パネルから火事?

著者名:
Tomatosoup
公開日:
閲覧数:
669

屋根一体型の太陽光パネルから発火したという記事がありました(瓦の影で太陽電池パネルが発熱・発火—-すみません、過去記事は有料会員でないと読めないようです)。野立ての太陽光の方に関心の強いメガ発の読者の方には屋根太陽光の事故は少し縁遠い話かもしれませんが、同じような火災事故が野立てでも起こりそうなので取り上げてみます。特にこの記事はパネル発火の技術的説明があり参考になりました。

 

まずパネルが発火して焼損した屋根の写真が下図です。かなりやられています。

発火の原因は、瓦の一部がずれて下の太陽電池の上に重なり、そこにホットスポットを作ってしまったことがきっかけのようです(下の写真)。

このホットスポット自体は直接の発火源ではありません。ホットスポットができたために、そのパネルのバイパスダイオードが動作しました。その状態が長期間続きバイパスダイオードに電流が流れ続けたため、バイパスダイオードの発熱で周辺の劣化が進み、劣化により電気接続の抵抗が増加してますます発熱が酷くなり、遂に発火に至ったと説明しています。従って、発火したのはバイパスダイオード周辺と言うことになります。

 

しかしホットスポットが発生した時にバイパスダイオードが作動するのは本来の働きです。バイパスダイオードは本来の働きをしていたのに、それが長時間続いたために発火するのでしょうか。バイパスダイオードに流れた電流は、瓦で隠れた部分の太陽電池電流に相当する量になります(これ重要!)。瓦が太陽電池に重なっている写真を見ると、隠れているのはごく一部分なので、バイパスする電流はそれほど大きくなかったと思われます。それでも発熱・発火したというのは、バイパスダイオードの容量や接続状況にも問題があった可能性が高いように思います。

 

とにかくこの事故からの教訓は、パネルに定常的に影ができると発火事故を起こすことがあるので要注意! ということになります。

 

で、野立ての話に移りますが、放置していると火事を起こす恐れがあることを指摘する記事がありました(雑草が高める太陽光発電所の火災リスク、「延焼すれば損害賠償も」)。

写真の太陽光発電所はかなり酷いですね。これだけ雑草に覆われると発電量もかなり悪くなりそうですが、オーナーは一体何を考えているのでしょう?

 

気になるのは雑草の影によるホットスポットの発生。ホットスポットが発生してしまいますと、前述のようにバイパスダイオードが動作し、その状態が続くと発火事故を起こすかもしれません。その時に周辺に雑草があると火事を起こしかねませんね。特に冬場は雑草が枯れて乾燥していますので引火・延焼しやすくなっていますから怖いです。

 

記事によりますと、火事で周りに迷惑をかけると損害賠償を問われるのは発電所のオーナーとのことです。そう言われるとちょっと心配になりますね。ただ、このような事故はいきなり起こるのではなく、劣化がだんだん進行して遂に発火に至っていますので、ふだん注意していたら防げるものだと思います。ホットスポットならサーモカメラで検査すればすぐに見つけることができるでしょう。年に2-3度サーモカメラで検査すれば十分だと思います。

 

発電所を写真のような状況にしたままで火事を起こしてしまったら、オーナーの責任は大ですね。こういう酷い発電所は早いところFIT認定を取り消してほしいですが、雑草が伸びているというだけで認定取り消しにするのはちょっと難しいですかね。フェンスが無いとか標識が無ければ改正FIT法違反で認定取り消しもあり得るのかな。さて、この発電所はどうですかね。

 

Pocket

最新記事

このコラムニストの記事