AIで太陽光発電の発電量を予測

著者名:
Tomatosoup
公開日:
閲覧数:
138
Pocket

最近はChatGPTの話をよく聞きますね。いろいろなところで取り上げられているChatGPTの話を聞いて面白そうだなと思っていました。そうしているとAIで太陽光発電の発電量予測のサービスをやるという広告を発見しました(AIで太陽光発電を予測、福岡スタートアップ「Tensor Energy」予測サービスを正式公開)。

発電量が正確に予測できるようになりますと、例えば蓄電池の最適オペレーションや電力市場での電力売買最適化など様々な利用が考えられます。これらの予測は天候の予測、需要の予測などの不確定要素を基に推定しなければなりません。ChatGPTの推定は正確でないという話をよく効きますが、このような予測にはちょうど良いような気がします。

 

どのように使えばうまくAIで発電量を予測できるのでしょうかね。自分でトライしたいところですが、やはりそれはちょっと大変です。これからこういうサービスが増えてくるのではないでしょうか。今はまだ発電予測だけのようですが、今後は電力市場価格変動や蓄電池オペレーションを組み合わせた収益最大化など、さらに複雑な予測まで行うそうです。

 

このような発電量予測は既にいろいろと検討されており、大手電力会社などは何らかの形で既にやっているのだろうと思います。それが最近のAIの発達で、より行い易くなってきたと言えます。この記事のソフトはサブスクで、その価格が問題ですが、いずれは小さなところでもこういうものを導入していけるような価格になってくることを期待しています。

 

Pocket

登録20,000名突破!メガ発のお得な無料会員登録

太陽光発電投資をはじめたいけど、どうすればよいのか、どんな物件を選べばよいのか、悩まれている方も多いでしょう。

太陽光発電について誰に相談してよいかわからない方、まずはメガ発の無料会員登録でメルマガを受け取りませんか?

無料登録イメージ

■会員登録するとこんなサービスが受けられます!

  1. 太陽光発電投資のすべてがわかる無料ebookプレゼント
  2. 会員様限定の非公開物件の閲覧可能
  3. ご希望の物件が追加されたタイミングでプッシュ通知にてお知らせ
  4. お得なキャンペーン・セミナー・新着物件・クローズド案件のメルマガ配信

■こんな方におすすめ

  • 年収があまり高くない…⇒年収は300万円以上からOK
  • 既に融資をかなり組んでいる…⇒信販会社のローンが組めるため、ローン残債や借り入れが多い方でも融資可能
  • リスクが心配⇒固定価格買取制度によって買取期間と単価が保障されているため長期安定投資
  • 発電所を建てる土地は?⇒土地を所有していなくても土地と太陽光発電設備がセットになっている商品のため土地仕入れの手間なし
  • 遠方の物件はちょっと…⇒業界最大級の物件取扱数なので各地域、様々な条件で物件をお選びいただけます。

※土地の有効活用、処分を考えている方のご相談も承ります。

最新記事

このコラムニストの記事