メーカー・施工会社が倒産したらどうなるの? - 土地付き分譲太陽光発電 - メガ発

メーカー・施工会社が倒産したらどうなるの?

結論から申し上げますと設備認定の取消しが行なわれ、売電できなくなる可能性があります。設備認定の項目にメーカーが保証を行える状態であることが必要とされているためです。

しかし、他のメーカーや施工会社が故障時の対処を行なえるようにすれば、設備認定の項目を満たすことができますので、引き続き売電することができます。

メンテナンス体制が変更になったどうなる?

メンテナンス行なうメーカーや施工会社が変更になった場合、変更申請の手続きを行なう必要があります。また上記に記したように施工会社やメーカーが破綻した場合、メンテナンス体制がなくなってしまいますので、メンテナンス体制を自ら整える必要があります。

メンテナンス体制が整っていないからと言ってすぐに売電出来なくなると言うわけではありませんが、認定の取消しが行なわれる可能性があるということを理解しておきましょう。もちろん、メンテナンス体制を整えていれば問題ありませんのであらかじめ考えておくといいでしょう。

倒産によるデメリットありますか?

メーカーが倒産したら、製品保証やモジュールの出力保証がなくなる可能性があがります。つまり、修理や交換の際に無条件で費用がかかってしまいます。メーカーによっては、保険会社や製造元と万が一に破綻した場合の保証体制を整えているところあります。

そういったケースがないのが一番ですが、あった時のためにご自分である程度の対策を整えておくと、いざと言う時に役立ちます。

よく見られている物件・記事

物件各種ランキング

土地付き分譲太陽光発電お役立ちコンテンツ

ご利用者様の声

ここではメガ発を通じて、土地付き分譲太陽光発電をご購入された方々のお声をご紹介します。

全国の土地付き分譲物件

都道府県毎に分譲物件をお探しいただけます。

北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
甲信越・北陸 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井
東海 愛知 岐阜 静岡 三重
関西 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄