新電力に切り替えるまでにかかる時間は? - 土地付き分譲太陽光発電の投資物件検索サイト - メガ発

新電力に切り替えるまでにかかる時間は?

一般電気事業者から新電力への切替は、2~3ヶ月程度で完了します。

ここでは用意する必要な書類と手続きを確認しながら、切替までにかかる時間をみていきましょう。

手続きは全て代行します。必要な書類をきちんと揃えましょう!

当サイトからお申込みいただいた方に関しては、新電力への切替手続きは全て代行しています。郵送のみのやり取りで手続きは完了します。

以下の書類をお手元にご用意ください。申し込み用紙はメガ発からお送りします。

  • 申し込み用紙
  • 設備認定通知書の写し
  • 接続検討書一式の写し(高圧の場合)
  • 電力受給契約申込書の写し(低圧の場合)
  • 売電明細(購入電力のお知らせ)
  • 買電明細(電気ご使用量のお知らせ)
  • 振込先口座(銀行口座通帳のコピー)

各書類の詳細については、【+1円買取】新電力に切り替えるのに必要な手続き・書類は?もご覧ください。

どうして2~3ヶ月かかる?高圧の場合は半年程度かかる場合も

東京電力などの一般電気事業者とも書類の郵送でやり取りするため、どうしても時間がかかってしまいます。

書類に不備があった場合は、さらに時間がかかってしまうこともあるので、書類はきちんと揃えるように気をつけましょう。

また、高圧の場合は半年程度の時間がかかります。低圧よりも書類が多く、確認に時間がかかるためです。

発電所オーナーにとっては、早く収益をアップさせたいので、もう少しスムーズに切り替えてもらいたいところです。今後、一般電気事業者と新電力会社が努力して切り替えにかかる時間を短縮してもらいたいですね。

メガ発ならスムーズにお手続きを代行

メガ発では、分譲太陽光発電の豊富な販売実績を生かし、ユーザー様と新電力会社とのやり取りをスムーズに代行致します。

書類に不備がないかのチェックもおこないますので、安心してお任せください。おすすめの新電力のご紹介も可能です。お気軽にお問い合わせください。