買取り価格18円の採算を試算

著者名:
Tomatosoup
公開日:
閲覧数:
4953
Pocket

FITの太陽光発電買取価格が18円に下がり、弱気になっている人も多いのではないでしょうか。私の周りでは弱気になっている人と強気な人との二極化が進んでいるような気もしますが、強気な方の記事がありました(「FIT単価18円」時代の太陽光ビジネス)。記事の中に18円での採算を示しているところがあり、参考になりました。お蔭で私も少し強気になれましたので、私なりの検討と合わせて紹介します。下図がその試算です。

まず、50kWパワコン、パネル80kWの過積載構成で年間の想定発電量が8万kWhとなっていますが、いくら過積載でも、もう少し発電しそうな気がしますね。あと1割ぐらい発電しそうな気がしますが、ここは控えめに8万kWhと考えておきましょう。すると図の計算のように年間売電は144万円となります。表面利回り10%なら初期投資は1440万円まで可能なので、18万円/kW以下で作れば良いという計算です。ここまでは図のとおりですね。

 

で、18万円/kWの内訳です。

  • パネルの4万円/kW、今この価格でパネルを調達するのはかなり難しいような気がします。6-7万円/kWぐらいになりそうですけれど、最近はこんなに安く調達できるのでしょうか。
  • その他設備代が2万5000円/kW、80kWに換算すると200万円。これぐらいはかかりますね。改正FIT法で必須になったフェンスは含まれていると考えておきましょう。遠隔モニターや防草シートが欲しいですけれど、含まれているかどうかわかりません。もう少し要るかな?
  • 施工費が8万円/kW、80kWだと640万円? これちょっと高くないですか。土地の条件にも因りますので何とも言えませんが、500万円ぐらいでできないかな?
  • 連系費用が5000円/kW、80kWで40万円。こんなところですかね。
  • 土地代が3万円/kW、80kWで240万円。これもちょっと高いような気がしますが、最近は安い土地が無くなってきたのでしょうか?

 

まぁ、項目により過不足はありますが、全体では18万円/kWの範囲に入りそうですね。年間発電量を控えめに見ているので十分に採算ラインにのると思います。

 

一方、表面利回りの10%はどうでしょうか。この場合は土地を購入するので(賃貸でないので)これぐらいでも良いですかね。キャッシュフローを考えてみましょう。

  • まず投資回収期間を20年とすると、投資回収に5%喰われます。
  • 遠隔モニターを設置すると、通信代などで5万円ほど要りますから0.4%。
  • 保険も5万円ほどで0.4%。
  • O&Mを外注すると10万円ほどかかりますが、発電所が自宅近くで自分でメンテできるなら不要です。10万円必要とすると0.8%。これが必要かどうかは収益性に大きく影響しますね。
  • ローンを使っていると利息に1-2%。
  • これら以外に壊れた時の修理や廃棄費用の引当金や予備費として0.4-0.8%ぐらい見た方が良い気がします。

出費はこれぐらいですかね。O&M、ローンの出費が無いとしたら実質3-4%ぐらいの利回りになりますが、これらの出費があると手元に残るのは1-2%になります。それでも太陽光発電は安定した事業なので黒字を安定的に確保できそうですが、やはり昔に比べると利回りが悪くなってきた感はありますね。これぐらいの利回りだと安いローンを利用して自己資金投入を少なくし、レバレッジを効かせて実質利回りを良くした方が良さそうです。

 

この試算を見ると、収益性を良くするためには、

  • 安い土地を見つけること
  • 可能なら自分でメンテすること(自分でメンテするには遠隔モニターは必須です)。
  • 安いローンを確保すること

などが考えられます。これら以外にも、施工費がもう少し工夫する余地がありそうです。要するに18円からそれ以下の時代になると、太陽光発電のノウハウを押えて工夫して事業運営して行くことが必要になってきたようです。そうすれば、試算では発電量予測に余裕がありますし、機材費や施工費もまだ下がってきそうですから、まだもう少し下がってもビジネスになりそうな気もします。

 

しかし18円以下になるとFITというより、ほとんどグリッドパリティに近くなっていますね。まぁ、それがFITの狙いなので、グリッドパリティから、更に既存電源と競争できるところまで行かなければなりません。ノウハウをもって事業しなければならないのは当然のことで、むしろ太陽光発電も普通の事業になりつつあることを私は喜んでいます。

 

Pocket

最新記事

このコラムニストの記事