2020年1月から6月の発電実績

著者名:
Tomatosoup
公開日:
閲覧数:
983
Pocket

昨年末から体調がおかしくなり、ずっとブログを休んでいました。平衡感覚がおかしく(いわゆる「めまい」?)、微熱と倦怠感で何もやる気が起こりませんでした。まだ治った訳ではありませんが、最近は少し良くなってきた感じがします。休んでいる間も発電データだけは記録していましたので、今年1月から6月までの屋根発電実績を報告しておきます。

 

  • 発電所データ
    場所:茨城県筑西市
    容量:太陽光パネル60.48kW、パワコン49.5kW
    売電:税抜36円(2016年からエナリスに37.5円で売電)

 

 

  • 月平均の1kWあたり一日発電量の経過。赤線が今年

今年は全体的に悪いですが、特に5月の実績が酷いですね。本来5月は一年で一番発電量が多いはずなのですが、今年は4月よりも悪くなりました。2017年も5月が4月を下回りましたが、少し下回っただけでした。今年はかなり下回っています。それに、6月もかなり悪かったですね。

 

 

  • 毎月の最大一日発電量(kWh)推移(パネル1kWあたり、赤線が今年)

今年は全体的にちょっと悪いようですが、まだ許容の範囲内。パネル劣化は無いと見なします。

 

 

  • 投資回収率。

現在検針票の届いている2020年4月までの71か月間の売上実績で見ると、回収率は84.0%です。このペースで行くと、100%投資回収にかかる期間は84.5ヵ月です。運転経費率を売り上げの20%(実際は15%ほど)とすると、100%回収にかかる全期間は推定105.7ヵ月(8.8年)となり、FIT期間の半分の10年以内に確実に投資回収できます。

 

 

とりあえず、休んでいた間の発電実績を報告しておきました。次のアップはいつになるか判りませんが、体調と相談しながら続けていきたいと思います。

 

Pocket

登録16,000名突破!メガ発のお得な無料会員登録

太陽光発電投資をはじめたいけど、どうすればよいのか、どんな物件を選べばよいのか、悩まれている方も多いでしょう。

太陽光発電について誰に相談してよいかわからない方、まずはメガ発の無料会員登録でメルマガを受け取りませんか?

無料登録イメージ

■会員登録するとこんなサービスが受けられます!

  1. 太陽光発電投資のすべてがわかる無料ebookプレゼント
  2. 会員様限定の非公開物件の閲覧可能
  3. ご希望の物件が追加されたタイミングでプッシュ通知にてお知らせ
  4. お得なキャンペーン・セミナー・新着物件・クローズド案件のメルマガ配信

■こんな方におすすめ

  • 年収があまり高くない…⇒年収は300万円以上からOK
  • 既に融資をかなり組んでいる…⇒信販会社のローンが組めるため、ローン残債や借り入れが多い方でも融資可能
  • リスクが心配⇒固定価格買取制度によって買取期間と単価が保障されているため長期安定投資
  • 発電所を建てる土地は?⇒土地を所有していなくても土地と太陽光発電設備がセットになっている商品のため土地仕入れの手間なし
  • 遠方の物件はちょっと…⇒業界最大級の物件取扱数なので各地域、様々な条件で物件をお選びいただけます。

※土地の有効活用、処分を考えている方のご相談も承ります。

最新記事

太陽光が王様に!

著者名:
Tomatosoup

最近は太陽光関係のニュースが少なくなったなぁと寂しく思っていましたが、久々に良いニュースを目にしました。太陽光が今後の王様になるというニュースです…

続きを見る→

このコラムニストの記事