パネル価格動向

著者名:
Tomatosoup
公開日:
閲覧数:
158
Pocket

見出しのグラフはパネル価格(モジュール価格)の動向を示しています。使っているデータはPVinsightsというサイトから私が入手したもので、これをグラフにしました。サイトの説明では、データは多結晶パネルの価格で、メガソーラークラスの大口購入での最低価格を示しているらしいです。大口の最低価格なので、実勢よりかなり低くなっているのではと思いますが(半額くらい?)、変化の動向はつかめると思います。

 

サイトのデータは毎週変わりますが、見出しに使ったグラフは、毎週のデータの月平均をプロットしたものです。図を見て判りますように、昨年の6月に急落したものの、今年に入ってからの価格は安値ですが安定して推移しているようです。昨年の価格急落は、中国が太陽光発電の導入を促進から抑制するという政策変更を発表したことによるものでした。やはりパネルのダブつきが起こったのですかね。下には見出しよりももう少し詳しい(週ごとのプロット)グラフを示します。

最近の最低価格は0.214セント/Wと、とんでもなく安いレベルで留まっています。グラフに見られますように、昨年の急落前も少しずつ価格低下していましたが、その低下を延長(破線)しても当分は0.215セント/Wにはなりません。昨年の急落で当面の価格低下分を食ってしまったようです。価格低下の線が今のレベルになるのは来年中頃ぐらいになると思われます。

 

つまり来年までは今のような価格レベルが続くということですかね。

 

 

Pocket

登録13,000名突破!メガ発のお得な無料会員登録

太陽光発電投資をはじめたいけど、どうすればよいのか、どんな物件を選べばよいのか、悩まれている方も多いでしょう。

太陽光発電について誰に相談してよいかわからない方、まずはメガ発の無料会員登録でメルマガを受け取りませんか?

無料登録イメージ

■会員登録するとこんなサービスが受けられます!

  1. 太陽光発電投資のすべてがわかる無料ebookプレゼント
  2. 会員様限定の非公開物件の閲覧可能
  3. ご希望の物件が追加されたタイミングでプッシュ通知にてお知らせ
  4. お得なキャンペーン・セミナー・新着物件・クローズド案件のメルマガ配信

■こんな方におすすめ

  • 年収があまり高くない…⇒年収は300万円以上からOK
  • 既に融資をかなり組んでいる…⇒信販会社のローンが組めるため、ローン残債や借り入れが多い方でも融資可能
  • リスクが心配⇒固定価格買取制度によって買取期間と単価が保障されているため長期安定投資
  • 発電所を建てる土地は?⇒土地を所有していなくても土地と太陽光発電設備がセットになっている商品のため土地仕入れの手間なし
  • 遠方の物件はちょっと…⇒業界最大級の物件取扱数なので各地域、様々な条件で物件をお選びいただけます。

※土地の有効活用、処分を考えている方のご相談も承ります。

最新記事

パネル価格動向

著者名:
Tomatosoup

見出しのグラフはパネル価格(モジュール価格)の動向を示しています。使っているデータはPVinsightsというサイトから私が入手したもので、これをグラ…

続きを見る→

このコラムニストの記事