パワコンよりも大きな容量のパネルを設置する「過積載」とは?発電量は増えるの? - 土地付き分譲太陽光発電の投資物件検索サイト - メガ発

パワコンよりも大きな容量のパネルを設置する「過積載」とは?発電量は増えるの?

メガ発で販売している物件でも最近では「過積載」のものが増えてきていますが、「過積載って何?」「どんなメリットがあるの?」と疑問をお持ちの方も多いかと思います。ここでは、そもそも過積載とは何なのか、どんなメリットがあるのかなど、まとめていきます。

まずは、「過積載」が一体何なのか、解説していきます。

過積載とは何か?

「過積載」を簡単に説明すると、『パネル容量70kW、パワコン容量49.5kW』のように、パワーコンディショナーよりも大きな容量のパネルを設置することを言います。パワーコンディショナーよりも大きな容量のパネルを設置することで、パワコンの容量を変えずに発電量を増加させることができます。

パネル容量が50kW超えても低圧

「でも、パネル容量を70kWにすると高圧になるのでは?」と疑問に思った方もいらっしゃるでしょう。

太陽光発電システムは出力大きさによって、50kW未満の「低圧」と50kW以上の「高圧」に分けられます。(正確には2000kW以上の「特別高圧」というのもあります。)
そして、太陽光発電システムの出力は、太陽光パネルとパワーコンディショナーの容量(出力)のいずれか小さい方が採用されます。

つまり、パワコン49.5kWに対して50kW以上のパネルを設置したとしても、太陽光発電システムとしては49.5kWとなるため、過積載の場合でも「低圧」ということになります。

メガ発電でも70kWや80kWの過積載の物件も多く掲載しておりますが、上記の理由から「低圧」として販売しています。

最適容量まで、パネル容量を積み増すことで発電量がアップ!

過積載はパワーコンディショナーよりも大きな容量のパネルを設置することだというのはお分かり頂けたと思います。しかし、ここでもう1つ疑問が出てきます。

それは、
『結局パワコン容量が49.5kWだから意味ないんじゃないの?』
というものです。

確かに、パネルの容量だけ増やしてもパワーコンディショナーの容量が一緒ならば、発電量は変わらないように感じますね。
では、なぜ過積載すると発電量がアップするのか解説していきましょう。

まずは下の画像をご覧ください。
経済産業省の資料では、グラフを用いて発電量が増えることが示されています。

グラフでは横軸が時間、縦軸が発電量となっています。12時付近に発電量が最大になっていることが分かるかと思います。

青線で描かれているのが、パネルとパワーコンディショナーの容量が同じだった場合の発電量です。
次に、赤線で描かれているのが、パネルだけを増やした「過積載」の発電量を示しています。
黄色線で描かれてるのは、赤線よりパネルを増やしたケースです。

赤線の過積載のケースでは、ピーク時にパワーコンディショナーの容量を超えてしまうのでピークカットされているものの、通常の青線と比べて斜線部分の発電量が増加していることが分かります。
ちなみに、ピークカットされた部分は売電することができません。

パワーコンディショナーの容量が同じだとピーク時の発電量は変わりませんが、パネルを積み増すことで発電量が少なくパワーコンディショナーの容量をあまり使えていない時間帯の発電量を増加させることができるため、1日トータルの発電量が増加することになります。

つまり、発電量の全体的な底上げをするというイメージでしょう。

パネルを増やし過ぎには注意

上のグラフの黄色線は赤線よりもパネルを増やした場合ですが、発電量は赤線とほとんど変わらないものの、ピーク時のロス部分だけが大きくなっています。

パネルを増やし過ぎても1日トータルの発電量がそんなに変わらないのであれば、パネル設置にかかった費用が無駄になるだけです。そのため、パネルは積めるだけ積めばいい!というわけではなく、費用対効果を考え、最適な容量を設置することが重要です。

過積載でも保証はされるのか?

過積載でもメーカーの保証の対象になるのかどうか、気になっている方も多いかと思います。

過積載の場合、保証されるかどうかはどのぐらいパネルを積むかにもよりますし、一様に基準が決まっているわけではなく、各メーカーによって異なります。
ここでは、条件を満たしていると、保証対象となるケースを一部紹介しておきます。

カナディアンソーラーでは179%まで積載できる

例えばカナディアンソーラーのシステム保証ですと、最高で過積載率179.7%まで可能となっています。つまり、パワーコンディショナー容量に対して1.797倍までパネルを設置することができるということですね。パワーコンディショナーによっても保証され過積載率は違う点は注意が必要です。

製造メーカー品番相数定格出力最大接続枚数(総最大出力)過積載率
デルタ電子RPI H6J(P)単相5.9kW40枚(10.60kW)179.7%
田淵電機EPU-T99P5-SFL三相9.9kW65枚(17.225kW)173.9%
オムロンCSR55G1B単相5.5kW36枚(9.54kW)173.5%
田淵電機EPC-S55MP3-L単相5.5kW33枚(8.745kW)159%
田淵電機EPC-S99MP5-L単相9.9kW55枚(14.575kW)147.2%
出典:http://eneleaks.com/?p=6392

オムロンは過積載でも保証対象

オムロンのパワーコンディショナーは入力電圧と入力電流の条件を満たせば、定格容量を超えたパネルを接続しても保証対象になる、とホームページにしっかりと記載されています。

過積載が保証されるかどうかで躊躇している方にとっては、オムロンのように「過積載でも保証対象」とはっきりと明記されていると安心感はあるでしょう。
ここ最近では低圧の太陽光発電システムは過積載することが主流となっているので、今後も徐々に過積載を大々的に保証するメーカーは増えてくると予想されます。

オムロンは過積載でも保証 出典:オムロン製パワーコンディショナの過積載対応について|オムロン

また、どのくらいまでパネルを搭載できるのか計算方法まで記載されていますので、詳しくはオムロンのホームページをご覧ください。

過積載を超える「スーパー過積載」とは?

「スーパー過積載」とは普通の過積載よりも多くのパネルを搭載している太陽光発電システムのことですが、明確に積載率が決まっているわけではありません。
一般的には積載率150%あたりを超えたら、まずスーパー過積載と呼ばれるでしょう。例えば、パワコン49.5kWに対してパネル74.25kWを設置した場合、過積載率150%でスーパー過積載となります。

メガ発で販売してる過積載の物件でも、低圧で60kW後半~80kW前半のものが多くなってきており、パワーコンディショナー容量に対する過積載率で言うと140%~175%なので、過積載物件のほとんどがスーパー過積載だと言えます。

200%を超えるスーパー過積載も登場

過積載は固定価格買取制度が始まった後から増えて来たんですが、経済産業省の資料によると、平成26年ではパワーコンディショナー容量に対して過積載率は106%程度が一般的だったようです。これに比べると現在の140%の過積載は正に「スーパー過積載」でしょう。

【パネル対パワーコンディショナーの容量の比率】
0130_p_p02

出典:経済産業省 資源エネルギー庁 調達価格等算定委員会(第17回)‐配布資料より

さらに、現在では過積載率が200%を超える太陽光発電システムも登場してきています。200%というと、つまり、パワーコンディショナー容量の2倍のパネルを設置することですので、どれだけ過積載かが分かると思います。

2倍以上ものパネルを設置して問題ないのか気になる所ですが、実際に過積載率244%の太陽光発電システムを検証しているという記事がありました。

低圧案件で「過積載」比約2.4倍、鹿嶋市の企業が検証を開始-日経テクノロジーオンライン

これから検証していくとのことなので、まだ結果は分かりませんが、パワーコンディショナーに何の問題もなく発電量が大きく伸びるのであれば、今後このような200%を超えるスーパー過積載が増えて来るかも知れません。

まとめ

今回の記事では「過積載」について解説してきました。
固定買取価格が下がり続けていることもあり、現在では過積載が一般的となってきています。
過積載することで、低圧の太陽光発電システムのまま効率よく発電量を増加させることが可能ですので、今後も過積載には注目でしょう。

・過積載をすることで発電量を増やすことができる
・パネル容量がパワコン容量を超えても発電システムは低圧
・パネルの増やし過ぎには注意した方が良い
・過積載するとメーカーによっては保証の対象外になる可能性も
・今後はスーパー過積載が普通になる可能性もある

気になる過積載物件はこちら『過積載物件(65kW以上の低圧物件)』

よく見られている物件・記事

物件各種ランキング

土地付き分譲太陽光発電お役立ちコンテンツ

ご利用者様の声

ここではメガ発を通じて、土地付き分譲太陽光発電をご購入された方々のお声をご紹介します。

全国の土地付き分譲物件

都道府県毎に分譲物件をお探しいただけます。

北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
甲信越・北陸 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井
東海 愛知 岐阜 静岡 三重
関西 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄