太陽光発電投資のメリット・デメリットについて徹底解説 - 土地付き分譲太陽光発電の投資物件検索サイト - メガ発

太陽光発電投資のメリット・デメリットについて徹底解説

太陽光発電投資のメリット・デメリット

太陽光発電投資には他の投資にはないメリットもありますが、もちろんデメリットもあります。太陽光発電投資を始めるためには、メリットだけではなくデメリットもしっかりと把握しておく必要があります。

メリット①:投資利回りが高い

太陽光発電のメリットに利回りの高さがあります。

例えば大まかな考え方ですが、2000万円の融資を受けて土地付き太陽光発電を始めた場合、利回り10%であれば10年で売電金額をもとに2000万円が回収できます。ということは残りの期間10年でさらに2000万円の収入があることからかなりの高利回りの商品になるのです。

電力会社の固定買取制度は20年で終了ですが、すでに元をとって収入まであるのですから、20年以降に売電金額が下がったとしても利回りは高いといえるでしょう。もちろん地域の日照時間や天気によって完ぺきな予測は不可能ですが、逆に太陽光発電がたくさん普及したことで、太陽光パネル設置会社のシュミレーションもかなり正確なものになっているので、収支の予測を立てることが容易になってきています。

メリット②:固定価格買取制度によりローリスク

太陽光発電は設置して電力会社の電力調査を受けた時点で固定買取制度がスタートします。これにより、20年間は同じ価格で電気を買い取ってもらうことができます。

しかも一番のポイントは、国が20年という歳月、固定価格で買い取りを約束していることでしょう。これなら銀行や金融機関から多額の融資を受けていたとしても返済のメドは立つというわけなんです。

天気にはどうしても左右されますが、日々の天気に一喜一憂することなく年間単位で考えればローリスクということになります。銀行や金融機関も十分な返済能力を考えたうえで融資したはずなので、審査に通ったら自分が購入しようと考えている分土地付き太陽光発電は十分に可能性があるという逆説的な考え方もできるでしょう。

また、土地付き太陽光発電は土地と発電システムがセットになっているため、すぐに始めることができ、売電収入が入ってくることもメリットの1つです。

例えば不動産投資だと、建物を購入して賃貸経営を始めても入居者がいなければ家賃が入ってくるはありません。一方、土地付き太陽光発電ならば完成された状態で販売されているため、購入するだけで売電収入が入るのでローリスクな投資と言えます。

メリット③:節税制度が利用できる

太陽光発電は節税制度が利用できる場合があります。

経済産業省が打ち出した制度、それが生産性向上設備投資促進税制です。簡単に言えば生産性を特に向上させると認められた設備投資については節税ができるという仕組みで、50%特別償却または5%の税額控除の適用が可能です。

50%償却で例をあげると、2000万円の太陽光発電設備を購入した場合、1000万円を初年度に経費として計上することができます。大きな利益が出てしまった方には有効な節税手段かと思います。

ただ、節税をする上で一つ注意していただきたいのが、土地付き太陽光発電を設置して売電をはじめる前に所定の手続きを行って下さい。売電を開始した後に手続きを行っても、節税できない可能性が極めて高いです。

※2016年度で50%特別償却は終了しました。

また、節税の恩恵を受けるには青色申告をしている法人や個人が対象となります。節税や控除というと苦手意識がありますが、設備投資をする場合は必ず必要になってくる知識なので、時間に余裕のある方は勉強してみるのも良いですし、逆に本業で忙しい方などは税理士に節税の代理申請をお願いするのもいいでしょう。

デメリット①:出力抑制

太陽光発電のデメリットの一つに出力抑制があります。

出力抑制は発電された電力を買い取る側の電力会社が需要に対して電力の供給が多すぎる場合に限って、火力発電の発電量を抑えます。それでも尚電気の供給量が多すぎると判断した場合は再生可能エネルギーすなわち太陽光発電の売電を絞るということになるのです。

しかし実際出力抑制が実施されたのは平成28年時点で九州の一部離島のみとなっています。つまり、現段階ではめったに起こることのないパターンだと言ってもいいでしょう。さらに出力抑制は火力発電やバイオマス発電といったその他電源とのバランスがあるので、集中して太陽光発電だけ出力抑制に踏み切る可能性は考えにくいと言えます。

以下は九州電力が2016年7月に発表した「優先給電ルールの考え方について」に記載されていた出力抑制が実施される順番です。

(画像引用:優先給電ルールの考え方について 九州電力)

この様に離島など特殊な環境を除いた場合、太陽光発電の抑制がかかることは非常に稀なケースといえます。

解決策

ただ、『出力抑制がかからない可能性は低いと理解したけど、それでも心配』という方は『出力抑制保険』という商品があります。この保険に入っていれば銀行や金融機関からの融資も下りやすくなるという話もあります。さらに金利も低くなる可能性もありますので、検討する価値は十分にありそうです。

デメリット②:20年後はどうなるのか?という問題

太陽光発電のデメリットに20年後は?という考えがあります。順調に銀行や金融機関から融資も下りて20年間の売電金額も固定買取で保障されますが、20年後はどうなるのか今のところ不明となっています。

しかし太陽光発電の固定買取システムがスタートしてからすでに5年近くになります(2017年時点)。今までのシステムを振り返ってみるとある程度の予測はつきます。例えば太陽光パネルの劣化状況や発電量の下がり具合、さらにこれまでの太陽光発電の増加状況などです。

つまり5年近くになったからといって太陽光発電市場が縮小するどころか、屋根に設置にとどまらず野立てや分譲型というマンションタイプの投資にまで発展しているのです。つまりそれだけ再生可能エネルギーを増やしても日本は電力不足だということなんです。

日本の政府は2030年までに総発電力における再生可能エネルギーの比率を22~24%までに引き上げる目標を掲げています。
2015年時点で再生可能エネルギーが占める割合は14.6%、また水力発電を除いた場合6%となり、その内太陽光発電は3.4%となっています。

(画像引用:「主要国の再生可能エネルギーの発電比率」 | 経済産業省「再生可能エネルギーの大量導入時代に おける政策課題について」より)

ただ、今後大型の水力発電の開発余地は大きいといえず、また山間部の多い日本においては風力発電も設置箇所が限られています。
このため、太陽光発電は2030年まで増加することはもちろん、その後固定価格買取期間の20年が過ぎたからといって電力会社が太陽光発電の電気を買取停止する可能性はかなり低いと予想されます。

また太陽光発電の1kWhあたりの発電コストは年々低下、2030年の太陽光発電1kWhあたりのコスト目標を7円/kWhとしています。


(画像引用 「太陽光発電のコスト低減イメージ」 | 経済産業省「再生可能エネルギーの大量導入時代に おける政策課題について」より)

これは現在安いとされている火力発電のコストより低くなることを意味していますので、電力会社からみても自前で発電所を建設し発電するよりも太陽光発電の電力を買い取るメリットがあるということになります。


(画像引用 「設備利用率と発電コストの相関関係(石炭・LNG火力)」 | 経済産業省「火力発電に係る昨今の状況」より)

20年後も発電事業を継続するという考え方

以上の理由から太陽光発電事業をおこなう投資家の中には、20年を超えて30年で事業計画をたてている方もいます。

同じ利回りなら売電単価が低い発電所の方が有利!?

私は固定価格買取期間20年を超えて、30年間に渡って発電所をメンテナンスしながら運営していくことを考えています(もちろん途中で売却する可能性もありますが)。

21年目以降は当初の売電単価では売電ができません。例えば税抜40円で20年間売電してきた後、単価が税抜10円になったとします(もしかしたら一桁円かもしれません)。

21年目以降は売電収入は約4分の1に下がってしまいます。一方、税抜21円で20年間売電してきた場合は約半分程度の収入の低下で済みます。 このように、低い売電単価で上手く仕込むことができれば、固定価格買取期間の終了後の収入の落差を小さくすることができます。

また、導入コストの低下により発電所全体の価格も低下しているので、従来は難しかった融資のハードルも(多少なりとも)下がることになります(必要な融資額が少なくて済みます)。特に、信販会社のソーラーローンは一案件当たりの融資金額に上限がありますので、その枠の範囲に収まりやすくなります。

私としては、固定価格買取制度の下で売電単価が数年後に10円台になっても、もし同じような利回りが確保できるなら継続的に規模拡大に力を入れていくつもりでいます。

太陽光施工業者さんの選定については、倒産リスクに鑑み、今後はより一層慎重に行わなければなりませんが、実績のある有力な施工業者さんの協力を得ることができれば、これから良い案件を仕込める人の方がお得になる可能性は十分にあると言えます。

(引用:「2017年からでも遅くない!売電単価が低下した今だからこそ投資すべき理由とは?サムライ大家の野立て太陽光発電投資法を公開します!」 | メガ発コラム 著者名:サムライ大家)

デメリット③:天候の影響を受ける

太陽光発電のデメリットに天候・天災の影響を受ける点があります。

太陽光発電パネルは太陽光で発電します。当たり前ですが、夜になると太陽がないため発電できません。しかし最近の太陽光パネルは最大出力が上がっているので、ほんの少しの日の出から日没ギリギリまで発電することが可能になりました。

つまり太陽光パネルの最大出力が250Wと300Wのタイプがあるとします。当然、最大出力の高い300Wのパネルのほうが多く発電できるわけです。

また、雨の日でも雲さえ厚くなければ太陽の光はパネルに届いていますので、そんな時でも太陽光発電は力を発揮します。

解決策

もちろん日本は台風の影響も受けますが、台風は一瞬で過ぎていくものです。年中あるものではありません。もし被害を受けた場合でも、あらかじめ自然災害保険や売電補償に加入しておくことでカバーできます。ですから天候・天災の影響を受けるとは言っても、1年のうちのわずか何日間かのデメリットにすぎませんし、保険で十分な補填ができるのです。

また現在、太陽光発電の主流となっているものに、パネルの過積載という方法があります。

これは、パワーコンディショナーよりも大きい発電容量のパネルを積載することで多少のムダが発生してもなるべく多くの発電量を稼ぐ方法となっています。
パワコンよりも大きな容量のパネルを設置する「過積載」とは?発電量は増えるの?

この方法を用いることで、天候が少々悪くなったとしても従来よりも多くの発電量を得ることができます。

太陽光発電をしないことでデメリットはあるのか?

少し視点を変えて、逆に太陽光発電に投資しない場合のデメリットがあるのか?を考えてみましょう。

世間では、再生可能エネルギーが注目を集めてきています。『ご近所の家が太陽光パネル設置している』、『近くに野立ての太陽光発電設備ができた』と感じている人も多くなっています。もしくは、既に売電開始をして収益を得ているなんて人もいると思います。それほどまでに急速に太陽光発電の導入は増加しています。

上記で「太陽光発電のメリット」として「利回りが高い」ことを挙げましたが、なぜこの利回りを出すことができるのか?
それは「太陽光発電の売電価格・買取価格が高い」ということに理由があります。

みなさんがご家庭で使っている電気は、プランや世帯数による使用量にもよりますが基本料金を含んだ場合、電力会社から1kWhあたり25円程度で購入しています。

しかし、太陽光発電システムで作った電気は電力会社へ22.68円~43.2円/1kWhで売電することができます。(売電額(固定買取価格)は設備認定の取得年度で異なる)

つまり、太陽光発電を所有している方は電力会社から電気を買う値段よりも電力会社に電気を売る値段が高いということになります。
これを10kW未満は10年間、10kW以上であれば20年間、電力会社買い取ることが決まっています。

再生可能エネルギー発電促進賦課金

上記から電力会社が電気を買い取る値段と売電する値段に差額が生じていることが分かると思います。この差額の費用は電気を売電している・していない関係なく、国民全体から再エネ発電賦課金という形で電気料金から徴収しています。

再エネ賦課金は平成24年の固定価格買取制度と同時に始まり、毎年経済産業省から発表されています。その価格は再生可能エネルギー発電の普及と共に以下の様な推移で年々増加しています。

年度 再エネ賦課金単価 昨年比 標準家庭の負担(260kWh/月)
年額 月額
平成24年度 0.22円/kWh 686円 57円
平成25年度 0.35円/kWh 0.13円(約60%)増 1,092円 91円
平成26年度 0.75円/kWh 0.4円(約115%)増 2,340円 195円
平成27年度 1.58円/kWh 0.83円(約110%)増 4929円 410円
平成28年度 2.25円/kWh 0.67円(約42%)増 7020円 585円
平成29年度 2.64円/kWh 0.39円(約17%)増 8232円 686円

平成29年5月分から平成30年4月分までは、標準的な家庭で一ヶ月の電力使用量が260kWhとして計算した場合、年額8,232円、月額686円。
前年度と使用量が同じだった場合、年額7,020円、月額585円と年間1,212円増加したことになります。

日本より先に固定価格買取制度を導入したドイツでは、総発電量のうち再生可能エネルギーの占める割合は23%あり再エネ発電賦課金は年々上昇しています。 いまでは、標準世帯の賦課金は3万円前後/年間まで増加しています。

日本の賦課金もまだまだ上昇すると予測されており、太陽光発電を導入している人は売電収益と相殺する事が出来ますが、導入していない人にとっては負担額が単純に増えるデメリットが発生するということです。

よく見られている物件・記事

物件各種ランキング

土地付き分譲太陽光発電お役立ちコンテンツ

ご利用者様の声

ここではメガ発を通じて、土地付き分譲太陽光発電をご購入された方々のお声をご紹介します。

全国の土地付き分譲物件

都道府県毎に分譲物件をお探しいただけます。

北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
甲信越・北陸 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井
東海 愛知 岐阜 静岡 三重
関西 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄