賃貸と売買、どちらがおトクなのでしょうか? - 土地付き分譲太陽光発電の投資物件検索サイト - メガ発

賃貸と売買、どちらがおトクなのでしょうか?

Q.分譲太陽光発電の検討方法として、賃貸と売買の二通りがあるかと思いますが、どちらがおトクなのでしょうか?

A.下記表は賃貸と売買を比較したものです。

項目/契約賃貸売買
固定資産税発生しない発生する
撤去費用発生しない(業者によって異なる)発生する
土地賃料発生する発生しない
20年後売電希望であれば、地主と相談好きなように利用OK

結論からいうと、どちらがトクか甲乙つけたがたいです。賃貸であれば固定資産税は発生しないのですが、その分土地賃貸料が発生します。売買は固定資産税は発生するのですが、土地賃料は発生しません。

土地付きで販売されている物件のほとんどは賃貸

現在、土地付きで販売されている物件のほとんどは賃貸となっています。賃貸料の支払い方法は業者によって異なり、最初の販売価格に含まれているものあれば、売電収入の1割を賃料にあてる販売業者もあります。こちらの業者は売電額の1割をあてることで、賃貸費とメンテナンス費、また20年後の撤去費用等も含まれています。

よく見られている物件・記事

物件各種ランキング

土地付き分譲太陽光発電お役立ちコンテンツ

ご利用者様の声

ここではメガ発を通じて、土地付き分譲太陽光発電をご購入された方々のお声をご紹介します。

全国の土地付き分譲物件

都道府県毎に分譲物件をお探しいただけます。

北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
甲信越・北陸 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井
東海 愛知 岐阜 静岡 三重
関西 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄