最近の話題3件

著者名:
Tomatosoup
公開日:
閲覧数:
1024
Pocket

太陽光発電もブームが去ったせいかニュースが少なくなってきましたが、最近、ちょっとした話題がありましたので紹介します。

 

  • 低圧太陽光の事故報告義務化

皆様のところにも来たと思いますが、私のところに経産省から「太陽光発電所の事故報告義務化」のメールが来ました。これまで低圧の太陽光発電所は事故報告の義務は無かったのですが、低圧運営業者の中に設置や管理状況が悪く事故を招いているものが散見されることから、経産省が規制強化の一環として実施したもののようです。規制の中で、事故があったら24時間以内に速報するというのが厳しいですね。本来、太陽光発電は普通に設置・運営していれば、まず事故を起こすことは考えられませんが、最近は自然災害が激しくなっていますので、安心できません。事故に遭ってあたふたしているうちに報告が遅れてしまわないように、報告先(報告先(METI/経済産業省))だけは確認しておきましょう。

 

  • 美作市のパネル新税否決

美作市のパネル新税案(美作市「太陽光パネル新税」が否決に、議会委員会で賛成ゼロ )は2019年から市長が導入しようと画策していたものですが、2度にわたって継続審議となり、このたびやっと正式に否決されました。市長の、不良な太陽光が設置されるのがイヤだという気持ちは理解できますが、それは一部の業者であり、課税することで防ごうというのは無理があるのではないでしょうか。こんな条例が成立してしまうと、あちらこちらの地方でも取り入れてしまいそうで心配でした。美作議会は冷静に判断してくれたと思います。この動きに対しては太陽光発電事業者も連携して反対していたようです。このような横のつながりは大切ですね。

 

  • エナリスの太陽光FIT買電事業撤退

私は太陽光発電の電気をエナリス社を通して東電に売電していたところ、そのエナリス社からFIT売電事業を撤退するという知らせを昨年秋に受け取ったことを以前のブログ(えーっ、FIT買取り事業を終了するって!!)で紹介しました。とりあえず売電先を東電に変える手続きをしておきましたが、簡単な手続きだけだったので、うまく売電が継続されていくのか心配でした。そうしていると、先日、エナリス社から再び買電事業終了の確認メールが来ました。こちらも再び東電に対して、売電の切り替えを確認しておきました。これで大丈夫と思いますが、やはり少し心配は残ります。うまく行くかな。

 

Pocket

登録16,000名突破!メガ発のお得な無料会員登録

太陽光発電投資をはじめたいけど、どうすればよいのか、どんな物件を選べばよいのか、悩まれている方も多いでしょう。

太陽光発電について誰に相談してよいかわからない方、まずはメガ発の無料会員登録でメルマガを受け取りませんか?

無料登録イメージ

■会員登録するとこんなサービスが受けられます!

  1. 太陽光発電投資のすべてがわかる無料ebookプレゼント
  2. 会員様限定の非公開物件の閲覧可能
  3. ご希望の物件が追加されたタイミングでプッシュ通知にてお知らせ
  4. お得なキャンペーン・セミナー・新着物件・クローズド案件のメルマガ配信

■こんな方におすすめ

  • 年収があまり高くない…⇒年収は300万円以上からOK
  • 既に融資をかなり組んでいる…⇒信販会社のローンが組めるため、ローン残債や借り入れが多い方でも融資可能
  • リスクが心配⇒固定価格買取制度によって買取期間と単価が保障されているため長期安定投資
  • 発電所を建てる土地は?⇒土地を所有していなくても土地と太陽光発電設備がセットになっている商品のため土地仕入れの手間なし
  • 遠方の物件はちょっと…⇒業界最大級の物件取扱数なので各地域、様々な条件で物件をお選びいただけます。

※土地の有効活用、処分を考えている方のご相談も承ります。

最新記事

最近の話題3件

著者名:
Tomatosoup

太陽光発電もブームが去ったせいかニュースが少なくなってきましたが、最近、ちょっとした話題がありましたので紹介します。   低圧太陽光…

続きを見る→

このコラムニストの記事