新技術品には劣化が多いこともあるので注意

著者名:
Tomatosoup
公開日:
閲覧数:
138
Pocket

太陽電池のPERCという技術をご存知でしょうか。実用化されている太陽電池の最新技術と言って良いと思います。太陽電池自体は基本的に結晶系Siのpn接合ですが、少しずつ技術の進展があり、今ではPERCやHITが最新の技術と言えるでしょう。どちらも90年代に開発されたと思いますが、特許期間の関係でしょうか、数年前からPERCを使った太陽電池が盛んに世の中に出てきています。

 

ただ、実績が数年前からというのは信頼性の経験が不十分という心配があります。現実に最近、PERCの太陽電池には劣化が多いという報告がありました(「PERC採用品の劣化に注意」、太陽光パネルの信頼性調査)。

PERCというのはセルの裏面側の電流損失を減らすために保護膜で覆うのですが、全面を保護膜で覆うと電流が取り出せないので、細かい穴を無数に開けてそこから電流を取り出すという複雑な構造になっています。この細かい穴を作るのが難しく、また、作ることができても長期に安定に作動させるには更に技術が要るので、しっかり作らないと劣化が起こるのではないかと想像しています。

 

まぁ、これは製造技術や品質管理技術が影響していると思われますので、PERCであるから劣化ということにはなりません。従って、同じPERCでも信頼性から見るとバラツキが出ると思われますので、購入する際には注意して信頼性管理のしっかりしたメーカーから買うことが望まれます。

 

一方、HITも最新の技術の一つと言って良く、PERCは欧州からHITは日本から開発されたものです。HITの方が構造はシンプルですが、使っている膜がアモルファスSiと劣化がある材料なので心配は残ります。ただ、今のところHITに劣化が多いという話はありません。

 

PERCとHITは、いわば、ライバルのような関係ですが、世界ではPERCの方が主流で、HITは日本と中国の一部の会社が採用しているぐらいです。HITが劣勢なのが残念だなと思っていましたが、これでHITが巻き返してくれたら良いなと思っています。

 

日本人ですからね。

 

 

Pocket

登録13,000名突破!メガ発のお得な無料会員登録

太陽光発電投資をはじめたいけど、どうすればよいのか、どんな物件を選べばよいのか、悩まれている方も多いでしょう。

太陽光発電について誰に相談してよいかわからない方、まずはメガ発の無料会員登録でメルマガを受け取りませんか?

無料登録イメージ

■会員登録するとこんなサービスが受けられます!

  1. 太陽光発電投資のすべてがわかる無料ebookプレゼント
  2. 会員様限定の非公開物件の閲覧可能
  3. ご希望の物件が追加されたタイミングでプッシュ通知にてお知らせ
  4. お得なキャンペーン・セミナー・新着物件・クローズド案件のメルマガ配信

■こんな方におすすめ

  • 年収があまり高くない…⇒年収は300万円以上からOK
  • 既に融資をかなり組んでいる…⇒信販会社のローンが組めるため、ローン残債や借り入れが多い方でも融資可能
  • リスクが心配⇒固定価格買取制度によって買取期間と単価が保障されているため長期安定投資
  • 発電所を建てる土地は?⇒土地を所有していなくても土地と太陽光発電設備がセットになっている商品のため土地仕入れの手間なし
  • 遠方の物件はちょっと…⇒業界最大級の物件取扱数なので各地域、様々な条件で物件をお選びいただけます。

※土地の有効活用、処分を考えている方のご相談も承ります。

最新記事

アフリカの太陽光発電

著者名:
Tomatosoup

メガ発読者の皆様は日本の太陽光事業に興味があるでしょうから、それに関する話をアップしていますが、たまには毛色の違う話も面白いかと思い、途上国太陽光の話…

続きを見る→

このコラムニストの記事