蓄電池の価格下がるかなぁ

著者名:
Tomatosoup
公開日:
閲覧数:
104
Pocket

蓄電池が普及すれば、太陽光発電の普及はもっと進むと思われます。しかし、蓄電池はいまだに高価格で、とても投資回収できる商品ではありません。今は停電対策などの特別な目的が無いと、購入する価値はないと考えられます。

 

実はその停電対策の重要性が昨今の災害で見直され、家庭でも蓄電池を購入する人が増えているようです。それなら蓄電池と太陽光をセットにしたシステムは、災害対策としてはもっと魅力的ですね。そう思っていると「卒FIT」で蓄電池市場が伸びるという記事(太陽光の「卒FIT」で需要拡大か、家庭用蓄電池市場は1000億円規模に)がありました。

蓄電池の市場が拡大するのは歓迎ですが、1000億円と言うのはどれぐらいの規模になるのか、イメージが湧きません。ちょっと考えてみました。

 

太陽光発電への応用を例にとると家庭用の蓄電池は5-10kWhぐらいの容量だと思います。価格は100万円ぐらいですかね、この辺りはあまり詳しくありません。しかし、停電対策で100万円ぐらい出す人は、少しいそうな気がします。とりあえず機器の価格が100万円、更に家庭用蓄電池市場全てが太陽光発電用とすると、1000億円というのは蓄電池10万台と言うことになりますね。

 

実際にはこの半分ぐらいが太陽光なのかなぁ、他にどのような利用があるのか判りませんが・・・。そうすると5万台ぐらいの蓄電池が太陽光用として売れることになります。

 

私としては「卒FIT」で蓄電池がそれぐらい売れて欲しいと思っています。前述しましたように、今の価格では蓄電池を購入しても元は取れませんが、住宅太陽光を購入している人達は多少損をしても新しいものを買いたがる筈・・・というのが私の予想だからです。今年度の「卒FIT」ユーザーの数は53万件と言われています。5万台だと「卒FIT」ユーザーの1割ぐらいが蓄電池を購入するという計算になります。少なくともそれぐらいは買って欲しいなと思っています。それで蓄電池の価格が少しでも下がれば、もっと良いですね。

 

まぁ、私の予想なんか外れても構いませんが、とにかく市場が活発化して競争になり、価格ダウンして欲しい、というところは切に願っています。蓄電池が安くなって太陽光発電の変動を吸収するのが常識になり、太陽光発電が安定した電源として電力供給していける日はいつ来るのでしょうね。

 

Pocket

最新記事

このコラムニストの記事