何と! インボイス制度に対策不要で買取り維持

著者名:
Tomatosoup
公開日:
閲覧数:
2046
Pocket

今年10月からインボイス制度が実施されるので、私のような弱小の免税事業者はどう対応したらよいのかハラハラしていたのですが、何と、何もしなくても今の税込みの売り上げを継続できるということが判りました。ただし、これは既認定FITの免税業者についての話です。

情報の出所はエネ庁(インボイス制度関連|FIT・FIP制度|なっとく!再生可能エネルギー (meti.go.jp))です。エネ庁の話ですから確実ですね。今月(2023年2月)10日に掲示された情報です。纏めると次のようになります。

  1. 既FIT認定、課税業者
    インボイス登録必要、売電価格税込み
  1. 既FIT認定、免税業者
    インボイス登録必要なし、売電価格税込み
  1. 新FIT認定、課税業者
    インボイス登録必要、売電価格税込み
  1. 新FIT認定、免税業者
    インボイス登録必要なし、売電価格税抜き

私の場合は上記の2.に相当します。下はその部分の切り抜きです。確かに、何もする必要はなく買取りも現状のままになりますね。

いやぁ、これは本当に良かったです。最悪、課税業者になってしまうことも覚悟はしていましたが、とりあえずは様子見で何もしないつもりでした。しかし、インボイス制度が導入されて課税の対象になってしまうと、簡易課税制度を利用してもそれなりに手間が増えるので嫌だなと思っていました。

 

メガ発の読者さんの中でも気にされている方は多かったのではないかと思います。既FIT認定で免税事業者の方は、何もしなくて大丈夫ですからご安心ください。

 

Pocket

登録20,000名突破!メガ発のお得な無料会員登録

太陽光発電投資をはじめたいけど、どうすればよいのか、どんな物件を選べばよいのか、悩まれている方も多いでしょう。

太陽光発電について誰に相談してよいかわからない方、まずはメガ発の無料会員登録でメルマガを受け取りませんか?

無料登録イメージ

■会員登録するとこんなサービスが受けられます!

  1. 太陽光発電投資のすべてがわかる無料ebookプレゼント
  2. 会員様限定の非公開物件の閲覧可能
  3. ご希望の物件が追加されたタイミングでプッシュ通知にてお知らせ
  4. お得なキャンペーン・セミナー・新着物件・クローズド案件のメルマガ配信

■こんな方におすすめ

  • 年収があまり高くない…⇒年収は300万円以上からOK
  • 既に融資をかなり組んでいる…⇒信販会社のローンが組めるため、ローン残債や借り入れが多い方でも融資可能
  • リスクが心配⇒固定価格買取制度によって買取期間と単価が保障されているため長期安定投資
  • 発電所を建てる土地は?⇒土地を所有していなくても土地と太陽光発電設備がセットになっている商品のため土地仕入れの手間なし
  • 遠方の物件はちょっと…⇒業界最大級の物件取扱数なので各地域、様々な条件で物件をお選びいただけます。

※土地の有効活用、処分を考えている方のご相談も承ります。

最新記事

このコラムニストの記事