太陽光発電事業者の団体ができました

著者名:
Tomatosoup
公開日:
閲覧数:
718
Pocket

太陽光関係の団体と言うと太陽光発電協会(JPEA)が有名ですが、これは太陽電池メーカーが中心となって作った業界団体で、今でこそ関連する事業者も参加していますが、基本的にメーカー志向のつよい団体と言えます。FIT導入以降、小規模の太陽光発電所のオーナーが大量に生まれましたが、このような人はどこにも所属していないのが殆どだと思います。私もそうです。

 

ところが最近、私のような太陽光発電事業者を対象としているような団体(ASPEn)ができたようです。ASPEnが何の略か良く判りませんが、Association of Solar Power Enterprisesぐらいでしょうかね。とにかく、太陽光発電はまだFIT政策に大きく依存しているため発電事業者は団体になって政府に対する発言力を持ちたいということと、会員相互での情報交換や自主研鑽を目指しているようです。私の知っている人も参加し、私のような小規模の発電所事業者が多く参加しているようなので、私も登録することにしました。

この団体はまだ生まれたばかりなのでほとんど活動歴はなく、良いのかどうかは良く判りません。私のような発電所事業者で、同業者の横のつながりを持ちたいと考えている人は参考にしてください。

Related Posts

None

Pocket

登録13,000名突破!メガ発のお得な無料会員登録

太陽光発電投資をはじめたいけど、どうすればよいのか、どんな物件を選べばよいのか、悩まれている方も多いでしょう。

太陽光発電について誰に相談してよいかわからない方、まずはメガ発の無料会員登録でメルマガを受け取りませんか?

無料登録イメージ

■会員登録するとこんなサービスが受けられます!

  1. 太陽光発電投資のすべてがわかる無料ebookプレゼント
  2. 会員様限定の非公開物件の閲覧可能
  3. ご希望の物件が追加されたタイミングでプッシュ通知にてお知らせ
  4. お得なキャンペーン・セミナー・新着物件・クローズド案件のメルマガ配信

■こんな方におすすめ

  • 年収があまり高くない…⇒年収は300万円以上からOK
  • 既に融資をかなり組んでいる…⇒信販会社のローンが組めるため、ローン残債や借り入れが多い方でも融資可能
  • リスクが心配⇒固定価格買取制度によって買取期間と単価が保障されているため長期安定投資
  • 発電所を建てる土地は?⇒土地を所有していなくても土地と太陽光発電設備がセットになっている商品のため土地仕入れの手間なし
  • 遠方の物件はちょっと…⇒業界最大級の物件取扱数なので各地域、様々な条件で物件をお選びいただけます。

※土地の有効活用、処分を考えている方のご相談も承ります。

最新記事

このコラムニストの記事