どこがどのように違う?ソーラーパネルの種類について - 土地付き分譲太陽光発電 - メガ発

どこがどのように違う?ソーラーパネルの種類について

太陽光パネル

太陽光発電のパネルの種類とは?

今ではひとつの発電システムとして社会に浸透している太陽発電。太陽からの熱エネルギーを太陽電池内で変換して電気として使用できるようにするというものですが、発電に用いられる太陽電池、通称ソーラーパネルにはいくつかの種類があります。

ちなみに、ソーラーパネルと太陽光発電モジュールは同じものです。太陽光発電投資においてはモジュールと言われることの方が多いかも知れません。

素材ごとに大別すると、シリコン系のものと化合物系のもの、有機物系のものです。化合物系は実用化されているものもある一方、有機系や化合物系の一部は、研究段階のものも少なくなく、まだまだ導入は限定的と言えます。効率面、コスト面から、太陽光発電において主に利用されているのはシリコン系だと言えるでしょう。

シリコン系

シリコン系は、文字通りシリコンを原料に作られた太陽電池のことを指します。太陽電池の中でも歴史の古いものです。現在も、さまざまな太陽電池が生まれる中、主流のパネルとなっています。

化合物系

化合物系は、シリコンの代わりにさまざまな化合物を原料にした太陽電池のことを指します。原料によって、CIS系やCdTe系、III-V系などがありますが、中でも良く知られているのがCIS系です。CIS系は、銅やセレン、インジウムなどを原料にしたもので、シリコン系より天候に左右されにくく、量産しやすいというメリットがあります。

有機物系

有機物系は、有機物を原料にした太陽電池です。比較的新しい分野の太陽電池の種類で、実質的な実用には至っていないものの、将来的に期待されているものです。例えば、低コストやより薄い電池など新たな太陽電池の可能性を秘めています。

主に使用されているのは結晶シリコン

太陽電池は、シリコン系と化合物系、有機物系があるということをご紹介しましたが、中でも主力として使われているのが、シリコン系でも結晶系のものです。結晶系のものも、大きく分けると単結晶のものと多結晶のものに分けることができます。

単結晶系の太陽電池

シリコン原子が整列した単結晶のものを用いた太陽電池です。太陽電池の中でも古くから研究が続けられてきたもので、ほかの太陽電池と比較すると電気への変換効率が高いことで知られています。一般的な変換効率は15~20%。安定性があり、耐久面にも優れている太陽電池の主流です。ただし、コスト面では課題が残ります。

多結晶系の太陽電池

多結晶系は、単結晶系でひとつのシリコンの結晶を使用するのに対して、複数のシリコンの結晶を用いてつくられています。光に反射するといくつもの結晶が見えるのが、多結晶系の太陽電池です。変換効率は、一般的に14~16%。単結晶ではないため、発電効率は若干落ちてしまいますが、低コストで生産できるため、バランスの面から普及しています。

そのほかのシリコン系太陽電池

単結晶、多結晶以外にもシリコンの使用率を抑えた薄型のアモルファスや、単結晶とアモルファスを組み合わせたハイブリッド式のものもあります。

ソーラーパネルを選ぶ際は、コストを重視したいのか、発電効率を重視したいのか、耐久面を重視したいのか、優先順位を決めて検討してみるのが良いかもしれません。

国内と海外メーカーで違いはあるのか?

太陽電池を用いたソーラーパネルの性能の違いは、国内と海外ではそこまで違いはないというのが現状です。ただ、サポートや価格の面では多少違いが出てくる可能性があります。

例えば、海外メーカーのメリットとしては、国内メーカーよりもより安価でソーラーパネルを導入できる可能性が考えられます。ただし、国内のソーラーパネルのシェアはまだまだ国内メーカーが有利。サポート面では国内メーカーを選んだ方がよい場合もあります。国内や国外といった枠組みで比較するよりは、重視する部分を抜き出して比較した方が良いかもしれません。

パネルによって発電量の差はあるの?

さまざまな企業で、さまざまなソーラーパネルが販売されている訳ですが、正直なところ発電量についてはほとんど大差ありません。どちらかというと、太陽電池の種類でもご紹介したように原料の違いが発電量に大きく関係してきます。メーカーごとで発電量を比較するよりは、どういった原料が使用されているかという点に注目した方がよいでしょう。

発電量を考慮したうえで、ソーラーパネルを比較したい場合は、価格面やサポート面、機能面などを考えて検討してみると良いです。

土地付き分譲太陽光発電でのパネルは選べる?

住宅用や自身で土地を用意する場合は、ソーラーパネルの選択肢は広がります。しかし、すでに使用するソーラーパネルが決められている土地付き太陽光発電の場合は、ソーラーパネルを自由に選ぶことは難しいでしょう。ただし、【売電単価をキープした状態でパネル変更が可能に!?】 でもお伝えしたように、パネルを変更しても売電単価が下がる事は無くなったため、土地付き太陽光発電の販売店へ『パネルの変更をしてほしい』といった直談判をしてみても良いかもしれません。

広い土地を用意しなくてよいというのは土地付き太陽光発電のメリットでもありますが、どうしても気になる場合はソーラーパネルの種類から選ぶという方法もあります。初めて太陽光発電に投資する方には少し難しいかも知れませんが、太陽光発電モジュールが詳しく記載されている場合は、土地だけでなく、ソーラーパネルの種類やメーカーも検討要素のひとつとして考えてみても良いかも知れません。

メガ発ではこちらのページからパネル別に物件を見ることができます。
土地付き分譲太陽光物件を探す

よく見られている物件・記事

物件各種ランキング

土地付き分譲太陽光発電お役立ちコンテンツ

ご利用者様の声

ここではメガ発を通じて、土地付き分譲太陽光発電をご購入された方々のお声をご紹介します。

全国の土地付き分譲物件

都道府県毎に分譲物件をお探しいただけます。

北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
甲信越・北陸 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井
東海 愛知 岐阜 静岡 三重
関西 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄