太陽光発電の廃棄問題?

著者名:
Tomatosoup
公開日:
閲覧数:
173
Pocket

先日、下記のような記事がありました(太陽光発電「終活」に難題 2030年代、廃棄費用足りぬ恐れ)。

つまり、太陽光発電の廃棄問題ですね。

斜面に設置された太陽光発電が、FIT期間が終了したら放置されて、不法投棄や災害誘発に繋がる恐れがあるというような内容です。まず私の第一印象を言うと、記事では斜面に設置され災害リスクがある太陽光発電所が全国で1600カ所あるとなっているけれど、1600カ所って全体の何%ぐらいなのかな、と言う点です。

 

統計によると2021年までに日本に78GWの太陽光発電が導入されたらしいので、例えば1カ所あたり1MWとして、全体で78000施設となります。そうすると記事で言っている危険施設の1600カ所は2%ぐらいと言うことになりますね。正しいとは言えませんが、そんなに大きく外れていない値だと思います。

 

2%であっても危険なものは対策が必要な訳ですが、それがまだ講じられていないので問題だ、と言うことになります。そこまでは正しいですね。

 

ただ、現実には太陽光発電に限らず、2%ぐらいのものに危険性があるというのは想定しないといけない範囲で、行政指導ななどで是正していかなければなりません。問題は、このような危険な設置をしている太陽光は、不良業者が運営している場合が多く、指導に応じない不良業者にどう対応するかというのが難しい点でしょう。

 

一方、この記事は途中からパネル廃棄の一般論にすり替わってしまって、問題点がぼけてしまっている感がありますが、パネル廃棄は一般論として国を挙げて取り組んでもらって、このような2%かその一部の危険設置の不良業者に対しては、個別に強力に対処していくしか無いと思います。

 

不良業者に対しては、みんなで対抗していかなければなりません。業界はもちろん、国や地方自治体、更に地域の人が協力して、不良設置・不良業者を摘発し対処していくことが必要だと思います。

 

パネル廃棄の問題については、現在でもいろいろ技術開発されていて、問題は無いと私は見ています。

 

この記事は焦点がぼけてしまっているだけで無く、パネルの廃棄問題が解決されていなくて太陽光発電は問題であるかのような表現になっているのが残念でした。

 

 

Pocket

登録20,000名突破!メガ発のお得な無料会員登録

太陽光発電投資をはじめたいけど、どうすればよいのか、どんな物件を選べばよいのか、悩まれている方も多いでしょう。

太陽光発電について誰に相談してよいかわからない方、まずはメガ発の無料会員登録でメルマガを受け取りませんか?

無料登録イメージ

■会員登録するとこんなサービスが受けられます!

  1. 太陽光発電投資のすべてがわかる無料ebookプレゼント
  2. 会員様限定の非公開物件の閲覧可能
  3. ご希望の物件が追加されたタイミングでプッシュ通知にてお知らせ
  4. お得なキャンペーン・セミナー・新着物件・クローズド案件のメルマガ配信

■こんな方におすすめ

  • 年収があまり高くない…⇒年収は300万円以上からOK
  • 既に融資をかなり組んでいる…⇒信販会社のローンが組めるため、ローン残債や借り入れが多い方でも融資可能
  • リスクが心配⇒固定価格買取制度によって買取期間と単価が保障されているため長期安定投資
  • 発電所を建てる土地は?⇒土地を所有していなくても土地と太陽光発電設備がセットになっている商品のため土地仕入れの手間なし
  • 遠方の物件はちょっと…⇒業界最大級の物件取扱数なので各地域、様々な条件で物件をお選びいただけます。

※土地の有効活用、処分を考えている方のご相談も承ります。

最新記事

このコラムニストの記事