太陽光発電が投資になるの?太陽光発電投資の概要について - 土地付き分譲太陽光発電の投資物件検索サイト - メガ発

太陽光発電が投資になるの?太陽光発電投資の概要について

太陽光発電の概要について

「太陽光発電がどうして投資になるの?」「太陽光発電投資に興味あるけどよく分からない…」こんな方はいらっしゃいませんか。今回の記事ではそもそもなぜ太陽光発電を購入すると投資になるのか、その仕組など、太陽光発電投資の概要について分かりやすく解説していきます。

太陽光発電って、どんな投資?

太陽光発電とは設置した太陽光パネルが日光を浴びることで、電気を発生させて、それを電力会社に売電するという形の投資になります。

設置するにはもちろん金額がかかりますが、そのかかった金額を売電金額でまかなって、さらにプラスがあれば自分のもとに入ってくるという計算になります。太陽光は太陽がある限り無限のエネルギーになるので、日本全国、いや世界のどこでも設置することができます。

しかしどうしても影のかかる場所や日照時間が短い場所は売電が難しいという結果になります。業者は稼働中の発電所や、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構が提供している『NEDO』などを用いて発電シミュレーションを作成しているので参考になります。

もちろん現金で投資できる人にとっては最初から利益が生まれますが、銀行などから借り入れを予定している人にとってはシュミレーションと銀行への返済バランスを考えていくことになります。

太陽光発電の利益が出る仕組み

太陽光発電の利益が出る仕組みは発電した電気を電力会社に売電することで生まれます。

国の制度があるから投資になる

日本では温暖化対策の1つとして再生可能エネルギーが以前から注目されていましたが、コストの高さからなかなか普及するまでには至ってませんでした。また、東日本大震災が起きたことによって再生可能エネルギーへの期待はより高まりっていきます。

そこで政府は再生可能エネルギーの普及を加速させるべく、再生可能エネルギー(太陽光・風力・水力・地熱・バイオマス)で発電された電気を電力会社に20年間固定価格で買い取ることを義務付ける制度を作りました。これがいわゆる固定価格買取制度です。

固定価格による買い取りなので、20年間はずっと同じ価格で電気を買い取ってもらえるというのが、太陽光発電投資の大きなメリットになります。

太陽光発電で発電した電気を売った金額と太陽光パネルの設置金額とのバランスで利益が出るという仕組みになるのです。

固定価格買取制度について詳しく知りたいかたはこちらの記事をご覧ください。
固定価格買取制度とはどのような制度か?

10年で返済すれば、残り10年は全てプラスに

メガ発で取り扱っている土地付き太陽光発電だと利回りはおおよそ10%です。利回り10%ということは、最初の10年間で太陽光発電所を購入した費用は回収することができますので、残りの10年間は売電した金額は全て利益ということになります。

もちろん、10%より利回りが低ければ費用を回収するのにもっと時間はかかりますが、利回りが高ければ、より早く費用を回収することができます。実際にメガ発でも利回り11%や12%の物件を掲載しています。

太陽子発電投資の期間について

太陽光発電に投資する期間は、電力を買い取ってもらえる期間ということなので、20年間となります。他の投資と比べても投資期間はかなり長期の部類だと言えます。

20年間本当に買い取ってもらえる?

そこで不安になるのが、「本当に20年買い取ってもらえるのか?」ということです。電力会社の都合で途中で売電ができなくなるなんてことが起これば、これは投資として非常にリスキーな要素となってしまいます。

しかし、このように電気が売れなくなることはないでしょう。というのも、先ほど説明したように、電気の買い取りを電力会社に義務付けている固定価格買取制度を設定したのは国なのです。そのため、この制度が簡単に覆るようなことはあり得ないでしょう。

ちなみに、発電を抑制したり、売電契約を保留する出力抑制(出力抑制)が行われる可能性はゼロではありませんので、詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

太陽光発電の出力抑制(出力制御)ルールについて

買い取り期間が終わった後はどうなる?

固定価格で買い取る20年間が終わった後は電力会社の買い取り義務はなくなります。固定価格買取制度は2012年始まった制度なので、まだ20年経過した太陽光発電所はありません。そのため、現段階ではどのようになるかははっきり分からないのが正直なところです。

しかし、2016年4月からはじまった電力自由化により売電先は電力会社だけではなくなりました。売電先の選択肢は多数あるので、20年後も引き続き売電できることが予想されます。

また、これだけの発電量があるのですから、安くても買い取りたいのが電力会社の本音になるでしょう。目安としては太陽光発電先進国のドイツでは10円程度なので、10円台前半での取引が期待されるでしょう。20年の固定価格買取制度が終了しても、CO2排出量ゼロの魅力は十分にあるということなんです。

太陽光発電の利回りについて

メガ発で掲載している土地付き太陽光発電の利回りは概ね9~12%で、最も多いのが10%台の物件です。不動産投資などと比べると、かなり高い利回りとなっているのが特徴でしょう。

年々、利回りは下がってるって本当?

ご存知の方もいらっしゃるかも知れませんが、固定価格買取制度の買い取り価格は年々下がって来ています。この制度が始まった2012年は1kWhあたり40円+税だったものが、2016年現在では24円+税まで減少しています。

買い取り価格が年々下がっているため、単純に利回りも下がっていると思われがちですが、それは大きな間違いです。

なぜならば、太陽光発電が普及するにつれて市場原理が働き、太陽光発電の購入にかかる初期費用も同時に下がってきているからです。そのため、買い取り価格が下がっても利回りはほとんど変わっていないのが実情です。

買い取り価格が高い物件もまだ残ってる

2016年11月現在の買い取り価格24円+税ですが、以前の買い取り価格で売電契約している物件を購入できる可能性もあります。

例えば買い取り金額が高いうちに電力調査の認定を受けた業者がその権利を売りに出している場合です。つまり高い金額で電力の買い取りをしてもらう権利を急いで取得した業者が、当時調査が十分でなかった金融機関が融資することが遅れてしまい、設置に着工できなかったというパターンです。この場合は現状よりも高い買い取り金額で投資用太陽光発電をスタートできるというわけです。

メガ発でも残り少ないですが、27円~40円台の物件がありますので、興味のある方はお早めにご覧ください。

太陽光発電投資はどんな人に向いているのか

特に太陽光発電投資をおすすめしたいのは、退職後の年金生活に不安のある方や、FXなどハイリスクハイリターンではなく、安定した収益を求めている方です。

しかし、太陽光発電ができるような土地や建物を持っていて、太陽光パネルを購入できる現金を持っているような人はほとんどいないでしょう。自分で土地を探して、太陽光パネルを購入し、業者に設置してもらい電力会社への手続きをして、と個人で一通り段取りするのは非常に煩雑です。

メガ発では土地やパネルなどの太陽光システムをセットにした物件をご紹介していますので、すぐに始めることが可能です。また、現金をお持ちでない場合でも金融機関から融資を受けたり、ローン可能な物件もありますので、購入することができます。

つまり太陽光発電投資は誰にでも可能性のある投資案件と言えるのです。

よく見られている物件・記事

物件各種ランキング

土地付き分譲太陽光発電お役立ちコンテンツ

ご利用者様の声

ここではメガ発を通じて、土地付き分譲太陽光発電をご購入された方々のお声をご紹介します。

全国の土地付き分譲物件

都道府県毎に分譲物件をお探しいただけます。

北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
甲信越・北陸 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井
東海 愛知 岐阜 静岡 三重
関西 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄