太陽光パネルのリサイクル

著者名:
Tomatosoup
公開日:
閲覧数:
90
Pocket

太陽光パネルをCO2排出ゼロで95%リサイクルできる熱分解装置が開発されたという記事がありました(新見ソーラー、CO2排出ゼロの廃パネル分解装置完成)。

簡単な記事なので、どのような仕組みで排出ゼロにできるのか分かりませんが、単なる廃棄処理でなくリサイクルまでできるというのは魅力的です。年間約2000トンのパネルを処理できる装置で3億5000万円らしいです。これがビジネスにのるのかどうか分かりませんが、可能性のある技術の1つだと言えるでしょう。

 

私はパネルの廃棄処理やリサイクルについては、大量パネルが出てこないとビジネスにならないのではないかと思っています。一般的には産業用太陽光の卒FIT始まる2030年頃からパネルの大量廃棄が始まると言われていますが、パネルの耐久性を考えると、実際に大量廃棄が始まるのは更に先の2040年頃になるのではないかと考えられます。それまでも少しずつパネル廃棄が増えるでしょうから、その中でリサイクルがいろいろ試行され、やがて技術もビジネスも確立していくことになるでしょう。

 

それに向けて、可能性のある技術が開発されていると言うことが嬉しいですね。

 

Pocket

登録20,000名突破!メガ発のお得な無料会員登録

太陽光発電投資をはじめたいけど、どうすればよいのか、どんな物件を選べばよいのか、悩まれている方も多いでしょう。

太陽光発電について誰に相談してよいかわからない方、まずはメガ発の無料会員登録でメルマガを受け取りませんか?

無料登録イメージ

■会員登録するとこんなサービスが受けられます!

  1. 太陽光発電投資のすべてがわかる無料ebookプレゼント
  2. 会員様限定の非公開物件の閲覧可能
  3. ご希望の物件が追加されたタイミングでプッシュ通知にてお知らせ
  4. お得なキャンペーン・セミナー・新着物件・クローズド案件のメルマガ配信

■こんな方におすすめ

  • 年収があまり高くない…⇒年収は300万円以上からOK
  • 既に融資をかなり組んでいる…⇒信販会社のローンが組めるため、ローン残債や借り入れが多い方でも融資可能
  • リスクが心配⇒固定価格買取制度によって買取期間と単価が保障されているため長期安定投資
  • 発電所を建てる土地は?⇒土地を所有していなくても土地と太陽光発電設備がセットになっている商品のため土地仕入れの手間なし
  • 遠方の物件はちょっと…⇒業界最大級の物件取扱数なので各地域、様々な条件で物件をお選びいただけます。

※土地の有効活用、処分を考えている方のご相談も承ります。

最新記事

このコラムニストの記事