確定申告とともに2カ所の太陽光発電の成績を比較

著者名:
Tomatosoup
公開日:
閲覧数:
1501
Pocket

確定申告のシーズンですね。私は法人と個人で太陽光発電所を持っているのですが、法人の決算が12月なので、法人も個人もこの時期に確定申告することになります。今年も一気に済ませました。

 

確定申告に際しては一年間の発電所の売り上げが集計されます。良い機会なのでこの2カ所の成績を比較してみました。

 

比較すると言っても発電所の条件が随分違うのですが、それを前提に比較するのも面白いものです。まずは2カ所の発電所の条件を下にまとめておきます。

  • 筑波発電所

パネル60.48kW、設置角度15度、パワコン49.5kW、売電価格37.5円

  • 山口発電所

パネル64.8kW、設置角度10度(一部5度)、パワコン49.5kW、売電価格32円

 

昨年の発電売り上げは次のようになりました。

筑波 2,895,745円 (パネル1kWあたり47,879円)

山口 2,866,894円 (パネル1kWあたり44,242円)

全体の売り上げは同じようなものですが、比較のためにはパネル1kWあたりで見るのが良いと思います(括弧内の値)。これを見ると筑波の方が成績が良いように思えますが、何しろ筑波は売電価格が高いですからね。実際、発電量だけを見ると、山口の方が筑波より9%ほど上回っていました。その結果、両者の売り上げが同じぐらいになったのだと思います。

 

これらの発電所が稼働した頃はパネルが高かったため、過積載率も上記のように120%ほどとそれほど大きくありません。従って、上のいずれの発電所もほとんどピークカットは起こらず、発電成績の分析も容易です。しかし、今のように過積載率が大きくなってくると分析も難しいでしょう。当然、パネル1kWあたりの売り上げは低くなっているのでしょうけれど、パワコン1kWあたりだとどうなるのでしょうかね。ちょっと興味があります。

Pocket

登録16,000名突破!メガ発のお得な無料会員登録

太陽光発電投資をはじめたいけど、どうすればよいのか、どんな物件を選べばよいのか、悩まれている方も多いでしょう。

太陽光発電について誰に相談してよいかわからない方、まずはメガ発の無料会員登録でメルマガを受け取りませんか?

無料登録イメージ

■会員登録するとこんなサービスが受けられます!

  1. 太陽光発電投資のすべてがわかる無料ebookプレゼント
  2. 会員様限定の非公開物件の閲覧可能
  3. ご希望の物件が追加されたタイミングでプッシュ通知にてお知らせ
  4. お得なキャンペーン・セミナー・新着物件・クローズド案件のメルマガ配信

■こんな方におすすめ

  • 年収があまり高くない…⇒年収は300万円以上からOK
  • 既に融資をかなり組んでいる…⇒信販会社のローンが組めるため、ローン残債や借り入れが多い方でも融資可能
  • リスクが心配⇒固定価格買取制度によって買取期間と単価が保障されているため長期安定投資
  • 発電所を建てる土地は?⇒土地を所有していなくても土地と太陽光発電設備がセットになっている商品のため土地仕入れの手間なし
  • 遠方の物件はちょっと…⇒業界最大級の物件取扱数なので各地域、様々な条件で物件をお選びいただけます。

※土地の有効活用、処分を考えている方のご相談も承ります。

最新記事

最近の話題3件

著者名:
Tomatosoup

太陽光発電もブームが去ったせいかニュースが少なくなってきましたが、最近、ちょっとした話題がありましたので紹介します。   低圧太陽光…

続きを見る→

このコラムニストの記事