太陽光発電投資のメリット・デメリットについて徹底解説 - 土地付き分譲太陽光発電 - メガ発

太陽光発電投資のメリット・デメリットについて徹底解説

太陽光発電投資のメリット・デメリット

太陽光発電投資には他の投資にはないメリットもありますが、もちろんデメリットもあります。太陽光発電投資を始めるためには、メリットだけではなくデメリットもしっかりと把握しておく必要があります。

メリット①:利回りが高い

太陽光発電のメリットに利回りの高さがあります。

例えば大まかな考え方ですが、2000万円の融資を受けて土地付き太陽光発電を始めた場合、利回り10%であれば10年で売電金額をもとに2000万円が回収できます。ということは残りの期間10年でさらに2000万円の収入があることからかなりの高利回りの商品になるのです。

電力会社の固定買取制度は20年で終了ですが、すでに元をとって収入まであるのですから、20年以降に売電金額が下がったとしても利回りは高いといえるでしょう。もちろん地域の日照時間や天気によって完ぺきな予測は不可能ですが、逆に太陽光発電がたくさん普及したことで、太陽光パネル設置会社のシュミレーションもかなり正確なものになっているので、収支の予測を立てることが容易になってきています。

メリット②:固定買取制度でローリスク

太陽光発電は設置して電力会社の電力調査を受けた時点で固定買取制度がスタートします。これにより、20年間は同じ価格で電気を買い取ってもらうことができます。

しかも一番のポイントは、国が20年という歳月、固定価格で買い取りを約束していることでしょう。これなら銀行や金融機関から多額の融資を受けていたとしても返済のメドは立つというわけなんです。

天気にはどうしても左右されますが、日々の天気に一喜一憂することなく年間単位で考えればローリスクということになります。銀行や金融機関も十分な返済能力を考えたうえで融資したはずなので、審査に通ったら自分が購入しようと考えている分土地付き太陽光発電は十分に可能性があるという逆説的な考え方もできるでしょう。

また、土地付き太陽光発電は土地と発電システムがセットになっているため、すぐに始めることができ、売電収入が入ってくることもメリットの1つです。

例えば不動産投資だと、建物を購入して賃貸経営を始めても入居者がいなければ家賃が入ってくるはありません。一方、土地付き太陽光発電ならば完成された状態で販売されているため、購入するだけで売電収入が入るのでローリスクな投資と言えます。

メリット③:節税制度が利用できる

太陽光発電は節税制度が利用できる場合があります。

経済産業省が打ち出した制度、それが生産性向上設備投資促進税制です。簡単に言えば生産性を特に向上させると認められた設備投資については節税ができるという仕組みで、50%特別償却または5%の税額控除の適用が可能です。

50%償却で例をあげると、2000万円の太陽光発電設備を購入した場合、1000万円を初年度に経費として計上することができます。大きな利益が出てしまった方には有効な節税手段かと思います。

ただ、節税をする上で一つ注意していただきたいのが、土地付き太陽光発電を設置して売電をはじめる前に所定の手続きを行って下さい。売電を開始した後に手続きを行っても、節税できない可能性が極めて高いです。

また、節税の恩恵を受けるには青色申告をしている法人や個人が対象となります。節税や控除というと苦手意識がありますが、設備投資をする場合は必ず必要になってくる知識なので、時間に余裕のある方は勉強してみるのも良いですし、逆に本業で忙しい方などは税理士に節税の代理申請をお願いするのもいいでしょう。

デメリット①:出力抑制

太陽光発電のデメリットの一つに出力抑制があります。

出力抑制は発電された電力を買い取る側の電力会社が需要に対して電力の供給が多すぎる場合に限って、火力発電の発電量を抑えます。それでも尚電気の供給量が多すぎると判断した場合は再生可能エネルギーすなわち太陽光発電の売電を絞るということになるのです。

しかし実際出力抑制が実施されたのは平成28年時点で九州の一部離島のみとなっています。つまり、現段階ではめったに起こることのないパターンだと言ってもいいでしょう。さらに出力抑制は火力発電やバイオマス発電といったその他電源とのバランスがあるので、集中して太陽光発電だけ出力抑制に踏み切る可能性は考えにくいと言えます。

ただ、『出力抑制がかからない可能性は低いと理解したけど、それでも心配』という方は『出力抑制保険』という商品があります。この保険に入っていれば銀行や金融機関からの融資も下りやすくなるという話もあります。さらに金利も低くなる可能性もありますので、検討する価値は十分にありそうです。

デメリット②:20年後はどうなるのか?という問題

太陽光発電のデメリットに20年後は?という考えがあります。順調に銀行や金融機関から融資も下りて20年間の売電金額も固定買取で保障されますが、20年後はどうなるのか実は誰にもわかりません。

しかし太陽光発電の固定買取システムがスタートしてからすでに5年近くになります。今までのシステムを振り帰ってみるとある程度の予測はつきます。例えば太陽光パネルの劣化状況や発電量の下がり具合、さらにこれまでの太陽光発電の増加状況などです。

つまり5年近くになったからといって太陽光発電市場が縮小するどころか、屋根に設置するだけでは飽き足らずに野立てや分譲型というマンションタイプの投資にまで発展しているのです。つまりそれだけ再生可能エネルギーを増やしても日本は電力不足だということなんです。

今でも原発は再稼働しないと電力をまかなえない状況なんです。これから順調に太陽光発電が増えていって20年の固定買取が終了しても、電力会社は太陽光発電から発電された電力を買い取るほうが火力発電を稼働させるより安い単価になるんです。

また、2016年4月から電力自由化がはじまりました。平成28年11月時点で小売電気事業者に登録している企業数は360社以上います。万が一、大手電力会社が買い取ってくれないなら、新電力(PPS)事業者に太陽光発電した電気を売ることで、安定した収益を得ることも可能です。

デメリット③:天候の影響を受ける

太陽光発電のデメリットに天候・天災の影響を受ける点があります。

太陽光発電パネルは太陽光で発電します。当たり前ですが、夜になると太陽がないため発電できません。しかし最近の太陽光パネルは最大出力が上がっているので、ほんの少しの日の出から日没ギリギリまで発電することが可能になりました。

つまり太陽光パネルの最大出力が250Wと300Wのタイプがあるとします。当然、最大出力の高い300Wのパネルのほうが多く発電できるわけです。

また、雨の日でも雲さえ厚くなければ太陽の光はパネルに届いていますので、そんな時でも太陽光発電は力を発揮します。

もちろん日本は台風の影響も受けますが、台風は一瞬で過ぎていくものです。年中あるものではありません。もし被害を受けた場合でも、あらかじめ自然災害保険や売電補償に加入しておくことでカバーできます。ですから天候・天災の影響を受けるとは言っても、1年のうちのわずか何日間かのデメリットにすぎませんし、保険で十分な補填ができるのです。

よく見られている物件・記事

物件各種ランキング

土地付き分譲太陽光発電お役立ちコンテンツ

ご利用者様の声

ここではメガ発を通じて、土地付き分譲太陽光発電をご購入された方々のお声をご紹介します。

全国の土地付き分譲物件

都道府県毎に分譲物件をお探しいただけます。

北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
甲信越・北陸 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井
東海 愛知 岐阜 静岡 三重
関西 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄