【平成28年】太陽光発電の買取価格に関して【2016年度調達価格等算定委員会】 - 土地付き分譲太陽光発電 - メガ発

【平成28年】太陽光発電の買取価格に関して【2016年度調達価格等算定委員会】

経済産業省は2月4日、2016年度における固定価格買取制による再生エネルギーの買取価格に関して議論する「調達価格等算定委員会(第21回)」を開催しました。

10kW以上の太陽光発電のシステム費用水準に関する分析

まず、これまでの固定価格は、”効率的に事業を実施した案件の水準を採用するため、最新期の1,000kW以上のシステム費用の中央値を採用し、翌年度の買取価格を決定”しています。

ただ、制度開始当初、費用が大きく分散していた10kW以上全体のコスト低減化が進み、10kW以上全体と1000kW以上の中央値の価格差が、2012年度には13.1万円/kWから、2015年度には3.8万円まで縮まってきています。

システム費用の想定値とそれぞれの年の10kW以上の分布図
2012年は上位5~6%、2013年は上位9%、2014年は上位19~20%、2015年は上位29%に相当。

analytics_01

出典:資料1 前回のご指摘事項について(経済産業省)

この様に、今まで想定値として使用してきた「最新期の1,000kW以上のシステム費用の中央値」が目標に値する、いわゆるトップランナー的な数値ではなくなったため、”より効率的なシステム費用を想定値として採用するアプローチが必要ではないか”と議論されています。

2016年度の買取価格予想

ただ現状価格の維持では、”コスト削減の促進”が図れず、また、さらなる価格下落は”持続的な導入量の確保”が困難になるとみられており、以下の3つの参考価格で提示されています。

analytics_02

  • 1000kW以上の上位35%、10kW以上全体の20%相当…26.8万円/kW
  • 1000kW以上の上位25%、10kW以上全体の15%相当…25.1万円/kW
  • 1000kW以上の上位15%、10kW以上全体の9%相当…23.2万円/kW

買取価格は

  • 2012年:40円
  • 2013年:36円
  • 2014年:32円
  • 2015年6月まで:29円
  • 2015年7月以降:27円

と毎年4~5円下げで推移しており、2015年度の想定値が29万円/kWで27円まで下落したことから、2016年度の買取価格は24円前後で調整される見通しとなっています。

物件各種ランキング

土地付き分譲太陽光発電お役立ちコンテンツ

ご利用者様の声

ここではメガ発を通じて、土地付き分譲太陽光発電をご購入された方々のお声をご紹介します。

全国の土地付き分譲物件

都道府県毎に分譲物件をお探しいただけます。

北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
甲信越・北陸 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井
東海 愛知 岐阜 静岡 三重
関西 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄