太陽光発電は雑所得にならずに済みそう!

著者名:
Tomatosoup
公開日:
閲覧数:
375
Pocket

8月に国税庁が所得税の改正案を示し、そこでは300万円以下の収入は「雑所得」になるとされていました。しかし、この改正案の開示と同時にパブリックコメントが募集され、その結果の見直しで300万円以下の収入でも「帳簿」を付けていたら事業所得になると改定されそうです。良いニュースですね。パブリックコメントの力が大きかったのでしょうけれど、国の考え方が副業を促進するように変化していることもあり、それに沿ってしっかり帳簿をつけていたら300万円以下でも事業として認めようとなったようです。

 

低圧の太陽光発電を1基だけ運営している場合は、年間売り上げは300万円を切りそうです。でも「帳簿」を付けていたら事業所得として認められそうです(帳簿つけたら「事業所得」 所得税、副業促進に配慮)。皆さん帳簿を付けていますよね。

事業所得になる最大のメリットは、給与所得や他の事業所得と合算できる点にあると思います(青色申告にできるというのも魅力ですね)。で、特にサラリーマンが副業として太陽光発電を1基だけ運営している場合がこの典型例です。太陽光発電にいろいろな出費を計上して赤字にし、給与所得と合算すれば税金を減らすことができます。最近の太陽光は収益性が低下していますので、赤字が出ても不思議はありません。

 

ただ、このように給与所得を事業所得の赤字と合算して節税する方法は、よく税金逃れのために使われる手なので税務署も目を光らせています。今回の見直しの中でも、帳簿を付けていても毎年赤字で経営改善の努力が見られない場合は「税金逃れ」と見なされ、雑所得と見なすという但し書きがあるようですので気を付けてください。3年に一度は黒字にする必要がありそうです。またこの但し書きは収入300万円以上でも適用されますので、太陽光発電を複数運営している事業者さんも安易に税金逃れをしないよう気を付けてください。

まぁ、真面目に帳簿を付けて運営していたら事業所得となるでしょうから安心してください。青色申告も適用できます。健全に運営して、堂々と税制のメリットを享受しましょう。

 

Pocket

登録20,000名突破!メガ発のお得な無料会員登録

太陽光発電投資をはじめたいけど、どうすればよいのか、どんな物件を選べばよいのか、悩まれている方も多いでしょう。

太陽光発電について誰に相談してよいかわからない方、まずはメガ発の無料会員登録でメルマガを受け取りませんか?

無料登録イメージ

■会員登録するとこんなサービスが受けられます!

  1. 太陽光発電投資のすべてがわかる無料ebookプレゼント
  2. 会員様限定の非公開物件の閲覧可能
  3. ご希望の物件が追加されたタイミングでプッシュ通知にてお知らせ
  4. お得なキャンペーン・セミナー・新着物件・クローズド案件のメルマガ配信

■こんな方におすすめ

  • 年収があまり高くない…⇒年収は300万円以上からOK
  • 既に融資をかなり組んでいる…⇒信販会社のローンが組めるため、ローン残債や借り入れが多い方でも融資可能
  • リスクが心配⇒固定価格買取制度によって買取期間と単価が保障されているため長期安定投資
  • 発電所を建てる土地は?⇒土地を所有していなくても土地と太陽光発電設備がセットになっている商品のため土地仕入れの手間なし
  • 遠方の物件はちょっと…⇒業界最大級の物件取扱数なので各地域、様々な条件で物件をお選びいただけます。

※土地の有効活用、処分を考えている方のご相談も承ります。

最新記事

2022年10月の発電実績

著者名:
Tomatosoup

2022年10月の私の野立て発電所の発電実績を報告します。 この発電所は先月で設置後8年5ヵ月経過し、既に投資を回収し、順調に利益を上げています。 …

続きを見る→

このコラムニストの記事