太陽光パネルのリサイクルが進む

著者名:
Tomatosoup
公開日:
閲覧数:
307
Pocket

よくアンチ太陽光派の人が「太陽光パネルは廃棄できなくて問題だ」と言っていますね。最近も「その太陽光パネル、20年後どうしますか?」という記事がありました。あくまで予想であり確認された内容ではありません。そもそもパネルを20年で廃棄なんて考えられないのに、FIT期間の20年後には廃棄されるというのは論理飛躍論しているところがあります。また今のパネルには有害物は含まれていません(昔のパネルには有鉛のハンダなどが使われていました)。従って今のパネルの廃棄処理は技術的には難しいものではありません。

 

そうは言っても、実際にはパネルのリサイクルなどの処理がビジネスとして行われている訳ではなく、現状ではパネルは産業廃棄物として取り扱われてしまいます。このため、「そら見たことか」とアンチ太陽光派の人たちにドヤ顔されるのは不本意ですね。おそらく、パネルが大量廃棄されるようになったらリサイクル処理がビジネスになるのでしょうけれど、そうなるには「鶏が先か卵が先か」のようなところがあり、いつビジネス化されるかちょっと見通せません。

 

と、思っていたら、太陽光パネルのリサイクルに関する記事を最近いくつか見かけました(「太陽光パネル専用リサイクル工場新設 大坪GSI」「太陽光パネルリサイクル体制確立へ 大量廃棄見据え 福島県内の7社」「丸紅ら、新会社設立 使用済み太陽光パネルのリユースサービス提供へ」)。

心強い話ですが、それにしても、パネルのリサイクルがもうビジネスに乗っているのでしょうか。恐らく、補助金などを利用した取り組みではないかと思います。以前からもリサイクルの取り組みはありましたが、テスト的レベルでした。それが少し進んできたのでしょうか。まだ処理量は少量ですが、だんだんとパネルのリサイクルもビジネスに近づいてきたと言えるようになってきたのが嬉しいですね。

 

 

Pocket

登録20,000名突破!メガ発のお得な無料会員登録

太陽光発電投資をはじめたいけど、どうすればよいのか、どんな物件を選べばよいのか、悩まれている方も多いでしょう。

太陽光発電について誰に相談してよいかわからない方、まずはメガ発の無料会員登録でメルマガを受け取りませんか?

無料登録イメージ

■会員登録するとこんなサービスが受けられます!

  1. 太陽光発電投資のすべてがわかる無料ebookプレゼント
  2. 会員様限定の非公開物件の閲覧可能
  3. ご希望の物件が追加されたタイミングでプッシュ通知にてお知らせ
  4. お得なキャンペーン・セミナー・新着物件・クローズド案件のメルマガ配信

■こんな方におすすめ

  • 年収があまり高くない…⇒年収は300万円以上からOK
  • 既に融資をかなり組んでいる…⇒信販会社のローンが組めるため、ローン残債や借り入れが多い方でも融資可能
  • リスクが心配⇒固定価格買取制度によって買取期間と単価が保障されているため長期安定投資
  • 発電所を建てる土地は?⇒土地を所有していなくても土地と太陽光発電設備がセットになっている商品のため土地仕入れの手間なし
  • 遠方の物件はちょっと…⇒業界最大級の物件取扱数なので各地域、様々な条件で物件をお選びいただけます。

※土地の有効活用、処分を考えている方のご相談も承ります。

最新記事

このコラムニストの記事