あと1、2年で太陽光発電ブームが終わるって本当ですか? - 土地付き分譲太陽光発電 - メガ発

あと1、2年で太陽光発電ブームが終わるって本当ですか?

結論から言うと、2014年度でブームが終わる可能性は充分にあります。固定価格買取制度が導入された初年度買取価格は、予想を上回る40円(税抜)でした。これは、施行後3年間は再生可能エネルギーの供給者の利潤を特に配慮するという基本方針があり、今年度がその最後の年にあたります。

今年度の産業用の買取価格は32円(税抜)ですが、それでも充分プレミア価格です。しかし、来年度以降は大きく買取価格が下がる可能性があります。買取価格が下がれば、それだけ導入するメリットが少なくなります。

グリーン投資減税の終了?

プレミアム期間最後の年にあわせて、グリーン投資減税の即時償却も同時に終了することがブームの終わりに追い討ちをかけています。法人での購入者は、買取価格というよりも節税対策で購入を検討する方が多くいました。

その理由として、即時償却を行なうことができることにあります。グリーン投資減税自体も平成28年3月31日で終了してしまいますので、それ以降は節税対策としてのメリットが少なくなります。

土地付き太陽光発電も無くなる

プレミアム期間は今年度で終わりますが、来年度の初期の方であれば、既に設備認定を取得して買取価格が高い土地付き太陽光発電システムがある可能性があります。土地付き太陽光発電は投資用・節税用として注目をされている商品ですが数には限りあります。

設備認定の取消しを行なうことも運用ルールに組み込まれましたので、土地付きの太陽光発電でも長い期間、市場に出回ることは難しいでしょう。

どちらにしても後1、2年で大きな転機が訪れることは確かです。その結果がどうなるかわかりせんが、個人で投資用として行なうのは厳しくなるかもしれません。

よく見られている物件・記事

物件各種ランキング

土地付き分譲太陽光発電お役立ちコンテンツ

ご利用者様の声

ここではメガ発を通じて、土地付き分譲太陽光発電をご購入された方々のお声をご紹介します。

全国の土地付き分譲物件

都道府県毎に分譲物件をお探しいただけます。

北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
甲信越・北陸 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井
東海 愛知 岐阜 静岡 三重
関西 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄