太陽光モジュールの国内・海外メーカー - 土地付き分譲太陽光発電 - メガ発

太陽光モジュールの国内・海外メーカー

メーカーごとの太陽光発電システムのモジュールの特徴やスペック情報を比較することができます。今人気の分譲太陽光発電システムに採用されているメーカーのパネル情報もあります。購入予定物件に使用されているメーカーの保証や実績をしっかりと把握しておきましょう。

国内パネルメーカーを使用している物件

海外パネルメーカーを使用している物件

国内メーカのパネル情報

メーカー説明
ソーラーフロンティアは昭和シェル(従業員946名、資本金341億9,758万5,900円)の100%子会社です。1978年から太陽電池の研究開発を始めています。
パナソニックは1975年よりアモルファス太陽電池の研究をはじめました。1992年には日本初となる実生活住宅用系統連系発電システムを設置し、94年に個人住宅用の太陽光発電の発売を開始しました。
京セラは住宅用太陽光発電を日本で初めて販売したメーカーです。1975年から太陽光発電の研究開発に取り組んでおり、約40年近くたずさわっています。
変換効率は業界トップクラスの20.1%。モジュール生産は自社でやっているわけではなく、アメリカにあるサンパワー社がモジュールを開発しています。
長州産業は1980年に住宅関連機器の製造、販売を目的として立ち上げられた会社です。本社は山口県にあります。1981年に太陽光発電システムの販売をはじめ、その後2009年に太陽光パネルの生産を開始しています。
シャープは半世紀以上前となる、1959年から太陽電池に携わっています。2000年にはパネルの生産量世界一となりました。2012年末時点でのパネルの総出荷数は約6.6GW。
三菱は1974年から太陽光発電の開発・研究に携わっています。1996年には住宅用太陽光発電システムに参入し、以後公共施設や集合受託などにも力を入れています。
平成7年に設立し、太陽光パネルの原材料であるシリコンを長年扱い培ってきたノウハウとネットワークを活かしてお客様へ品質の高い商品をリーズナブルな価格で提供しています。
サニックスは、福岡に本社があります。従業員数2,331名 資本金140億4,183万円の会社です。1975年に創業しています。平成21年10月~平成28年4月まで1万6千件の設置実績があります。「いいものを安く」を実現し、品質、価格、技術を兼ね備えています。
ネクストエナジーのモジュールは、数々のメガソーラーや大型施設の屋根など様々な場所で使用されています。2013年太陽光パネルの出荷予測は、100MW以上です。

PREMIUM SOLARは、テンフィールズファクトリー株式会社の事業です。太陽光事業は2012年に開始しています。

IWATECは1989年に設立されました。資本金は2,000万円の会社です。

Top Runnerは、創業328年、法人化55年している株式会社舘林グループの太陽光発電システム専門会社です。従業員14名の資本金7千万円です。2012年にトップランナー株式会社を設立しています。

Esolarは2011年11月設立されました。国産の高性能太陽光電池パネルにこだわっています。業界初太陽光パネルの生産行程の97%を全自動化。最新鋭ロボットアームや万全の検査体制など、先進のフルオートメーション生産工程を構築。ローコストでかつ高品質の太陽光パネルを松山から発信しています。また親会社は、ウェハー大手企業のため低価格を実現できます。



XSOLは現在、従業員400名、資本金10億円会社です。2001年に設立されました。「太陽光発電の専門企業」として、再生可能エネルギーの普及促進による、地球環境保全を使命に考え事業を展開しています。



日立グループで2016年度の売り上げは10兆343億円です。従業員は37,353名、グループでは335,244名、資本金は約4,587億円の会社です。日立は、メガソーラーを扱っています。2012年には、丸紅の子会社の大分ソーラーパワーにソーラー発電システムを受注しました。それは1列に並べると500kmにもなる国内最大規模(当時)となるシステムを、設計、調達、製造、据付、調整までを担うほか、20年間の保守・運用業務を担っています。

海外メーカのパネル情報

メーカー説明
アップソーラーは世界15カ国以上に拠点を持ち、グローバルな企業力・ワールドワイドな調達・生産システムで経済変動、災害などの影響をカバー。 各地域の認証を取得して、高品質で低コストの太陽光発電システムを提供します。
台湾トップの太陽光電池製造メーカーとしてOEM/ODM 及び自社ブランドでの太陽光モジュールを通じて、再生可能エネルギーのソリューションを提供しています。
インリー・グリーンエナジーは、太陽光モジュールのリーディングカンパニーで世界で一番大きい垂直統合型の生産工程を実現したモジュールメーカーです。 『インリーソーラー』ブランドのもと世界各国の市場で太陽光パネルの販売を行なっています。
カナディアン・ソーラーはカナダ生まれのメーカー。世界50カ国以上でカナディアン・ソーラーの太陽光発電システムが導入されています。年間生産能力は2013年10月時点で2.3GW、1日あたりで計算すると6.3MWです。
サンテックパワー(当時の社名は株式会社MSK)は1981年より太陽光発電の販売を開始、その3年後に自社で生産をはじめました。2006年での生産量は世界第3位。2008年7月~9月におけるの売上高は約100倍、営業利益は約220倍にもなりました。
2006年にジンコソーラーホールディング株式会社を設立し、2010年にニューヨーク証券取引所に株式を公開、2013年には世界58以上の国際銀行により融資適格の評価を獲得しています。
トリナソーラーは、よりスマートなエネルギーソリューションの提供に全力で取り組んでいます。高品質・高性能の製品を製造することを第一に考えて世界最高レベルの技術を高めています。
ハンファQセルズ(当時の社名はQセルズ)は1999年に設立されたドイツ生まれのメーカーです。2012年4月に多額の赤字で破産申請、その後、韓国のハンファグループに傘下に加わり、社名をQセルズからハンファQセルズに変更しました。
ヒュンダイは2006年にヨーロッパ28カ国で通用する国際安全認証であるCEマークと世界43カ国で通用する国際電気技術委員会の安全・品質認証マーク(IEC)を獲得した太陽光パネルを生産販売しています。
レネソーラは、インゴット・ウェハーの製造から事業を始めました。 ポリシリコンからモジュールまで垂直統合型ビジネスモデルを確立した現在においても、太陽光発電の基幹部品であるウェハーに高い技術力と強い競争力があります。
フォノソーラーは、2004年から太陽光発電事業に参入した中国のメーカーです。去年、初めてPV EXPOに参加して日本進出を果たしました。親会社は、中国最大の機械メーカーの主要メンバーであるSUMECグループ株式会社です。
SolarWorldは1977年から太陽光モジュールの製造をおこなっています。2014年からすべての販売・製造業務をオレゴン州ヒルズボロに統合しました。アメリカ初、素材からモジュールまでの一貫生産を行っています。
LS産電は、韓国の企業です。従業員は約2万人、資産は約138億ドルです。LSはLGグループから独立しました。今は、LGは電子及び化学中心になり、LSグループは、ケーブル及び産業システム中心になっています。世界にネットワークをもっています。
リ―プトンエナジーは平成24年7月に設立された、資本金2億円の企業です。太陽光発電の総合システムメーカーです。モジュールだけでなく、架台や基礎杭、パワーコンディショナーも提供しています。
JUMAOは2001年アモイで設立されました。JUMAOの品質管理と研究チームは優れていて、経験が豊かです。JUMAOは研究・生産・販売のすべてを一貫して生産している国際的な太陽電池モジュールメーカーです。
WINAICOは、台湾に本社を拠点とするWin Win Precision Technology社の子会社で高性能結晶シリコン製太陽光発電パネルメーカーであることとともに、太陽光発電システムのプロバイダーです。
Hareonsolarは江陰市、江蘇省、2004年に設立され、現在、ドイツ、香港、イタリア、アメリカ、スイス、日本、オーストラリア、インド、南アフリカと子会社を持ち、約6000人以上の従業員がいます。
ZNSHINESOLAR HOLDINGSグループは、1988年にエレクトロニクスの総合企業として誕生しました。日本では5社ZNSHINESOLARのグループがあり、太陽電池モジュール製造、販売・輸入・輸出・投資事業・EPC事業、建設事業まで、それぞれの事業領域をクロスさせながら、太陽光発電事業をトータルにサポートしています。
1952年創業のハンファグループ(Hanwha Group)、製造・建設、金融、サービス・レジャーの3つの主要分野において、国内系列会社58社と226のグローバルネットワークをもつ、韓国トップ10企業の一つです。その中のHanwha Solarは、2010年にソーラー事業に参入しました。
Haitai New Energyは唐山海泰新能科技有限公司(HTソーラー)は、多結晶シリコンインゴットの生産から太陽光モジュールの組立まで一貫製造を行っているメーカーです。
1990年に創業され、1999年から太陽光発電事業へ参入しています。CSUNは世界的なハイテク企業であり、クリーンエネルギー社会の確立のため、高い品質に支えられた高性能ソーラーモジュールを提供する太陽光発電産業におけるリーディングカンパニーです。
HUASHUN SOLARは寧波華順電力グループです。太陽光セルとモジュールの開発、生産及び販売を行っています。寧波華順電力グループは、2013年に2.5億元を投資し、5万㎡の先端的なPV基地を建設しました。
LINOU POWERは太陽光発電システムの研究開発、統合、および操作に特化した企業です。 リノソーラー産業基地の敷地面積は270ヘクタールがあり、太陽電池及びモジュールの生産能力がそれぞれ400MWにも達し、製品はTUV、VED、UL、MCS、CEC、PV Cycle、金太陽、J-PECなどの認証を獲得し、現在はすでにドイツ、アメリカ、イギリス、オーストラリア、日本などの国で支社及びオフィスを設立しました。
TALESUNはチョンリーサイテックグループの子会社です。全自動化のモジュール生産ラインを構築しています。