太陽光発電、5年間の出力変動 補足

著者名:
Tomatosoup
公開日:
閲覧数:
280
Pocket

前回は低圧分割された太陽光発電所で、分割された各区画の出力を比較して評価する例を示しました。今では低圧分割は禁止されていますが、そのかわり最近ではパワコンごとの管理が容易になっていますので、同様の比較を行うことができます。モニタリングの際には、ぜひ相互比較されることをお勧めします。

 

しかし、既に設置した太陽光の中には、パワコン毎のモニタリングができないところも多くあるでしょう。この場合は仕方ありませんので、できるだけ近くの太陽光発電所のデータを貰って比較評価することになります。私も自宅屋根に載せている太陽光発電は、近くのメガソーラーの公開されているデータと比較して評価しています。距離は5-6km離れているかなぁ。設置角度も方向も異なりますが比での経時変化評価は可能です。やはりパネル1kWあたりの一日平均発電量で比較します。

 

このデータもほぼ5年分蓄積しています。まず毎日の発電量の比の経過を下図に示します。パネルは自宅がソーラーフロンティア、所沢市がシャープです。

昨日の低圧分割と異なって、相当にバラツキが大きいですね。数km離れているだけですが、発電量比はこれぐらいバラつきます。さすがにこれでは良く判りませんので、1か月間での発電量の平均の比を見てみました。下図です。

これなら大体判りますね。条件が違うとこれぐらいの工夫がいるようです。

で、発電量比はだいたい1.0を維持していると言って良いのではないでしょうか。これならパネルに大きな変化はなく、劣化もしていないと言って良いでしょう(もっとも先月の値はちょっと変ですが・・・)。まぁ、今はまだ5年経っただけですからね。まだ判りません。

 

やはり、これも続けて10年、20年とデータは取っていくつもりです。

 

Pocket

登録13,000名突破!メガ発のお得な無料会員登録

太陽光発電投資をはじめたいけど、どうすればよいのか、どんな物件を選べばよいのか、悩まれている方も多いでしょう。

太陽光発電について誰に相談してよいかわからない方、まずはメガ発の無料会員登録でメルマガを受け取りませんか?

無料登録イメージ

■会員登録するとこんなサービスが受けられます!

  1. 太陽光発電投資のすべてがわかる無料ebookプレゼント
  2. 会員様限定の非公開物件の閲覧可能
  3. ご希望の物件が追加されたタイミングでプッシュ通知にてお知らせ
  4. お得なキャンペーン・セミナー・新着物件・クローズド案件のメルマガ配信

■こんな方におすすめ

  • 年収があまり高くない…⇒年収は300万円以上からOK
  • 既に融資をかなり組んでいる…⇒信販会社のローンが組めるため、ローン残債や借り入れが多い方でも融資可能
  • リスクが心配⇒固定価格買取制度によって買取期間と単価が保障されているため長期安定投資
  • 発電所を建てる土地は?⇒土地を所有していなくても土地と太陽光発電設備がセットになっている商品のため土地仕入れの手間なし
  • 遠方の物件はちょっと…⇒業界最大級の物件取扱数なので各地域、様々な条件で物件をお選びいただけます。

※土地の有効活用、処分を考えている方のご相談も承ります。

最新記事

このコラムニストの記事