蟻によるトラブル

著者名:
Tomatosoup
公開日:
閲覧数:
960
Pocket

先日、私の発電所の定期点検に行ってきたのですが、その時に保守を委託している業者から、発電所によってはアリの被害があるという話を聞きました。電力盤の中を見た時の話だったのですが、確かに盤の中にアリが侵入していました。私の発電所ではまだ被害は無かったのですが、他の発電所ではブレーカーが落ちたことがあるとのことでした。

 

気になって、帰ってから調べてみたのですが、確かに太陽光発電所でアリの被害はあるようです(アリが電線を食いちぎり、メガソーラーが稼働停止)。この記事では電線管にアリが巣くってケーブルの被覆を食いちぎり、地絡を発生してしまったようです。こうなるとケーブルを引きなおさなければいけません。

小さなアリでもこんな事故を引き起こすのですね。むしろ小さいがゆえに防ぎにくいところもあるようです。上の記事では、電線管を食い破って入ってきているので、どこから発生するか判らず防ぐのが難しいですね。私の委託業者の場合は、電線管を塞いでいるパテの隙間から入っているようです。彼は細かく調べて、パテの隙間を無くすようにしているけれど、わずかな隙間からも入ってくるので、完全に防ぐのは難しいようです。これからは防蟻剤も併用してみると言っていました。

 

皆さんのところではアリの被害は無いでしょうか。

 

Pocket

登録20,000名突破!メガ発のお得な無料会員登録

太陽光発電投資をはじめたいけど、どうすればよいのか、どんな物件を選べばよいのか、悩まれている方も多いでしょう。

太陽光発電について誰に相談してよいかわからない方、まずはメガ発の無料会員登録でメルマガを受け取りませんか?

無料登録イメージ

■会員登録するとこんなサービスが受けられます!

  1. 太陽光発電投資のすべてがわかる無料ebookプレゼント
  2. 会員様限定の非公開物件の閲覧可能
  3. ご希望の物件が追加されたタイミングでプッシュ通知にてお知らせ
  4. お得なキャンペーン・セミナー・新着物件・クローズド案件のメルマガ配信

■こんな方におすすめ

  • 年収があまり高くない…⇒年収は300万円以上からOK
  • 既に融資をかなり組んでいる…⇒信販会社のローンが組めるため、ローン残債や借り入れが多い方でも融資可能
  • リスクが心配⇒固定価格買取制度によって買取期間と単価が保障されているため長期安定投資
  • 発電所を建てる土地は?⇒土地を所有していなくても土地と太陽光発電設備がセットになっている商品のため土地仕入れの手間なし
  • 遠方の物件はちょっと…⇒業界最大級の物件取扱数なので各地域、様々な条件で物件をお選びいただけます。

※土地の有効活用、処分を考えている方のご相談も承ります。

最新記事

このコラムニストの記事