再生可能エネルギー!町全体の取り組みへ - 土地付き分譲太陽光発電 - メガ発

再生可能エネルギー!町全体の取り組みへ

一般家庭から始めることのできるエコエネルギーとして太陽光発電システムが上げられます。政府が全量買取制度の導入をして以来、急激に普及が加速しています。沖縄県の南風原町では、町の取りくみとして2023年度までに太陽光発電導入率10%を目標として行なっていきます。

【南風原】町はこのほど、2023年度に住宅や事業者の10%で太陽光発電の導入を目指すなどとした初の「町地域エネルギービジョン」を策定した。持続的発展が可能な循環型社会の構築を促すもので、本年度、再生可能エネルギー推進協議会(仮称)を立ち上げ、目標達成に向け、具体的な施策を協議する。

ビジョンは、公共施設への太陽光発電パネル設置を進めるほか、公用車への電気・ハイブリッド自動車導入、電気使用量の分かるスマートメーターの利用促進などを定めている。エネルギーの地産地消モデル地域を設け、町内に取り組みを広げる考えだ。

町がビジョン策定に向け実施したアンケートでは、再生エネについて町民の48%が「現在の燃料費より安いなら導入したい」と答え、価格が判断基準になる傾向だったという。一方の事業者も31%が、新エネを「導入」「検討」などとしており、一定の関心を示した。

引用元:2014年4月20日 06:30 沖縄タイムス

町民も事業者も太陽光発電導入に前向きで、再生可能エネルギーの注目度の高さが感じられます。政府や地方自治体の後押しで再生可能エネルギーが普及すれば、原発問題や深刻な温暖化問題への解決の糸口になりそうです。

導入するならタイミングは?

導入するにはいつがいいのか?と言う疑問を抱えてる方は多いと思います。導入時期に正解はないですが失敗はあります。基準に考えて頂きたいのが、売電額とシステム導入費用です。売電学は年々下がって来ていますが、設備認定をした時の売電額で10kW未満であれば10年、10kW以上であれば20年買い取ってくれます。

また、補助金がある内に導入するか、しないかでも初期コストが変わってきますし、もちろん補助金を上手く活用することで導入費を安く抑えることもできます。

今年度の買取価格は住宅用で37円(税込)、産業用で34.56円(税込)となっております。まだまだプレミア価格と言っていいレベルの売電額ですので、まだまだ導入するメリットとしては高めと言えるでしょう。

分譲用太陽光発電なら43.2円・38.8円物件

上記で述べたように産業用の今年度の買取価格は34.56円(税込)ですが、土地とシステムがセットになった分譲用太陽光発電システムであれば、43.2円や38.88円で売電できるものがまだまだあります。投資用や節税対策でご検討の方は、分譲用太陽光発電も一緒にお考えになってもいいかもしれません。

メガ発では、全国の分譲用太陽発電を取り扱っていますので、ご興味ある方はお気軽にご相談ください。

物件各種ランキング

土地付き分譲太陽光発電お役立ちコンテンツ

ご利用者様の声

ここではメガ発を通じて、土地付き分譲太陽光発電をご購入された方々のお声をご紹介します。

全国の土地付き分譲物件

都道府県毎に分譲物件をお探しいただけます。

北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
甲信越・北陸 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井
東海 愛知 岐阜 静岡 三重
関西 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄