太陽光発電活用で年金対策 - 土地付き分譲太陽光発電 - メガ発

太陽光発電活用で年金対策

年金をもらえる額や年金の支給開始時期が遅くなっていることから、定年後にも働き口を探している人が多くいます。最近では、厚生労働相が年金受給年齢を75歳程度までの繰り下げ選択できるようにする検討をしています。受給される金額はあがりますが、ホントにもらえるかどうかがわかりません

田村厚生労働相は13日午前、閣議後の記者会見で、基礎年金の受給開始時期を受給者の判断で遅らせ、その分だけ年金支給額を増やせる現行制度について、75歳程度までの繰り下げが選択できるようにすることを検討する方針を明らかにした。

引用元:YOMIURI ONLINE 年金受給「75歳まで繰り下げ」選択を検討へ

定年後から夫婦で平均年齢まで生きたとすると、生活費だけで5000万円から7000万円ぐらい必要だといわれています。これは、あくまで生活費だけで、レジャーや旅行を楽しもうと思ったら更に費用がかかり、1億円近くは確保しなければならないと言われています。

退職金や年金を合わせても、確保するのは難しい額になります。そこで、注目を集めているのが太陽光発電投資や不動産投資を活用した、私的年金対策になります。老後の生活を考えて、年金以外に毎月安定した収入を得ることができることから注目度が高いです。

特に太陽光発電投資は作った電気を20年間、電力会社が買い取ることを国が保証していますのでリスクが低く、利回りが高いことで人気が高いです。

なぜ年金対策になるのか?

年金対策になる理由として、50kW程度の低圧の太陽光発電システムをフルローンで15年間の期間で組んだとしても、月々の支払いよりも売電収入の方が多く入ってきます。そのお金と退職時の退職金等を活用して、一括清算してしまえば月々の売電収入が丸々手元に残ってきますので、生活費にあてることができます。

低圧50kwの太陽光発電だと、20年間のキャッシュ収支は平均で1500万円から2000万円程度でこの額がお手元に残ってくることになります。

導入を検討するなら早めの計画

年金対策でとして利用できる太陽光発電ですが、年金対策として活用するには定年を迎えるまえに行動する必要があります。定年後にローンが残っている場合、月々の手取りとしては少なくなるからです。定年前にローンおを終わらせて、売電収入がまるまる入ってくる形をつくるのが理想です。もちろんローンには金利がありますので早めに返済したほうが手元に残るキャッシュも多くなります。

また、投資に最適と言われる土地付き太陽光発電自体も運用ルールの変更により、設置が難しくなってきていますので、検討されている方は早めに行動することをオススメします。

よく見られている物件・記事

物件各種ランキング

土地付き分譲太陽光発電お役立ちコンテンツ

ご利用者様の声

ここではメガ発を通じて、土地付き分譲太陽光発電をご購入された方々のお声をご紹介します。

全国の土地付き分譲物件

都道府県毎に分譲物件をお探しいただけます。

北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
甲信越・北陸 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井
東海 愛知 岐阜 静岡 三重
関西 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄