土地付き分譲太陽光発電 42円、37.8円 - 土地付き分譲太陽光発電 - メガ発

土地付き分譲太陽光発電 42円、37.8円

土地付き分譲型太陽光発電とは

2014年9月24日に九州電力HPにて『九州本土の再生可能エネルギー発電設備に対する接続申込みの回答保留』の発表がありました。当サイトに掲載している物件ついては、既に電力会社へ連系(工事)負担金を支払っているもの、または回答保留の対象外エリアにある物件をご紹介しておりますのでご安心下さい。

『分譲用太陽光発電』『土地付き太陽光発電』と呼ばれるものは、土地と太陽光発電システムがセットになって販売されているものです。
土地を所有していない方でも、太陽光発電事業を始めることができます。広い土地に建設した太陽光発電システムを区分けして販売するため、コスト面を安く抑えることできます。投資用や節税対策として個人様から法人様まで幅広く注目されています。下記物件一覧はほんの一部となっております。42円物件やメガソーラーなどここには掲載していない物件もございますのでお気軽にお問い合わせください。

新着分譲物件

和歌山県

和歌山県分譲太陽光発電
システム容量 58.59kW
モジュール
メーカー
パレストソーラー
システム価格 22,000,000円
想定年間
売電収入
2,309,506円
想定年間利回り 10.5%
売電単価 34.56円
販売区画数 13区画
連系予定日 2015年2月
備考 賃借料別途
お問い合せはこちら

山口県

山口土地付き分譲太陽光発電
システム容量 53.55kW
モジュール
メーカー
カナディアン
ソーラー
システム価格 24,140,000円
想定年間
売電収入
2,248,058円
想定年間利回り 10.81%
売電単価 34.56円
販売区画数 3区画
連系予定日 2014年12月
備考 賃借料別途
お問い合せはこちら

鹿児島県

鹿児島県土地付き分譲太陽光発電
システム容量 55.08kW
モジュール
メーカー
カナディアン
ソーラー
システム価格 28,080,000円
想定年間
売電収入
2,879,573円
想定年間利回り 10.25%
売電単価 44.28円
販売区画数 10区画
連系予定日 2015年2月
備考 44.28円で売電可
お問い合わせはこちら

広島県

広島県分譲太陽光発電
システム容量 24.48kw
モジュール
メーカー
カナディアン
ソーラー
システム価格 10,170,000円
想定年間
売電収入
911,589円
想定年間利回り 8.96%
売電単価 38.88円
残り区画数 1区画
連系予定日 2014年12月
備考 売買、賃貸選択可
お問い合せはこちら

千葉県

千葉県土地付き分譲太陽光発電
システム容量 60kW
モジュール
メーカー
上海航天機電
システム価格 26,500,000円
想定年間
売電収入
2,810,786円
想定年間利回り 10.61%
売電単価 39.96円
販売区画数 14区画
連系予定日 2014年12月
備考 メンテはRICOH
お問い合せはこちら

岐阜県

岐阜県土地付き分譲太陽光発電
システム容量 315kW
モジュール
メーカー
トップランナー
システム価格 146,870,000円
想定年間
売電収入
14,805,864円
想定年間利回り 10.08%
売電単価 44.28円
残り区画数 1区画
連系予定日 2015年2月
備考 土地売買
お問い合せはこちら

大分県

大分県分譲太陽光発電"
システム容量 250kw
モジュール
メーカー
Jinko Solar
システム価格 124,200,000円
想定年間
売電収入
10,458,845円
想定年間利回り 8.42%
売電単価 38.88円
残り区画数 30区画
連系予定日 2015年3月
備考 5区画単位で販売
お問い合せはこちら

神奈川県

神奈川県土地付き分譲太陽光発電
システム容量 53.76kW
モジュール
メーカー
BenQ Solar
システム価格 27,000,000円
想定年間
売電収入
2,323,318円
想定年間利回り 8.6%
売電単価 38.88円
販売区画数 5区画
連系予定日 2015年2月
備考 土地資産価値高い
お問い合せはこちら

青森県

青森県土地付き分譲太陽光発電
システム容量 48kW
モジュール
メーカー
Jinko Solar
システム価格 25,000,000円
想定年間
売電収入
2,305,379円
想定年間利回り 9.22%
売電単価 34.56円
販売区画数 3区画
連系予定日 2015年1月
備考 東北唯一の物件
お問い合せはこちら

太陽光発電投資を始める前に

土地付き分譲太陽光発電のメリット

  • 1.建設コストが安い

    小さい発電所をたくさん建設するのではなく、大きな発電所を一つ作ることで、建設コストを抑えることができます。通常であれば、土地なしで2000万円前後かかるところを、土地代込み(貸借含む)で2000万円以下の価格で済む物件が多数あります。

  • 2.メンテナンスコストが安い

    太陽光発電はメンテナンスフリーと言われていますが、ある程度のメンテナンスは必要です。おおよそ1kWあたり1万円と見積もっても、50kWだと年間50万円程度はかかると言われています。分譲型の場合、1ヶ所で行うことでメンテンナス費を20%~30%程度削減することが可能です。

  • 3.一般的な投資と太陽光発電投資の違い

    マンションには空室リスク、コンビニ・駐車場には競合リスクがつきまといますが、太陽光発電への投資は20年間安定した収益を見込めます。リスクが低く、利回りも高いことから一般の投資家の方々からも注目を集めています。

  • 4.グリーン投資減税による節税効果

    一定の条件を満たすことで、個人であっても、売電収益を「雑所得」ではなく「事業所得」として認めてもらうことが可能です。もちろん50kW未満の分譲太陽光発電はグリーン投資減税の対象となっています。グリーン投資減税の詳細

  • 5.土地を持っていなくても売電ができる

    分譲型の大きなメリットは、土地を持たない方でも発電事業者となって売電を行えることです。メガ発では全国の業者と提携し、土地付き分譲太陽光発電をお探しのお客様に、優良な案件をご紹介しています。

想定されるリスク対策

  • 1.システム機器の故障

    20年間の売電期間でパネルの故障やシステム機器の故障で発電できなくなってしまうリスクがあります。リスクを回避するため、メーカーが10年から25年間の保証をパネル・システム機器につけていますので、故障の際には無償で交換が可能になります。
    ただ、故障期間は発電が出来なくなりますので、その間は売電をすることはできません。販売業者によっては、売電補償を行なっている所もあります。

  • 2.システム機器の経年劣化のリスク

    パネルの発電量は劣化によって徐々に下がっていきます。いきなり、ガクっと下がるわけではなく、年に数パーセント下がる程度ですが、売電額には影響してきます。
    回避手段としては、メーカの主力保証等を活用するほかに経年劣化を想定した20年間のシミュレーションを確認しておくと良いでしょう。中には、経年劣化を計算せずに高い利回りを表示している業者もいますので注意が必要です。

  • 3.災害・盗難リスク

    高価な商品なので、盗まれるリスクや地震等の災害により破損するリスクがあります。リスクを回避する方法として、災害保険や盗難保険に加入することをオススメしています。物件によっては、最初から完備されているものありますし、常駐職員によるメンテナンス行なっているものあります。

連系(工事)負担金

  • 工事負担金とは太陽光発電システム設置後、売電するためには電力会社と連系接続しなければなりません。連系接続しなければ太陽光発電した電気を売ることができないので注意が必要です。連系するために必要な機器(電柱、変圧器等)は発電事業主(ご契約者)の負担になりますので初期費用に含んでいるか、いないかはしっかりと確認が必要になってきます。場所によっては、かなりの費用がかかる場合がありますので、知識として理解しておきましょう。

発電収益シミュレーション例

投資額約1,871万円に対して、年間発電量54,520kWhの場合、年間売電額は54,520kWh×37.8円=2,060,878円となり、投資利回りは11%になります。  20年間累計収入は41,217,556円となります(※概算の数値となります(発電所用地取得費・パネル・架台・接続・設置工事・試運転調整費含む))。

よくある質問

融資、ソーラーローンでの購入は可能ですか?
日本政策金融公庫、銀行、信販会社などの融資を利用して分譲型太陽光発電を購入することが可能です。返済金額を売電収益でカバーできるように設定しておくとよいでしょう。販売物件によって支払い方法が異なる場合もございますので、詳しくはお問合せください。
保証はどうなっていますか?
保証にはメーカーによる保証、販売会社による保証の2つがございます。いずれも保証期間・内容が異なります。価格だけでなく保証内容も比較検討の材料にしましょう。
メンテナンスやサポートはどうなっていますか?
遠隔監視システム、リアルタイムでの発電状況の確認、現地スタッフによる見回りなど、サポート体制は販売会社毎に異なります。メンテナンス・維持管理費についても同様です。それぞれの条件を確認して購入するようにしましょう。弊社に事前にご相談いただくことも可能です。お気軽にお問合せください。

グリーン投資減税

グリーン投資減税とは

グリーン投資減税は、太陽光発電や風力・水力発電などの再生可能エネルギーや、省エネ設備への投資を支援するための優遇税制制度です。グリーン投資減税の対象となる設備の購入から1年以内に発電を行うことで、適用を受けることができます。太陽光発電の場合は、設備認定を受けた10kW以上の設備が対象となります。

グリーン投資減税の内容

【グリーン投資減税で受けられる税制優遇措置】

  • 普通償却に加えて取得価額の30%相当額の特別償却
  • 即時償却(100%償却、全額償却)
  • 中小企業者等に限り、取得価額の7%相当額の税額控除

【グリーン投資減税の対象者】

青色申告をしている個人・法人が対象となります。税額控除については、中小起業のみが対象となります。

【グリーン投資減税の適用期間】

平成25年4月1日から平成28年3月31日までの期間内(即時償却は平成27年3月31日までの期間)

グリーン投資減税を活用することで、初期投資を税金の還付によって補うことができるので、導入のハードルが下がります。詳細についてはお問い合わせ下さい。