売電先を新電力に切り替えるのに必要な手続き・書類は? - 土地付き分譲太陽光発電の投資物件検索サイト - メガ発

売電先を新電力に切り替えるのに必要な手続き・書類は?

新電力に切り替えるのに必要な手続きの方法、必要な書類をご案内しています。地域や新電力会社によって若干の違いがある場合はありますが、以下の手順で切替が完了します。

用意する書類

新電力に売電先を切り替える際に必要な書類は以下となります。通常、完成時に各発電所毎に保管されているものですが、手元に無い場合は施工会社が保管している場合があるので、必要に応じて施工会社から取り寄せるようにしましょう。

  • 申し込み用紙
  • 設備認定通知書の写し
  • 接続検討書一式の写し(高圧の場合)
  • 電力受給契約申込書の写し(低圧の場合)
  • 売電明細(購入電力のお知らせ)
  • 買電明細(電気ご使用量のお知らせ)
  • 振込先口座(銀行口座通帳のコピー)

申し込み用紙

新電力へ売電先を切り替えるための申込用の書類です。申し込む新電力会社によって書式が異なることがありますが、簡単なお客様情報と振込先口座を記入するものが一般的です。

新電力切替 申し込み用紙

設備認定通知書の写し

経済産業省から送られてくる設備認定書の写しを用意しましょう。

新電力切替 設備認定通知書の写し

接続検討書一式の写し(高圧の場合)

高圧の場合は、新電力によって提出する書類が異なる場合があります。下の画像は、北陸電力のWEBサイトが掲載している接続検討・連系申込時に必要な資料一式(高圧)です。

高圧の切替をご希望の方は、どの書類が必要になるか必ず新電力に確認するようにしてください。メガ発でもご案内しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

電力受給契約申込書の写し(低圧の場合)

低圧の場合は、電力受給契約申込書の写しを提出します。

売電明細(購入電力のお知らせ)

電力会社に売電していたことを確認するための書類となります。

買電明細(電気ご使用量のお知らせ)

毎月の電力使用量を確認するための書類となります。新電力会社によっては必要がない場合もあります。

振込先口座(銀行口座通帳のコピー)

売電した電気代とプレミアム金額をお振り込みするために必要になります。

新電力切替 銀行口座通帳

【+1円買取】新電力に切り替えるのに必要な手続き・書類は?まとめ

高圧と低圧で少し違いがありますが、以下の書類をきちんと用意しておきましょう。手元にない場合は、施工会社、販売会社に用意してもらうようにしましょう。

  • 申し込み用紙
  • 設備認定通知書の写し
  • 接続検討書一式の写し(高圧の場合)
  • 電力受給契約申込書の写し(低圧の場合)
  • 売電明細(購入電力のお知らせ)
  • 買電明細(電気ご使用量のお知らせ)
  • 振込先口座(銀行口座通帳のコピー)

メガ発ではお客様にあった新電力会社をご紹介しています。他社PPSで断られた場合でもご相談ください。