分譲太陽光発電の基礎知識と現状 - 土地付き分譲太陽光発電の投資物件検索サイト - メガ発

分譲太陽光発電の基礎知識と現状

分譲太陽光発電とは

分譲太陽光発電は土地がなくても太陽光発電を始められることから、投資案件として注目を集めています。「分譲ソーラー」「土地付き太陽光発電」とも呼ばれています。

分譲太陽光発電は販売者が一括で購入または借り上げた土地に、太陽光発電を数~数十区画に分割して設置。設備と土地を複数の区画に分けて販売する方式です。分譲マンションを購入すると考えると分かりやすいかもしれないですね。土地は20年間の定期借地権、もしくは所有権付きでの販売となっています。個人でも法人でも購入は可能です。

分譲太陽光発電は、『土地』『補償』『メンテナンス』がセットとなって販売されているものが多く、実際の運営も管理する業者に任せることができるので、管理面での負担も少ないです。また、監視サービスを行う会社が一括で管理を行うので、故障などの対処もしやすいというメリットがあります。サービス内容は販売業者によって異なります。購入前に比較検討するようにしましょう。

予算さえ確保できれば誰でも手軽に始められるのが、分譲太陽光発電の人気が高い理由の一つとなっています。販売業者によってはソーラーローンなど、資金調達の相談に乗ってくれるところもあります。

1区画の分譲価格は50kW低圧で2000万円前後

分譲太陽光発電の1区画の料金は、50kW未満の低圧連係で2000万円前後が一般的です。土地代によって価格が変化します。

その他の費用としては、土地の所有権または借地権、接続検討費用、行政への諸手続き、メンテナンス費用などを含んでいます。50kWの設備を1つ設置するよりも、大きな発電設備を設置して区画分けすることでコストを削減しています。

1区画の敷地面積は700㎡程度

分譲ソーラー1区画の設置に必要な面積は700平米程度です。分譲販売のため、土地を確保する必要はありませんが、全量買取制度の開始以降、太陽光発電に適した土地は発電事業者の争奪戦になっています。 元々土地を所有していれば別ですが、素人が収益性の高い土地を探すのは時間も手間もかかります。

販売業者が太陽光発電に適した土地を分譲販売してくれるので、購入を検討している方は実績の多い、安心して任せられる販売業者を探すのに集中するとよいでしょう。

収益は年間200万円前後。10年で回収の計算

1区画の設備容量はおよそ50kW。年間の発電量50,000kWhに平成25年度の買取価格(売電価格)37.8円を乗じた1,890,000円が年間の予想収益です。発電する場所にもよりますが、実際には200万円前後の収益が見込めるため、10年程度で初期費用を回収できる計算です。

20年間の収益はおよそ4,000万円。利回りは10%前後

1年あたり200万円の収益が見込めるため、20年間トータルの収益は4,000万円程度。2,000万円の初期費用に対して倍の利益を見込めるのが分譲商品の魅力です。

また、想定される利回りは10%前後です。マンション経営には空室リスク、コンビニや駐車場経営には競合リスクがあります。分譲太陽光発電の場合は隣に別の発電所が建設されても買取価格(売電価格)に影響はありませんし、雑草リスクなど、ある程度のリスクは最初から想定されているので、対策が打ちやすいのも特徴です。

分譲太陽光発電のまとめ

土地がなくても50kWの太陽光発電を2000万円程度で始められるので、分譲太陽光発電のニーズは非常に高いものになっています。

発売開始後すぐに売り切れるケースも多く、需要に供給が追いついていない状況です。メガ発では分譲太陽光発電をご検討されている方のご相談を無料で承っています。ご検討されている方はお気軽にお問い合わせください。

よく見られている物件・記事

物件各種ランキング

土地付き分譲太陽光発電お役立ちコンテンツ

ご利用者様の声

ここではメガ発を通じて、土地付き分譲太陽光発電をご購入された方々のお声をご紹介します。

全国の土地付き分譲物件

都道府県毎に分譲物件をお探しいただけます。

北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
甲信越・北陸 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井
東海 愛知 岐阜 静岡 三重
関西 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄