電力会社5社再エネ買取再開へ 分譲太陽光への影響は? - 土地付き分譲太陽光発電の投資物件検索サイト - メガ発

電力会社5社再エネ買取再開へ 分譲太陽光への影響は?

2014年11月23日から24日にかけて、新聞やインターネットメディアなどで、電力会社5社が太陽光発電を含む再生可能エネルギーの買取を再開するといった報道が一斉に流れました。

日本経済新聞
電力5社、再生エネ買い取り再開へ まず九電、年内に 機動的な発電制限が条件

ビジネスジャーナル
再生エネ買い取り再開 電力5社検討、制度見直し条件

産経ニュース
大手電力5社、再生エネ買い取り再開へ 九電、早ければ年内に表明も

九州電力は今のところ決まっていないというスタンスですが(九州電力プレスリリース:11月23日付日本経済新聞「再エネ買い取り再開へ まず九電、年内に」に関する記事について)、以前、受付中断の記事が出たときも「検討中」としておいて一週間後に正式発表された経緯があるので、今回の報道も確度は高いものと思われます。

全面的に買取再開になるのか?

九州電力はすでに、平成26年9月24日までに申し込まれた50kW未満のものについては回答を再開しています。(ただし、低圧敷地分割を除く)
九州電力:九州本土の再生可能エネルギー発電設備に対する接続申込みの回答保留の一部解除について

ただし、今回も低圧敷地分割、いわゆる分譲型の太陽光発電システムは対象外となることが予想されます。分譲太陽光は電力会社の事務負担が大きく、コストもかかるため、出来るだけ数を抑えたいのが本音ではないでしょうか。

分譲型の太陽光発電を購入する方にとっては、市場に物件がでれば価格が下がるため低圧敷地分割も回答を再開してほしいところですが、法律的な部分はどうしようもないところなので、現状のルールの中で最適な物件を見つけるのがよいでしょう。

一時期に比べると物件の数も増加傾向にあるので、比較検討できる物件が多くあります。
→現在販売中の物件はこちら

市場の流れとして、36円の物件も出にくくなってくるので条件に合った物件があった場合は早めにお問い合わせください。

物件各種ランキング

土地付き分譲太陽光発電お役立ちコンテンツ

ご利用者様の声

ここではメガ発を通じて、土地付き分譲太陽光発電をご購入された方々のお声をご紹介します。

全国の土地付き分譲物件

都道府県毎に分譲物件をお探しいただけます。

北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
甲信越・北陸 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井
東海 愛知 岐阜 静岡 三重
関西 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄