低圧太陽光の保安規制が変わります

著者名:
Tomatosoup
公開日:
閲覧数:
2341
Pocket

 

低圧太陽光発電(50kW未満の太陽光発電)の保安規制が強化され、3月20日に施行されます(新たな保安規制)。これまで50kW未満の発電所に対する法律上の保安規制はそれ以上大規模なもの大に比べ緩かったものが、強化されることになります。これに伴って発電設備のうち10kWから50kW未満の区分を新たに設け、これを「小規模電気事業用電気工作物」と名付け、この区分の設備について下図に赤で示されたような新たな規制が導入されます。

規制が強化されるとなると、「うちの発電所は大丈夫だろうか?」と心配になる人もいるでしょうけれど、既にFITの認可を受けているところは、上記の新たな規制もクリアしている筈ですから大丈夫です。FIT認定の規制は一般に比べて進んでいたということです。最近は非FITの太陽光が増えてきて、それらも規制する必要が出てきたために規制対象を一般の設備に広げた結果、今回のような措置がとられた訳です。

 

ただ、既にFITの認可を受けて運営している太陽光でも、修繕などで出力の5%以上の変化を生じる改変を行った場合には、使用前検査の実施を行うことが義務付けられます。ここだけ気を付けていれば良いと思います。

 

新たな規制の使用前の自己確認検査は新しい設備に対して要求されるもので、既に稼働している設備は必要ありません。また、既に非FITの太陽光を運営されている方は、基礎情報を経産省に届け出る必要があります。基礎情報とは下記のようなものです。

●事業者(設置者)名、代表者名、事業者の住所、電話番号、メールアドレス
●電気工作物の種類、出力規模、電気工作物の所在地(住所)
●保安体制、保安管理担当者名(保守管理業務の受託者含む)、点検頻度

手続きとして新たに課されることは上記のようなものですが、要するに安全に太陽光発電設備を運営していくことが規制の目的ですから、普段から技術基準を守って健全に運営していくことが大切ですね。

 

 

Pocket

登録20,000名突破!メガ発のお得な無料会員登録

太陽光発電投資をはじめたいけど、どうすればよいのか、どんな物件を選べばよいのか、悩まれている方も多いでしょう。

太陽光発電について誰に相談してよいかわからない方、まずはメガ発の無料会員登録でメルマガを受け取りませんか?

無料登録イメージ

■会員登録するとこんなサービスが受けられます!

  1. 太陽光発電投資のすべてがわかる無料ebookプレゼント
  2. 会員様限定の非公開物件の閲覧可能
  3. ご希望の物件が追加されたタイミングでプッシュ通知にてお知らせ
  4. お得なキャンペーン・セミナー・新着物件・クローズド案件のメルマガ配信

■こんな方におすすめ

  • 年収があまり高くない…⇒年収は300万円以上からOK
  • 既に融資をかなり組んでいる…⇒信販会社のローンが組めるため、ローン残債や借り入れが多い方でも融資可能
  • リスクが心配⇒固定価格買取制度によって買取期間と単価が保障されているため長期安定投資
  • 発電所を建てる土地は?⇒土地を所有していなくても土地と太陽光発電設備がセットになっている商品のため土地仕入れの手間なし
  • 遠方の物件はちょっと…⇒業界最大級の物件取扱数なので各地域、様々な条件で物件をお選びいただけます。

※土地の有効活用、処分を考えている方のご相談も承ります。

最新記事

このコラムニストの記事