確定申告してきました

著者名:
Tomatosoup
公開日:
閲覧数:
228
Pocket

今年の法人税確定申告をしてきました。私の法人は決算が12月なので、確定申告は個人の確定申告期と重なってしまいます。このため税務署の混雑を避けて、なるべく2月の上旬までに申告するようにしています。

私は自分で確定申告をしています。この作業も20年を超え随分慣れ、それほど手間はかからなくなりましたが、それでも2-3日は掛かってしまいます。まぁ、もう一線はリタイアしたヒマな身なので、のんびり作成しています。

私の事業内容は太陽光発電だけで、これは売り上げ・利益ともに安定した事業ですから、毎年同じような値になります。従って、同じぐらいの値になれば間違っていないだろうと思って申告していますが、細かいところでは間違っているかもしれません(笑)。

申告のついでに、例のインボイス登録をしようかと思っていましたが、まだ猶予期間もあることから自制しました。本来、消費税を納めるべきだとは思っているのですが、事務作業が増えるのが鬱陶しくて、まだ猶予期間もあることだし、様子を見ることにしました。インボイス制度の猶予期間は最大6年ありますが、私のFIT期間はあと10年ほどですから登録した方が良いのでしょうけれど、さて、どうなる事でしょう。

 

Pocket

登録20,000名突破!メガ発のお得な無料会員登録

太陽光発電投資をはじめたいけど、どうすればよいのか、どんな物件を選べばよいのか、悩まれている方も多いでしょう。

太陽光発電について誰に相談してよいかわからない方、まずはメガ発の無料会員登録でメルマガを受け取りませんか?

無料登録イメージ

■会員登録するとこんなサービスが受けられます!

  1. 太陽光発電投資のすべてがわかる無料ebookプレゼント
  2. 会員様限定の非公開物件の閲覧可能
  3. ご希望の物件が追加されたタイミングでプッシュ通知にてお知らせ
  4. お得なキャンペーン・セミナー・新着物件・クローズド案件のメルマガ配信

■こんな方におすすめ

  • 年収があまり高くない…⇒年収は300万円以上からOK
  • 既に融資をかなり組んでいる…⇒信販会社のローンが組めるため、ローン残債や借り入れが多い方でも融資可能
  • リスクが心配⇒固定価格買取制度によって買取期間と単価が保障されているため長期安定投資
  • 発電所を建てる土地は?⇒土地を所有していなくても土地と太陽光発電設備がセットになっている商品のため土地仕入れの手間なし
  • 遠方の物件はちょっと…⇒業界最大級の物件取扱数なので各地域、様々な条件で物件をお選びいただけます。

※土地の有効活用、処分を考えている方のご相談も承ります。

最新記事

2023年7月の発電実績

著者名:
Tomatosoup

2023年7月の私の野立て発電所の発電実績です。 この発電所は今月で設置から10年目に入りました。既に投資回収を終わり、今は利益蓄積中です。以下、詳…

続きを見る→

このコラムニストの記事