売電期間の20年が終わったあとの設備の撤去はどうなりますか?-土地付き分譲太陽光発電 – メガ発

売電期間の20年が終わったあとの設備の撤去はどうなりますか?


物件によってケースバイケースとなります。
各案件によって販売業者や土地の持ち主が異なるため、20年後の設備の撤去については分譲太陽光発電を購入、契約する前に地主さんや販売店と前もって取り決めを行うのが一般的です。

いくつか例を挙げると『販売・工事元が購入者に、契約締結時に前もって撤去費用を徴収し、20年後に業者が撤去を行う』や『20年の売電期間終了後に、太陽光発電設備を無償で販売店に譲渡すれば、撤去費用は無料』などがあります。20年後の太陽光発電設備の撤去等については、契約前に販売店や地主に必ずチェックしましょう。

お見積り依頼・お問合せ

お電話でのお問合せは

03-5422-7565

受付時間 9:00〜20:00(土日・祝日も対応)

フォーム女性オペレータ

よく見られている物件・記事

物件各種ランキング

ご利用者様の声

ここではメガ発を通じて、土地付き分譲太陽光発電をご購入された方々のお声をご紹介します。

03

いつもサイトやメール拝見しています。今後も良い情報を発信し続けて下さい。

福岡県柳川市
F 様

ibaraki_r

節税対策として太陽光発電のクリーン減税が一番効果が期待できました。

埼玉県さいたま市
R株式会社 様

gunma_maebashi_k

たくさんの案件をいただき購入に踏み切ることができました。

群馬県前橋市
K 様

01

メガ発さんに対しては良心的に対応して頂いております。

福岡県福岡市
T 様

全国の土地付き分譲物件

都道府県毎に分譲物件をお探しいただけます。

TOPへ