NHKスペシャル 脱炭素革命の衝撃

著者名:
Tomatosoup
公開日:
閲覧数:
1828

NHKがまた面白い特集をやりました。NHKスペシャルの特集で、パリ協定をテーマにし、日本が温暖化対策の分野で後進国になりつつあることの告発です(激変する世界ビジネス 脱炭素革命の衝撃)。この前のクローズアップ現代「中国再エネが日本を飲み込む」(前回の私のブログ)に続いて再エネ関係の特集で、メガ発読者の皆さんで見られた方も多いと思います。

 

パリ協定と言うとトランプ大統領が離脱宣言したことが有名ですが、中身を知っている人は案外少ないのではないでしょうか。「地球の温度上昇を産業革命前から2度以内に(できれば1.5度以内に)抑えよう」という協定ですが、そう言われても実感が湧きませんね。もう少し具体的に言うと、温度上昇を2度以内に抑えるために石油や石炭、天然ガスなどの炭素の燃焼をやめる、2050年までにほとんど脱炭素することを約束するものです。

 

注目すべき点は、パリ協定以来、多くの国・企業が一斉に脱炭素ビジネスに転向・投資し始めたことです。例えば、パリ協定によりRE100という活動が始まりました。これは企業単位で参加する活動で、その会社の活動が再生可能エネルギー100%で賄われることを目指すものです。企業活動が全て再生可能エネルギーで賄われるためには、調達材料や他会社からの協働活動も全て再生可能エネルギーで賄われなければなりません。火力発電を行っている電力会社から電気を買っているとRE100を達成できないということです。このため、RE100に参加する企業は再生可能エネルギーに積極的でない会社との取引を忌避するようになっています。更に、これからRE100のような企業活動が活発化すると見込んだ投資機関がこの分野に積極的に投資し始めていますので、新しい大きなビジネスチャンスが生まれようとしています。

 

アメリカはトランプがパリ協定から離脱宣言しましたが、個別の会社では脱炭素活動に熱心なところが多く、RE100に参加してこのビジネスチャンスを捉えようとしています。うまいことやりますね。日本はと言うと、全く乗り遅れているようです。何せ石炭火力を輸出しようとしている状況ですからね。パリ協定に熱心でない日本は取引においても投資においても世界から相手にされなくなり始めているようです。

 

この番組、結構いい線をついていると思いました。日本国内でパリ協定の話をしても盛り上がらないですからね。この番組を見て、もっと意識が高まってくることを望みますが・・・。

 

さて、パリ協定に向けて私たちは一体どうしたらよいのでしょう。メガ発の読者さんなら私と同じように太陽光発電所を持っているか、これから持とうとしている人達だと思います。個人でできることなんて知れていると思いますが、とにかく太陽光発電所を増やすのに貢献すること、持っている発電所を健全に運営していくことは重要だと思います。これならできそうですね。後は自分の周りでもできるだけ再生可能エネルギーを使っているものを優先して買うようにすることぐらいでしょうか。

 

私も電力の購入を自然電力に変えようかなぁ。

 

Pocket

最新記事

太陽光発電と仮想通貨

著者名:
Tomatosoup

仮想通貨と言うとビットコインが有名で、何か投機的なことを連想してしまいますが、ここで取り上げる話はちょっと違います。仮想通貨の管理に使われているブ…

続きを見る→

このコラムニストの記事