積雪でパネルが割れる?

著者名:
Tomatosoup
公開日:
閲覧数:
878

先月の大雪で太陽光パネルが割れたところがあったようですが、皆様のところは大丈夫でしたでしょうか? 私のところは大丈夫でしたが、Webでちょこっと調べただけでも、3件も割れた報告を見つけました。初めは「パネルは雪などで割れるものか!」と思いましたが、最近のパネルは大面積で大きな荷重がかかりますし、今や全国で膨大な数のパネルが設置されていますので、中には割れるものもあるかもしれないと思い直しました。しかし、少し多いような気もします。

 

割れたパネルは不良品だったのかも知れません。その場合はメーカーが無償で取り替えてくれるでしょう。しかし不良品であったことを証明するのは大変困難です。証明できなければメーカーは無償交換には応じないと思います。幸い、保険の補償が効くようですから、皆さん余計な手間はかけずに保険で取り替えるようです。まぁ、それが良いのでしょうね。ちょっと不満は残りますが・・・。

 

Webで情報を得ているだけだとあまり細かいことは判りませんが、雪でどれぐらいパネルが割れて、割れるパネルに何か傾向があるのか、気になるところです。安価なパネルは怪しいのではないかと疑ってしまいますが、別に根拠があるわけではありません。あまりに割れるのが一部のメーカーに偏っているなら、その内、保険屋さんが気づくかもしれません。今のところははっきりしませんね。

 

パネルが割れても野立てなら見つけるのも交換もそれほど難しくはありませんが、住宅屋根の場合は難儀ですね。やはり屋根に載せるパネルには丈夫なものを使いたいところですが、さて、どんなパネルが丈夫なのでしょう? よく判りません。

 

不幸にしてパネルが割れてしまったとしても、歪んだりしていなければ多分8-9割は発電すると思います。パネルのガラスは強化ガラスで、割れる時は全面に細かくヒビが入りますから心配になるかもしれませんが、慌てずに適切に対応しましょう。

雪で割れたパネル

パネル破損によってロスした発電分まで補償してもらえたら嬉しいですが、実際にはそんなにロスは無いでしょうし、またロスがどれぐらいか知るのも難しいと思います。この辺りも保険で賄うのは難しいでしょう。割れた歪で接触不良を起こしていると発熱・発火する恐れがありますので、あまり考えずにパネルの交換だけをサッサとやってしまうのが良いと思います。うかつに触るのは危ないですから、そのまま業者に連絡して交換してもらうのが良いと思います。

Pocket

最新記事

このコラムニストの記事