太陽光発電に使われる言葉、日射強度のイメージ

著者名:
Tomatosoup
公開日:
閲覧数:
5524
Pocket

今回は日射強度の具体的なイメージについて触れたいと思います。

 

1 kW/m2 という日射強度は1 平方メートルの面積にあたる光の強さが 1 kWということです。光の強さに1 kW と電気の単位を使うのも妙ですが(ジュールでは 3.6 MJ、カロリーやBtuを使うこともあります)、太陽光発電をする場合には換算なしに使えるので便利です。日本では直射日光で得られる最大の日射強度がちょうど1 kW/m2ぐらいになります。山の上などの空気の澄んだところではもう少し強く、1.1kW/m2ぐらいになります。

 

太陽電池の出力は 1 kW/m2 の光強度に対する出力で定格が決められていますので、最大の日射がパネルにあたった時に、パネルは定格の出力となるわけです(もちろん温度など他の要素も影響します)。パネルの定格はだいたい最大出力という感じになります。

 

さて・・・、

1 kW/m2 の光が1時間照り続けると 1kWh/m2の日射量になります。日本では1日の平均日射量が3.5kWh/m2ぐらいだと言われてきました。1kW/m2の光が3.5時間照った時のエネルギー量に相当します。

 

従って、日本で太陽電池パネルは平均で1日にパネル定格の3.5時間分ぐらいの発電をすると見られています(但し、これはパネルを水平に置いた時の話で、普通はパネルを太陽に向けて少し傾けますので、発電量はもう少し大きくなるでしょう)。つまり、300Wのパネルなら1日に平均で 300W × 3.5時間 = 1050Wh = 1.05kWh ぐらい発電することになります。

 

このようにパネル定格に日射量(kWh/m2単位)を掛けると大体の発電量を推定することができるので便利です。

 

ところで、日照時間の判断となる 0.12 kW/m2 の日射強度はどれぐらいの明るさになるでしょうか。0.12 kW/m2ぐらいの日射強度は曇っている時の明るさ程度です。曇って暗くなっていると難しいでしょう。多少、明るさを感じられるぐらいの曇りの時の日射強度で、確かにこれぐらいの日射強度があれば日照があると言えるかもしれません。

 

日射強度について、イメージが掴めたでしょうか。
次回は日射量と設備利用率について触れたいと思います。

 

Pocket

最新記事

このコラムニストの記事