台風などの二次災害防止に向けJPEA(太陽光発電協会)が注意喚起-土地付き分譲太陽光発電 – メガ発

台風などの二次災害防止に向けJPEA(太陽光発電協会)が注意喚起


太陽光発電協会(JPEA)は、4月27日に経済産業省から発せられた、台風などによる太陽光発電パネル飛散事故の被害防止に関する注意喚起を受け、太陽光発電設備を設置している事業者に向けて、必要な対応をとるよう呼びかけた。

2015年9月の台風15号の台風による事故では、太陽光発電パネルが発電所構外に飛散し、多数の住宅や車両を損壊する被害が発生した。同協会は、このような被害の再発を防止するため、台風シーズンが到来する前に、設置者がそれぞれの責任において、太陽電池パネルなどの飛散による被害防止のため、万全な対策をとるよう注意を促している。

参照:環境ビジネス 2016年5月12日掲載 https://www.kankyo-business.jp/news/012628.php

昨今、急激な普及を続けている太陽光発電設備ですが、昨年は台風により、太陽光発電パネルが発電所構外に飛散し、多数の住宅や車両を破損する等の、太陽光パネル事故が相次いで発生したようです。経済産業省ではこのような二次被害発生を受け、設備所有者に以下のような呼びかけを行っております。

台風などの二次災害防止に向けJPEA(太陽光発電協会)が注意喚起

参照:経済産業省 商務流通保安グループ 電力安全課 新エネルギー班 http://www.jpea.gr.jp/pdf/t160510_2.pdf

太陽光発電の投資を考える際、システムの価格・構成・利回りにとらわれがちになっていないでしょうか。長期にわたり、想定通りの安定した利益を得るためには、今回記事で取り上げたような事故に対する対策を打つことも、後々非常に重要になってきます。

既にシステムをお持ちの方、これからシステム購入を検討されている方、台風シーズン到来間近の今、もう一度メンテナンス商品の見直しをしてみてはいかがでしょうか。多くの土地付き分譲太陽光発電を掲載するメガ発では、こういった相談に対応すべく、新たにメンテナンスサービスのご提案を開始いたしました。

太陽光は守るほうがカッコいい eyeeco(アイエコ)定額O&Mサービス トップ画像

システムの価格・構成・利回りだけにフォーカスするのではなく、これからはメンテナンスも選ぶ時代です。収入は多く、支出は少なく!アイエコは、こういったお客様の様々な不安を取り除きます。

eyeeco(アイエコ)定額O&Mサービスの詳細⇒https://mega-hatsu.com/14276/

お見積り依頼・お問合せ

お電話でのお問合せは

03-5422-7565

受付時間 9:00〜20:00(土日・祝日も対応)

フォーム女性オペレータ
物件各種ランキング

ご利用者様の声

ここではメガ発を通じて、土地付き分譲太陽光発電をご購入された方々のお声をご紹介します。

03

いつもサイトやメール拝見しています。今後も良い情報を発信し続けて下さい。

福岡県柳川市
F 様

ibaraki_r

節税対策として太陽光発電のクリーン減税が一番効果が期待できました。

埼玉県さいたま市
R株式会社 様

gunma_maebashi_k

たくさんの案件をいただき購入に踏み切ることができました。

群馬県前橋市
K 様

01

メガ発さんに対しては良心的に対応して頂いております。

福岡県福岡市
T 様

全国の土地付き分譲物件

都道府県毎に分譲物件をお探しいただけます。

TOPへ