三井住友銀行、太陽光発電向け融資審査の期間を短く。 - 土地付き分譲太陽光発電の投資物件検索サイト - メガ発

三井住友銀行、太陽光発電向け融資審査の期間を短く。

融資での参入が容易になる?

大手銀行である三井住友銀行が太陽光発電事業向けに融資を始めています。

三井住友銀行は定型の審査で貸し出し実行までの期間を縮めた太陽光発電設備向け融資を始める。2メガワット未満の小規模な事業を対象に、平均1カ月程度の審査で5億円まで貸し出す。遊休不動産を抱える企業などが再生可能エネルギー事業に参入しやすくする。

新たな融資は「正常先」と呼ばれる財務の健全な企業が対象で、太陽光発電事業向けの子会社を作ることを条件とする。定型の契約書を使い、審査手続きも効率化することで、平均2~3カ月かかっていた審査期間を短くする。貸出期間は最長16年で、企業は売電収入を原資に返済する。既に企業への提案を始めており、今秋にも最初の融資を実行する。

2012年に固定価格買い取り制度が導入されて以降、再生可能エネルギー事業の参入を目的に設備の認定を受けた企業は多い。ただ、建設や売電には至らず、計画が半ばのケースも多い。三井住友銀は迅速に建設資金を借りられる仕組みを作り、企業が計画通りに発電事業に取り組めるようにする。個別案件ごとに審査する大規模な発電事業だけでなく、小規模な案件への融資も増やし、再生可能エネルギー分野の取引を拡大する。

出典:日本経済新聞 三井住友銀が太陽光発電向け融資 定型審査で期間短く

大型の融資だと審査に時間がかかることも多いですし、資金繰りが上手くいかずに計画が頓挫するケースもあるため、大手である三井住友銀行が太陽光発電向けの融資審査期間を短くすることは非常に意味のあることだといえます。

企業としては資金のメドを立てるまでの期間が短くなることで、計画をスムーズに進めることができ、売電収入でローンを返済しながらも収益をあげることが可能です。三井住友銀行側としては、売電収入を返済にあててもらうことで、安全に回収することができます。

太陽光発電事業は、資金繰りの面をクリアーしておくことが重要です。融資を上手に活用することも視野に入れながら導入の計画を進めましょう。

よく見られている物件・記事

物件各種ランキング

土地付き分譲太陽光発電お役立ちコンテンツ

ご利用者様の声

ここではメガ発を通じて、土地付き分譲太陽光発電をご購入された方々のお声をご紹介します。

全国の土地付き分譲物件

都道府県毎に分譲物件をお探しいただけます。

北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
甲信越・北陸 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井
東海 愛知 岐阜 静岡 三重
関西 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄