太陽光発電の融資・ローン - 土地付き分譲太陽光発電 - メガ発

太陽光発電の融資・ローン

太陽光発電システムは高額な商品のため、融資をうけてご購入をご検討する方が多いです。融資を受ける先としては、日本政策金融公庫や銀行が一般的ですが、太陽光発電向けのローン商品としてソーラーローンというものもあります。

ローン・融資OKの土地付き分譲物件一覧

太陽光発電融資先比較

太陽光発電の融資先としてよく選択されるのが、次の3つが主になります。

  • ・公的融資
  • ・銀行融資
  • ・ソーラーローン

日本政策金融公庫ついては、公的融資のため比較的金利が安く、担保がある場合は1.25~1.85%程度です。借入期間や担保の有無で条件が変わってきます。金利が安い分、手続きが複雑で事業計画書や返済計画書が必要になります。融資を検討する際には、販売店や詳しい方に相談をオススメします。

銀行融資については、公的融資よりも若干金利が高いケースが多いですが、銀行ごとに金利や融資条件が違いますので確認が必要になります。また、公的融資よりも安い金利で借入ができる銀行や売電額を担保に融資を行なっている銀行もあります。

ソーラーローンについては、上記で紹介した2つよりも金利が高い場合が多いですが、ほとんどの取り扱い店舗が3%をした回っています。安いところでは、1%台の金利で融資を行なってくれるところもあります。上限額は500万円~1000万円程度ですので、50kWぐらいの太陽光発電システムを全額融資で導入するのは難しそうです。

収益に金利が影響

借入額が多ければ、それだけ支払う総額が多くなります。その分、太陽光発電の収益面に影響がでてきます。

例えば、2000万円を金利2%(固定金利)で15年の返済で借入したとすれば、15年間の返済総額は約2300万程度になり、月々の返済金額は13万円ぐらいになります。これは太陽光発電で得た収益から300万円の損失が出ることになります。金利が2%でも15年であれば、300万円も多く返済しなければなりません。これはローンをするデメリットになります。

ローン金利への対策

対策としては、頭金を入れる等して借入金額を少なくしたり、月々の返済金額よりも売電収入が上回ってくる場合がほとんどですのでその収益を繰越返済にまわしたりする方法で総額の返済額を減らすことができます。

一番いいのは現金で一括して購入出来るのであればいいのですが、高額な商品のためなかなか厳しいのが現実です。上手くローンを活用して早めに返済を終わらせるのが収益面を確保するにいいかもしれません。

よく見られている物件・記事

物件各種ランキング

土地付き分譲太陽光発電お役立ちコンテンツ

ご利用者様の声

ここではメガ発を通じて、土地付き分譲太陽光発電をご購入された方々のお声をご紹介します。

全国の土地付き分譲物件

都道府県毎に分譲物件をお探しいただけます。

北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
甲信越・北陸 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井
東海 愛知 岐阜 静岡 三重
関西 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄