2018年8月の太陽光発電状況

著者名:
Tomatosoup
公開日:
閲覧数:
1124
Pocket

暑い8月が終わりましたね。8月の私の野立て発電所の発電量状況をまとめましたので、比較参照にご利用ください。パネル1kWあたりの一日発電量を求めると比較できます。

 

  • 発電所データ
    場所:茨城県筑西市
    容量:太陽光パネル60.48kW、パワコン49.5kW
    売電:税抜36円(2016年からエナリスに37.5円で売電)

 

  • 2018年8月の毎日の実発電量

パネル1kWあたりの一日平均発電量は3.904kWh。私の自宅の太陽光発電の4.142kWhを少し下回りました。確かに先月の関東地方は海側(千葉県、茨城県)の方が少し天気が悪かったと思います。

 

  • 設置以来の毎月の平均一日発電量(kWh)推移(パネル1kWあたり)

8月だけで見ると、この5年間で最大の発電量となりました。先月も最大だったので2ヵ月連続です。しかし、今年はこれまでが不調だったので、少し稼いでもらわないと・・・。

 

  • 設置以来の毎月の最大一日発電量(kWh)推移(パネル1kWあたり)

パネル劣化が無いかの検証に最大の推移を見ていますが、例年とあまり変わらないので劣化は無いと見られます。

 

  • 投資回収率は2018年7月までの50か月で 59.8%(運転経費を考慮していません) 。100%回収に要する全期間は83.6ヵ月。運転経費率を売り上げの20%(実際は15%ほどです)とすると100%回収にかかる全期間は推定104ヵ月。9年以内に元が取れる見込みです。

 

Pocket

最新記事

このコラムニストの記事