリング費用350万円から
リパワリングしないと損します 驚く男性
今リパワリングをすると
通常のパワコン交換と同程度の価格で
発電量アップ
売電収入アップ
保証期間延長
3つの大きなメリットがあります
よくある質問
リパワリングとは具体的に何をするんですか?
新型へのパワコン交換に加えて、直流側のストリング設計を行うことにより発電量アップをご提供します(ストリング設計は現地の状況により実施しない場合もございます)。
稼働してから10年経っていませんが交換は必要でしょうか?
リパワリングで発電量をアップさせた場合、FIT残存年数が長いほど発電量アップ分の利益を享受できます。また壊れる前に国内サポートが手厚く、信頼性の高いパワコンに交換することで故障時の売電損失を防止・最小化することができます。製品保証も15年ですので、FIT期間中の保証にも対応しております。
単相、三相どちらのPCSでも対応可能ですか?
はい、単相、三相どちらも対応可能です。
パワコンは何を使うのでしょうか?
単相、三相で型番は異なりますが、ファーウェイ社製のパワコンを使用致します。
全国対応可能でしょうか?
現在、東京電力、中部電力、関西電力エリアの発電所を優先対応しておりますが、他電力エリアも検討可能です。まずはお問合せください。
EPC/管理会社への確認は必要ですか?
ほとんどのケースで確認不要です。もし気になるようでしたら弊社にて確認致しますので管理会社名をお知らせください。
PCS交換によって管理会社でメンテナンスが出来なくなることはありますか?
今まで弊社の実績の中ではありません。既にファーウェイ製品は世界、日本市場でもトップシェアとなっており、管理業者としても通常は取り扱える製品の為です。
系統組み換えによってどのくらい発電量が上がりますか?
これまでの経験から3割程度は系統組み換えが要因と試算しております。ただしPCS交換と系統組み換えによって  発電量を上げる為、個別要因で切分けることは困難で、影の具合など発電所条件によって前後いたします。
監視システムはどう変わりますか?
ファーウェイ社ではフュージョンソーラーという遠隔監視アプリを無償で提供しているため、従来の監視装置は不要となります。また、通信費は別となります。弊社にてSIMカードを準備する場合、税抜年額12,000円となります。お客様でSIMカードをご準備いただくことも可能です
オプティマイザーも検討しているのですが。
ひとつは、実装までに影の分析にあたっての現地調査費用・設計費用が膨みます。また、取付機器が増えることで故障の可能性があがることも懸念されるためです。ファーウェイ製PCSのMPPTは高性能かつ複数入力できるため、影対策としてある程度補完できると考えています。
絶縁トランスは必要ですか?
発電所によって異なる為、確認の為単線結線図をご共有ください。単線結線図が無い場合は現地調査を実施する必要がございます。
経産省への届け出は必要ですか?
必要ありません。直流・交流ともに出力変更がないことと、経産省の届け出の中で、PCSの製品登録は行っていないため、申請は電力会社宛のみとなります。
現地調査では何をしますか?
パワコン、太陽光パネル、AC集電盤の型番・配置、配線ルート、影の影響、電力会社への申請時に必要な事項等を確認します。電気的検査も実施しますので、今まで気づかなかった内部故障が見つかるケースもあります。
お問合せフォーム