Q.3月決算ですがグリーン投資減税の一括償却は間に合いますか? - 土地付き分譲太陽光発電の投資物件検索サイト - メガ発

Q.3月決算ですがグリーン投資減税の一括償却は間に合いますか?

A.即決で現金決済が一定の条件となります。

グリーン投資減税の一括償却を利用したい法人のユーザー様からのお問い合わせで多いのが、『3月決算なのですが、間に合う物件はありますか?』といったご相談です。

現状、まだ間に合いますが、現地の見学や業者との面談はおこなっておきたいところですから、購入までは最短で2週間程度は見ておく必要があります。遅くても1月末までには物件の候補は決めておくようにしましょう。

決済条件は現金決済が優先される傾向にあります。銀行やクレジット会社とローンのお話がある程度まとまっていればよいのですが、審査の間に売れてしまうこともあるので、すぐに決済できる体制を整えておくことが重要となります。

また、『分譲あるある』で、迷っている間に他の方が購入してしまった。といったケースがよくあります。もちろん焦りは禁物ですが、3月連系可能な物件は多数ご用意がございます。予算・条件のあったものであれば早めに決断するのがよいでしょう。

一括償却可能な物件をお探しの方はこちらから⇒3月末までに売電開始予定の案件

平成27年度も100%即時償却可能!⇒【生産性向上設備投資促進税制が利用できる土地付き分譲太陽光】はこちらから

キャンセル物件がでる場合がある

メガ発のサイト上でも時々ご紹介させていただいていますが、『キャンセル物件』というものがございます。

売り切れとなった物件の中から急遽キャンセルがでて、再度販売されるケースがあります。こういったラッキーに巡り会う可能性もあります。

ただし、この場合もすぐに支払えるキャッシュが用意できている必要があります。キャンセル物件がでたのを確認してから、ローンの手続きをしているようでは間に合いません。

今期に間に合わない場合は30%特別償却、7%税額控除も視野に入れておきましょう

グリーン投資減税の一括償却の期限は平成27年3月31日です。
⇒関連記事:グリーン投資減税の一括償却は予定通り平成27年3月で廃止へ

一括償却には間に合わなくても、来期の決算で30%特別償却、7%税額控除を活用することは可能です。また、即時償却の代わりとして、生産性向上設備投資促進税制で即時償却を利用できる可能性があります。

十分に物件を吟味する時間的余裕がないのであれば、今期中に購入して、来期の決算で利用するなど、決算の状況に応じて活用するとよいでしょう。

今期決算に間に合う物件のお問い合わせは下記よりお気軽にご連絡いただければと思います。

平成27年度も100%即時償却可能!
【生産性向上設備投資促進税制が利用できる土地付き分譲太陽光】はこちらから

よく見られている物件・記事

物件各種ランキング

土地付き分譲太陽光発電お役立ちコンテンツ

ご利用者様の声

ここではメガ発を通じて、土地付き分譲太陽光発電をご購入された方々のお声をご紹介します。

全国の土地付き分譲物件

都道府県毎に分譲物件をお探しいただけます。

北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬
甲信越・北陸 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井
東海 愛知 岐阜 静岡 三重
関西 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄